宮部継潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
宮部継潤
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 享禄元年(1528年)?
死没 慶長4年3月25日1599年4月20日
別名 通称:善祥坊 幼名:孫八
官位 中務卿(官途名)正四位上
主君 浅井長政豊臣秀吉
氏族 土肥氏桓武平氏良文流)→宮部氏
父母 父:土肥真舜、養父:宮部清潤
兄弟 継潤土肥刑部少輔
長房、(兵部少輔)
豊景、(能見松平家家臣)?
猶子:宗治(土肥刑部少輔子)
養子:秀次(豊臣秀次)

宮部 継潤(みやべ けいじゅん)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名豊臣秀吉の側近。豊臣政権五奉行の一人。 初代豊岡城主、鳥取城主。

秀吉による九州征伐において、島津家久軍を撃退し大軍を防いだことから、「日本無双」の感謝状を与えられた。 「豊後国にて防備を固めよ」という秀吉の命令を順守せず、独断で会戦(戸次川の戦い)に望んだ上で敗北した仙石秀久の失態を挽回、秀吉による九州平定を盤石なものにし、窮地に陥っている大友義鎮を救った。


生涯[編集]

浅井家臣から秀吉家臣へ[編集]

近江国浅井郡宮部村[1]父は醒ヶ井土肥氏の後裔である土肥真舜。幼名は孫八。宮部善祥坊清潤の養子となって比叡山で修行をしたのち僧侶[2]となったが、故郷宮部に戻り、近江の戦国大名浅井長政の家臣として仕えるようになる。武勇に優れた一面もあり、長政に従って織田信長との戦いで活躍し、横山城の城将であった羽柴秀吉と対峙したが、元亀3年(1572年)10月、秀吉の調略に応じてその与力となった(『浅井三代記』)。寝返りの証として浅井側の国友城を攻めた際、銃撃を受け負傷している。『信長公記』にはこれより少し早い8~9月に、信長によって宮部村の要害を守るよう命じられたとある。

居城である宮部城は、小谷城攻めには欠かせない重要拠点だったこともあり、天正元年(1573年)8月の小谷城落城まで多く勲功を上げている。この時期に秀吉は甥の秀次(後の関白 豊臣秀次)を人質に出すほど宮部継潤を重要視していた、浅井氏滅亡後は秀吉の元に返還されている。


中国攻めでの活躍[編集]

その後は、秀吉の与力につけられて天正5年(1577年)からは中国攻めに従い、主として秀吉弟の羽柴長秀(のちの秀長)に従いながら但馬国方面の攻略に貢献し、秀長が山陽方面に赴いた場合には秀長に代わって山陰方面全体の指揮を担った。

中国の毛利攻めのため羽柴秀吉を総大将とし軍勢を播磨に侵攻させた。天正6年(1578年)東播磨を領有する三木城主別所長治が織田から毛利方へ寝返ったため三木城を包囲(三木合戦)。その際、秀吉は三木方の兵糧搬入と援軍を阻止するため三木城を包囲する付城30余りと更に土塁を築いた。法界寺山ノ上付城はその付城の1つで、北東に三木城とその先に秀吉の本陣平井山ノ上付城を見通せた。法界寺山ノ上付城城主は羽柴秀吉の重臣・宮部継潤と伝わる。

天正8年(1580年)、織田信長の命を受けた羽柴秀吉による第二次但馬征伐で但馬国の山名氏が一旦滅ぶと、秀吉配下の宮部継潤の支配となり、城崎を豊岡と改め豊岡城を改築し初代城主となった。 尚、豊岡発展の為、各地から商人やお寺などを呼び寄せて城下町を造り、積極的に豊岡平野の新田開発を奨励し、家臣に命じ山名氏退去後の領内の再把握が行われた。これが現在の豊岡の町の基礎となる。

後年、その戦中の労苦を慰問した豊岡五町の名主に報いるべく五町を地租の永代免除とした宮部継潤の遺徳を偲び、その人格を敬慕して豊岡五町の領民が当地に御霊神社を創建した(兵庫県豊岡市元町1番11号)。 このことは、継潤が武略だけではなく治世家としても非凡な人物であったことをうかがわせる。

