大友親治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大友親治
時代 戦国時代
生誕 寛正2年(1461年
死没 大永4年1月19日1524年2月23日
幕府 室町幕府豊後筑後守護
氏族 大友氏
父母 父:大友親繁、母:竹中氏
兄弟 政親日田親胤日田親常戸次親照
親治親載親頼
木野親則
義長戸次元載田原親種

大友 親治(おおとも ちかはる)は、戦国時代武将戦国大名豊後国大友氏の18代当主。15代当主・大友親繁の五男。

生涯[編集]

当初は肥後国瑞光寺の僧侶であったが還俗し、大友一族の松野氏(大友親時の子である松野具親に始まる名族)を継いで[要出典]、長兄の大友政親を助けた。肥後で異母兄弟の日田親胤が、政親やその子義右に対して謀反を起こした際は、兄や甥を助けて反乱を鎮圧した。

明応5年(1496年)、義右・政親が相次いで死去すると大友姓に戻り、直ちに軍を起こして家中の混乱を収拾し家督を嫡男大友義長へ相続させた(形式上自らは息子の家督下へ入る)。同6年(1497年)には自身の基盤を安定化させるため、当時の室町幕府管領であった細川政元将軍足利義澄らと通じる。この動きに対して、足利義材周防長門守護大内義興が親治の伯父大友親綱の子大聖院宗心大友親綱の六男)を擁立し干渉してくるが、同7年(1498年)、豊前国下毛郡の戦いで大内方を破って宗心を追放、大友家を完全に掌握し、大友氏の守護大名から戦国大名への脱皮を成し遂げた。また、異母弟・親常日田氏に入嗣させるなど、一門の強化を計った。

文亀元年(1501年)、子の義長に家督を譲って隠居したが、実権は掌握し続けた。永正15年(1518年)、義長が自身に先立って死去するという不幸に見舞われたが、孫の義鑑を補佐し、大永4年(1524年)に64歳で死去した。

偏諱を受けた人物[編集]