相良氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相良氏
家紋
長剣梅鉢
本姓 藤原南家為憲流[1]
家祖 維兼[1]または相良周頼
種別 武家
華族子爵公爵
出身地 遠江国榛原郡相良荘[1]相良館[注釈 1]
主な根拠地

肥後国球磨郡多良木
肥後国球磨郡人吉荘
肥後国山鹿郡泉新荘[注釈 2]

豊前国上毛郡成恒荘[注釈 3]
支流、分家 多良木氏(上相良氏)(武家
上村氏(武家)
稲留氏(武家)
犬童氏(武家)
深水氏(武家)
佐牟田氏(武家)
丸目氏(武家)
丸野氏(武家)
永留氏(武家)
内田氏(武家)
など
凡例 / Category:日本の氏族

相良氏(さがらうじ / さがらし)は、肥後南部を支配した戦国大名の氏族である。江戸時代は肥後人吉藩主家として明治維新まで存続した。


出自[編集]

相良氏使用紋(相良瓜)

藤原南家の流れをくむ工藤氏の庶流で、『求麻外史』では工藤維兼くどう これかねを相良氏の祖としている[4]が、『寛政重脩諸家譜』ではその孫にあたる工藤周頼くどう かねより遠江相良荘に住んだことから相良を苗字としたのを始まりとしている[5]。ただし周頼には子がなく、親類の伊東祐時の孫(祐光の子)、光頼を養子として家督を継がせた[6][1]。このために日向伊東氏とも近縁である[7]

太田亮は『姓氏家系大辞典』の中で、相良氏系図で藤原為憲の子・時理の弟におく時文から周頼までの人名が他の藤原南家の諸系図には見られないこと、世代数が多く時代が合わないこと、異説が多いことを挙げて、相良氏系図の初期部分に混乱が見られることを指摘している[7][注釈 4]。そして、相良光頼が伊東氏からの養子であることに注目し、相良氏系図の混乱は光頼の実家と養家との両家系を接続したため生じたものではないかと考察している[7]。また『新撰事蹟通考』引用の系図から相良氏は鎮西伊佐氏鎮西平氏)と関係があり、橘氏らと共に遠江国に移ってきた推測もできること、遠藤氏井伊氏らと関係が深い氏族であることを示唆している[7]

歴史[編集]

鎌倉時代[編集]

相良頼景は、伊豆で兵を挙げた源頼朝に協力せず、その後も不遜な振る舞いを続けたため、鎌倉幕府が成立すると、頼景は肥後国多良木荘に追放された。しかし頼景はその後、頼朝に許され、多良木荘の地頭に任命された。さらに、頼景の長男・長頼二俣川の合戦で手柄を立て、人吉荘を与えられた。なお、頼景を相良氏の初代とする向きもあるようであるが、相良氏の史料『南藤蔓綿録』などでは長頼を初代とし、『人吉市史』もそれを採用しているためそれに準拠する。

頼景は死に際して多良木荘を惣領の長頼に与えたが、結局のところ分割相続によって長頼の子孫で各地の所領は分けられた。なかでも多良木荘(上球磨)の相良氏は上相良氏、人吉荘(下球磨)の相良氏は下相良氏と呼ばれ、相良荘に残った相良氏は遠江相良氏と呼ばれる。

室町時代[編集]

室町時代文安5年(1448年)、下相良氏の相良長続が上相良氏を滅ぼし球磨を統一、さらに肥後国守護菊池氏により八代と葦北の占有・保持を許され、球磨・八代・葦北三郡の統一に成功した。ただし、八代の家臣は小豪族による国一揆を形成していたため[[#cite_note-FOOTNOTE勝俣1967<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年6月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000012-QINU`"'-12|[8]]]、当主自らが数か月毎に人吉と八代とを移動して、それぞれに政務を執り行う必要があった[注釈 5]

戦国時代[編集]

戦国時代に入ると相良義滋が現われて戦国大名化を果たし、義滋の跡を継いだ相良晴広の時代には分国法相良氏法度20か条」や「晴広式目21か条」を制定し、また周防国守護大内氏の許可を得て、との勘合貿易にも取り組み最盛期を迎えた。しかし晴広の子の相良義陽の時代に入ると、南の薩摩国から島津義久の侵攻を受けて天正9年(1581年)に降伏する。しかも、同年に義陽が甲斐宗運と戦って敗死したため(響野原の戦い)、相良氏は一時滅亡の危機に立たされた。

ところが、義陽の次男・相良頼房が家臣の犬童頼安深水長智らの補佐を受けたため、義久も存続を認めた。九州征伐後、豊臣秀吉より人吉2万石の領主として存続を許された。

江戸時代[編集]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで頼房は西軍に属して伏見城攻防戦などに従軍したが、本戦で西軍が東軍に敗れると寝返ったため、戦後に徳川家康より所領を安堵され相良氏は人吉藩として存続した。相馬氏島津氏と並び、明治維新まで800年以上領地替えされることもなく続いた大名の一つでもある。

相良一族[編集]