天正9年(1581年)6月16日 織田信長が継潤へ、因幡国方面での長期在陣を慰労す。「宮部文書」 同年、秀吉より「因幡国掟(七ヶ条の条目)」の朱印状が与えられ、因幡国割を実施し、国内及び但馬国内の二方郡の軍事支配と、因幡国内に知行を持つ武将達の支配をしていた。後の「船手衆」や「因幡衆」と呼ばれ、宮部継潤を中心に一体となって行動をし、佐々成政攻め(富山の役)や九州平定で活躍をするようになる。 有して鳥取城攻めでは最前線にあって吉川元春の援軍と戦い続けた[3]荒木村重離反の際に村重の小姓から秀吉に転仕した荒木重堅(のちの木下重堅)、但馬平定を通じて羽柴方に従った垣屋光成豊続出雲国出身で、かつて山中幸盛と行動を共にしてきた亀井茲矩などは、いずれも継潤の配下として山陰方面での毛利勢との戦闘に参加したものと考えられる[4]。 鳥取城番に任ぜられた吉川経家によって築城された雁金山城は、丸山城に運び込まれた兵糧の中継点として重要視された為、継潤の攻撃によって落城させられ、新たに継潤が入城した。この結果、丸山城~雁金山城~鳥取城の連絡ラインは断ち切られ、鳥取城は完全に孤立することとなった。そして、早い時期から兵糧の不足に苦しんでいた鳥取城にさらなる打撃を与え、鳥取城の落城を早めることとなった。

天正10年(1582年)、山陰での戦功が認められ、因幡国鳥取城代となった。また、本能寺の変時、鳥取城は毛利氏に攻撃される可能性が最も高い拠点であったが[5]山崎の戦い賤ヶ岳の戦いと秀吉勢の主力が中国地方を離れている間も、その拠点を任され続けたことから秀吉の信頼の厚さがうかがえる。戦国時代研究者の谷口克広は、「この仕事は地味だけれど、秀吉をして心置きなく畿内で活躍させるための大きな力となったはずである」[6]として、その働きを評価している。


九州・小田原参陣・奥州仕置[編集]

本能寺の変後、秀吉が大きな権力を握るようになると正式に鳥取城主となり、5万石を領した。 天正13年(1585年)越中国の佐々成政攻め(富山の役)に参陣。

九州平定にも南条元続亀井茲矩荒木重堅垣屋光成らの軍を従え、日向国高城にて守将として砦を守死、島津家久軍を撃退し(根白坂の戦い)大軍を防いだ、「法印(継潤)が事は巧者のものにて、天下無双」(川角太閤記)と秀吉をうならせほどの活躍をみせ、狂喜した秀吉は即座に熊本一国を継潤に宛行ったといわれているほどであった。 九州征伐後は、因幡・但馬国内で加増され、5万971石を知行。軍役は、前述の因幡・但馬の国人衆を含めてであろうが、5,350人とある(宮部文書)。

天正17年(1589年)12月8日 羽柴秀吉後北条氏征伐に際して宮部継潤(中務卿法印)へ「定軍役事」を下す。宮部継潤(中務卿法印)は2000人、垣屋恒総(「垣屋隠岐守」)は400人、荒木重堅(「木下備中守」)は900人、亀井茲矩(「亀井武蔵守」)は550人、南条元続(「南条伯耆守」)は1500人の動員編制。 同日、羽柴秀吉より、宮部継潤(中務卿法印)へ因幡国内4万3600石・但馬国二方郡内7370石、合計50970石を宛行うので「領知」とすべきことを通達。その内、1万石は「無役」とするが、残り4万石に対しては2000人の「軍役」を課する旨を通達。「宮部文書」

天正18年(1590年小田原征伐にも参陣、亀井茲矩と共に十二番隊をつとめた。 その後、奥州仕置のため秀吉に従い会津まで出陣して、秀吉の奉行人として伊達政宗最上義光を仲介する役割も果たした。 文禄の役では名護屋へ参陣。 文禄2年(1593年)3月20日 宮部継潤、吉川広家豊臣秀勝に供奉し十四日に肥前名護屋へ到着したことを報じ、子息の宮部長熙への懇意を謝す。 また宮部継潤自身の渡海は羽柴秀吉の許可が得られなかったこと、要望があれば尽力する旨を通知。「吉川家文書」


 嫡子への家督相続[編集]

天正18年(1590年)11月21日 宮部継潤(中務卿法印)、宮部長熙(兵部少輔)へ羽柴秀吉の「御諚」により全3ヶ条の「条々」として家督譲渡を与える。

形式上なものであって本人が隠居したわけではなく、戦場での活動は減るものの、豊臣政権において五奉行にも名を連ね、政務上での活動は続く。 慶長元年(1596年)、12月28日 相続、因幡、伯耆、但馬二方郡、因幡鳥取城十三万千石「宮部文書・豊臣大名帳」

大友義統文禄の役での失態の責めを負って豊臣秀吉により幽閉され木付氏も滅んだ後、文禄2年(1593年)には一時、豊後杵築城に口座し、国東,速見,日田,玖珠の北部4郡の検地奉行(太閤検地)を担当した。


晩年[編集]

