清田鎮忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
清田鎮忠
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 享禄2年(1529年[1]
死没 天正15年(1587年)11月23日 、一説には天正8年(1580年
別名 通称:新五右衛門尉鎮忠[2]
戒名 雲霧[2]、玄麟[3]
主君 大友宗麟大友義統
氏族 清田氏
父母 父:清田鑑信
兄弟 鎮忠正成立花統春
正室:一色氏の娘
継室:大友宗麟の長女・ジュスタ(桑姫)[2] [4]
清田鎮隅[5]、清田五郎大夫、マダレイナ[6]清田鎮乗室、女(早逝[7]
養子:鎮乗志賀親次兄弟)

清田 鎮忠(きよた しげただ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将[2]大友氏の家臣。キリシタンだったと伝えられる[2]

略歴[編集]

清田氏は大友氏庶流戸次氏の支族[2]。鎮忠は大友宗麟に仕え、天正6年(1578年)には土持親成の籠城する松尾城攻めに参加し、戦功を挙げた[2]。同年の大友宗麟の日向国侵攻の際は野津院衆を率いて活躍したという[2]

天正8年(1580年)、大友氏を裏切った田原親貫国東郡実際寺にて破ったが、帰途で負傷しそのまま死去した[2]という説があっても、一説には天正15年(1587年)、九州征伐の際、大友家救援のため「秀吉が小倉に着陣」したとき、島津に寝返った大友家臣らも馳せ参じたが、盲目で重病を患っていた[8]鎮忠は代わりに近臣を遣わした。そのとき「島津に与(くみ)していた輩(やから)が鎮忠を讒言(ざんげん)し」、ために鎮忠は「(追われ)肥前国に籠居」した、と『太宰管内志』は説明し、ルイス・フロイスも「(義統の)義兄弟清田殿」については「所領は没収したが、生命は許した。」と記している。長崎に向かって逃亡した鎮忠・ジュスタとその家族、家来たちを秘かに追跡させたようだ。 途中、肥後国の「御寮人(ジュスタ)に属するある場所」に立ち寄り、その年のうちに長崎に至った。「清田家総領家系図」(柳川関係史料)によると、「鎮忠は長崎に牢居、天正15年(1587)11月23日病死」した[9]

室・ジュスタは大友宗麟の娘であり、当初は土佐国西部の戦国大名一条兼定の正室であった。その後、兼定と離別して天正3(1575年)鎮忠に嫁いだとされる。ジュスタは天正8年(1580年)に受洗し、鎮忠と同様にキリシタンとなった。

子孫[編集]

鎮忠の婿養子は清田鎮乗とされ、志賀親次の兄弟という。鎮乗は鎮忠とジュスタの娘・マダレイナ[10]との間に細川忠興の側室・吉(幾知、きち、円通院)を儲けた。吉は細川立孝を産んでおり、子孫からは元内閣総理大臣細川護熙が出ている。

脚注[編集]