  1. 相良長頼
  2. 相良頼親
  3. 相良頼俊 - 長頼の三男。兄の頼親より家督を譲り受ける。
  4. 相良長氏
  5. 相良頼広
  6. 相良定頼
  7. 相良前頼
  8. 相良実長
  9. 相良前続
  10. 相良堯頼
  11. 相良長続 - 永留氏8代・実重の子。堯頼を逐った多良木兄弟を討滅する。
  12. 相良為続
  13. 相良長毎
  14. 相良長祗
  15. 相良長定 - 長続の孫。正統なる嫡流を主張し、長祗を逐い政権を奪取する。
  16. 相良義滋 - 長祗の兄。長定を逐う。
  17. 相良晴広 - 上村頼興の子で、義滋の養嗣子。
  18. 相良義陽 - 晴広の子。
  19. 相良忠房 - 義陽の長男。
  20. 相良頼房 - 初代人吉藩主。義陽の次男。
  21. 相良頼寛
  22. 相良頼喬
  23. 相良頼福
  24. 相良長興
  25. 相良長在
  26. 相良頼峯
  27. 相良頼央
  28. 相良晃長
  29. 相良頼完
  30. 相良福将
  31. 相良長寛
  32. 相良頼徳
  33. 相良頼之
  34. 相良長福
  35. 相良頼基
  36. 相良頼紹
  37. 相良頼綱
  38. 相良頼知

系譜[編集]

相良神社[編集]

相良神社 - 人吉城(繊月城)御館跡、相良護国神社の横に鎮座する。

  • 主祭神 - 相良家初代から36代の歴代当主
  • 住所 - 熊本県人吉市麓町35-1

庶家[編集]

相良護国神社
(同姓であるが、丸目長恵は血縁も系譜上も無関係。)

小苗字[編集]

相良宗家には35、上相良家には8の小苗字を有する家が存在した[[#cite_note-FOOTNOTE人吉市史編さん協議会編1981<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年6月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000018-QINU`"'-17|[12]]]。以下に列記する。

相良家[編集]

  • 愛甲
  • 有瀬
  • 板井
  • 稲留
  • 今村
  • 犬童
  • 内田
  • 亀山
  • 川馳
  • 桑原
  • 佐原
  • 佐牟田
  • 澄川
  • 薗田
  • 外越
  • 高橋
  • 竹下
  • 鶴田
  • 豊永
  • 中島
  • 西
  • 西橋
  • 馬場園
  • 林田
  • 深水
  • 松本
  • 丸目
  • 簑毛
  • 村山
  • 樅木
  • 山井
  • 山北
  • 山本
  • 吉牟田

上相良家[編集]

  • 井口
  • 岩崎
  • 乙益
  • 久保田
  • 黒肥地
  • 新堀
  • 鍋倉
  • 肥地岡

相良氏主要家臣団[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 後の静岡県榛原郡相良町相良および波津(はづ)、現・牧之原市相良および波津。
  2. ^ 現在の熊本県山鹿市菊鹿町相良。「泉荘(菊鹿町及び鹿本町北東部)」のうち、高橋(鹿本町高橋)・津袋など南部一帯を「本荘(高橋荘)」、内田(鹿本郡内田村)・相良など北部地域を「新荘(新庄)」といった[2]
  3. ^ 大分県中津市三光成恒、渋味成恒中津線、福岡県築上郡上毛町成恒、などに名を残す[3]
  4. ^ 『新撰事蹟通考』に引用されている「相良系図」では、為時・時頼の2代を省いており、時理・時文の兄弟を為憲の子とし、時文に注釈して「あるいは為時に作る。伊豆守」と載せ、その子・維兼に注釈して「遠江守、あるいは時文・維兼の間に時頼あり」としている[7]
  5. ^ 八代日記』には義滋の頃から義陽の代まで、相良当主が八代と人吉とを移動した記述が頻繁に見える。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 太田 1934, p. 2541.
  2. ^ JLogos 角川日本地名大辞典 泉荘
  3. ^ 中世吉富の歴史と文化財
  4. ^ 田代 1917, p. 1.
  5. ^ 堀田 1923, p. 703.
  6. ^ 田代 1917, p. 4.
  7. ^ a b c d e 太田 1934, p. 2542.
  8. [[#cite_ref-FOOTNOTE勝俣1967<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年6月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000012-QINU`"'_12-0|^]] 勝俣 1967, p. [要ページ番号].
  9. ^ 大炊御門経音の次男。
  10. ^ 美濃苗木藩主遠山友明の次男。
  11. ^ 備前岡山藩主池田宗政の次男。
  12. [[#cite_ref-FOOTNOTE人吉市史編さん協議会編1981<sup_class="noprint_Inline-Template_nowrap">&#91;<i>[[Wikipedia:出典を明記する#出典の示し方|<span_title="この文献のどこを出典としているのか、該当するページ番号の特定が求められています。(2017年6月)">要ページ番号</span>]]</i>&#93;</sup>[[Category:出典のページ番号が要望されている記事]]'"`UNIQ--nowiki-00000018-QINU`"'_17-0|^]] 人吉市史編さん協議会編 1981, p. [要ページ番号].

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]