文禄2年(1593年)、因幡巨濃郡蒲生郷荒井村に因幡銀山を開いて、秀吉から銀山経営を任されている。文禄3年(1594年)には伏見城の普請にも参加。  

文禄4(1595年)年7月20日 前田利家宇喜多秀家織田信雄小早川秀秋徳川秀忠上杉景勝毛利輝元細川忠興前田利長結城秀康佐竹義宣木下勝俊京極高知池田輝政丹羽長重稲葉貞通筒井定次森忠政立花宗茂島津義弘里見義康長宗我部元親最上義光井伊直政前田利政京極高知長谷川秀一へ、全5ヶ条の「霊社上巻起請文」を五奉行 前田玄以富田知信長束正家宮部継潤石田三成増田長盛へ提出。 豊臣秀頼に対する忠誠を誓うこと。 豊臣秀頼を疎略にし、羽柴秀吉「御置目」に違反する者はたとえ誰であっても報告すべきこと。 諸事については羽柴秀吉「御法度」、「御置目」を遵守すべきこと。 羽柴秀吉からの「御恩」を受けた代の者は勿論、子々孫々まで「公儀」(豊臣氏)への忠誠を誓うこと。 「諸傍輩」(豊臣政権下の諸大名)は「私之遺恨」によって「公儀」の妨害をしないこと、不審者が発生した場合は相互に「批判」し合うべきこと、を誓約する。〔「大阪城天守閣所蔵木下家文書」

慶長元年(1596年)、高齢を理由に隠居した。秀吉からの信任は厚く、晩年は秀吉の御伽衆として、秀吉の相談相手を務めながらも、秀吉重臣として政務にも関わった。

慶長2年(1597年)3月7日五奉行 前田玄以(徳善院)、宮部継潤中務卿)、石田三成治部少輔)、増田長盛右衛門尉)、長束正家大蔵大輔)、「五人組」・「十人組」組織に関する全7ヶ条の「御掟」(京都御法度)を京都市中へ下す。「毛利家文書」

慶長3年(1598年)秀吉死去の際、「秀吉公御遺物於加賀大納言利家卿館被下覚如帳面写之」には形見分けとして「金子三十枚」を賜っている。

慶長4年(1599年)閏3月25日死去。享年は64、71など諸説ある。


逸話[編集]

ある日、秀吉から「秀次(豊臣秀次)に家老として、宮部家臣の友田左近右衛門か田中久兵衛(田中吉政)二人のうち一人を付けろ」と併せて命じられたが、 この二人、宮部家中では才覚武勇優劣付かない侍で、秀吉も内々召し抱えたいと考えていて、特に友田を望んだのだが、継潤が惜しんで出さないと考え両人のうち何れかという形にされた。 案の定、友田を惜しみ、田中久兵衛(田中吉政)の方を秀吉へ差し出した。(因幡民談記)

加賀藩第4代藩主の前田綱紀が残した文書の中に『豊太閤三国処置太早計』と彼が表題したものがある。これは天正20年(1592年)5月18日付の関白豊臣秀次宛の朱印状で、25箇条からなる覚書であった。ほとんどの条項は、来年(1593年)の正月か2月頃には出陣することになるとした秀次への、非常に細々とした指図が書かれていたが、中には驚くような計画が披露されていて、「明国を征服したら秀次を大唐関白の職に任ずる、大唐都(北京)に遷都して明後年(2年後)には後陽成天皇がその地に行幸できるようにする、天皇に北京周辺の10カ国を進呈して(同行する)諸公家衆にも知行を与えること、天皇が北京に移った後の日本の天皇としては若宮(良仁親王)か八条宮(弟の智仁親王)のいずれでも良いから即位してもらうこと」などが書かれてあった。人事構想に関しては、8月までに羽柴秀俊(丹波中納言)も出征させるとして、彼は朝鮮に配置するか名護屋の留守居役とするとし、朝鮮の補佐役は宮部継潤。 日本関白の職には、羽柴秀保(大和中納言)か羽柴秀家(備前宰相)のどちらかを任ずるとか、朝鮮を羽柴秀勝(岐阜宰相)か備前宰相に任せるならば、丹波中納言は九州に置くことにするなどとも書いていた。 この文書は、具体的かつ仔細な指示と、空想に近い漠然とした指示が混在しているのが特徴である。この書簡が書かれた前日に名護屋城では戦勝を祝う大祝宴があったので、徳富蘇峰などは秀吉はまだ酔いが醒めていなかったのではないかと指摘したほどである。

次男の宮部豊景が、関ヶ原の戦い後の佐和山城攻めの徳川軍に属し、石田正澄を討ち取り徳川家康より「正澄愛用の兜」を下賜されたという。後に杵築城主となった能見松平家に仕えた豊景ゆかりの品として代々豊後杵築宮部家に伝えられており、現在は杵築城内に「正澄愛用の兜」は展示されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 滋賀県長浜市宮部町。
  2. ^ 谷口 2005, p. 200.
  3. ^ 谷口 2005, p. 203.
  4. ^ 谷口 2005, pp. 202-203.
  5. ^ 山陽側は高松城の水攻めの影響で攻めることが不可能だった。
  6. ^ 谷口 2005, p. 204.

出典[編集]