大友親隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大友親隆
時代 室町時代
生誕 不明
死没 文明2年7月15日1470年8月11日[1]
幕府 室町幕府豊後守護
氏族 大友氏
父母 父:大友親世
兄弟 持直親棟親隆親直親雄
大友親繁

大友 親隆(おおとも ちかたか)は、室町時代中期の武将守護大名大友氏の14代当主。10代当主大友親世の三男。

生涯[編集]

兄である持直室町幕府から追討を受けたときは、新たに当主となった氏継系の13代当主親綱に従い、共に兄の追討軍に従軍している。のちに親網から家督を譲られ当主となった。これは氏継系と親世系との宥和政策の一環であり、親隆ものちに家督を親綱の弟親繁に譲った。継承時期については諸説ありはっきりせず、家督交代後も親隆と親繁に争いがあったともいう。

偏諱を受けた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『新訂寛政重修諸家譜2』