大友親秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大友親秀
時代 鎌倉時代
生誕 建久6年(1195年
死没 宝治2年10月24日1248年11月10日
改名 親秀→寂秀(法名)
別名 親季
官位 大炊助
幕府 鎌倉幕府
主君 藤原頼経
氏族 大友氏
父母 父:大友能直、母:平氏
兄弟 親秀詫摩能秀時直元吉有直親直禅能朝直一萬田時景(景直)、鷲尾秀直志賀能郷豊前能基田原泰広北条朝時
佐原家連
頼泰戸次重秀野津原能泰狭間直重野津頼宗木付親重田北親泰親盛

大友 親秀(おおとも ちかひで)は、鎌倉時代前期の武士御家人大友氏の2代当主。

鎌倉幕府に御家人として仕え、源氏将軍が絶えた後は摂家将軍藤原頼経に仕える。嘉禎4年(1238年)には頼経の上洛に随行した。大友氏の基盤を固めるため、弟の詫摩能秀と共に協力して国政を行い、嘉禎2年(1236年)には家督を子の頼泰に譲って隠居し、次代を磐石にするなどして大友氏の基礎を固めた。宝治2年(1248年)10月24日、54歳で死去。