  1. ^ 清田惣領家伝来の系図「柳川関係史料」によると、鎮忠は1587年に58歳で亡くなっているので1529年の生まれ。
  2. ^ a b c d e f g h i 『戦国人名事典』(阿部猛西村圭子編)567頁
  3. ^ 柳川清田家・清田正登作成の系図による。
  4. ^ 「於西御前(阿西御前)・桑姬」は清田鎮忠夫人「ジュスタ」(1550年頃に、奈多夫人がまだ服部右京亮の妻であった時に、自分の側室にしたのが大友宗麟で、服部がまだ生きている時期に、奈多夫人は宗麟の子供を宿して出産します。それが「ジュスタ」と呼ばれた娘です。)を指す。『長崎名勝図絵』(1820年頃、饒田喩義編纂)には「阿西御前」とある。読みは「おにしごぜん」。「於西御前」の表記は『志賀家事歴』による 隠された大友家の姫ジュスタ―「桑姫」再考―その③―隠された大友家の姫ジュスタ―「桑姫」再考―その④―隠された大友家の姫ジュスタ―「桑姫」再考―その⑤―。『大友の末葉・清田一族』によると、ジュスタの墓碑は元「(大分県)清田村民家の後ろ、銀杏大木を印」として在った。のち、「大分郡松岡村松岡山長興寺」に移され、追って石塔が建てられ、「清芳院殿月峯自圓大姉」と法号が刻まれた 宗麟の娘ジュスタとマグダレナ清田のこと。号は本源院とも。
  5. ^ 『太宰管内志』、『清田家旧記』などに出てくる「鎮忠の嫡子・鎮隅」なる人物は、天正15年(1587)豊前長野一揆に出陣し、そこで命を落としている。これから判断して、同年(1587年)当時、彼はすでに大人であったことは確かである。すなわち、ジュスタ(宗麟娘)と鎮忠が結ばれるのは1575年頃であるから、翌年(1576年)長男・鎮隅が生まれたとしても(ジュスタの子であるなら)「11歳」にしかすぎない。ゆえに鎮忠の男子、長男「鎮隅」、次男「五郎大夫」は前妻の子供であったと見るのが妥当である。
  6. ^ 熊本細川藩の切支丹類族帳に見る「清田石見母転切支丹凉泉院系」によると、戒名は「凉泉院」。清田鎮乗寿閑の妻。
  7. ^ 「1578年10月16日付、臼杵発信、ルイス・フロイスのポルトガル・イエズス会司祭・修道士宛書簡」による、…老国主(大友宗麟)は一女(ジュスタ)を清田殿と称する同国の主要なる殿の一人で、この臼杵より四、五里の所に屋敷と所領を有する人に嫁がせていた。彼らには二歳くらいの娘一人のみあって、非常に愛していたが、その娘が重い病にかかったので、諸々の偶像に供物を捧げ祈祷するため直ちに仏僧や妖術師、占者、その他同様の卑しき者多数が呼び寄せられた。…およそ十五日間に彼らは、生命を保証する右の法華宗徒らに一千クルザード近くを寄進した。幼女の両親は、彼らの神々の恵みと慈悲がどこまで通ずるかを見るため、供物と祈祷に力の及ぶ限り尽くすが、このように懇願した後、「生命を救うことができぬ場合は、神々の力がいかに小さいかを明確に知るであろう」と言った。(大友宗麟の)奥方イザベルは娘(清田殿夫人)の決心を知り、毎日彼女のもとに伝言を発し、「一度キリシタンになる意志を抱けば、それのみでも十分に幼女を死に至らしめるのであるから、神・仏に祈ることを止めぬよう」勧め、彼女もまた「神・仏に祈祷と寄進をして援助するであろう」と伝えたが、我らの主なるデウスは彼らがすることが少しも効果なく、幼女が死ぬことを許し給うた。。『16・7世紀イエズス会日本報告集』による清田一族にかんする記録(史料)
  8. ^ 「1585年8月20日付、長崎発信、ルイス・フロイスのイエズス会総長宛書簡」による、....司祭はジュスタとその夫(清田鎮忠)の告白を聴き、彼女がデウスの前で、大いにほめられ、家臣の模範になるべき人であると考えた。彼女は夫(清田鎮忠)と公に婚姻の秘蹟を受けることを望んでいた。その夫(清田鎮忠)は盲目で重病を患っていたが、司祭は、その望み通りにした。『16・7世紀イエズス会日本報告集』による清田一族にかんする記録(史料)
  9. ^ 隠された大友家の姫ジュスタ―「桑姫」再考・その⑤―
  10. ^ マダレイナ(マグダレナ)清田は、イエズス会の諸記録から見て、宗麟の長女ジュスタ(桑姬・清田鎮忠夫人)と先夫・一条兼定の女(ジュスタの連れ子として鎮忠の養女となる)と判断されるが、鎮忠と前妻・一色氏の女の可能性もある。迎えた夫は志賀家からの養子「ドン・パウロ志賀親次の兄弟」ドン・ペドロ寿閑清田鎮乗である。生誕は永禄12年 (1569年)、寛永4年(1627)8月17日に宣教師を匿った廉で死刑に処せられた。隠された大友家の姫ジュスタ―「桑姫」再考―その③―