飼育 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飼育』(しいく, Prize Stock)は、大江健三郎短編小説1958年に文芸誌「文學界」1月号に掲載、同年に第39回芥川賞を受賞。その後「死者の奢り」の所収。1958年3月に文藝春秋新社にて単行本化、1959年9月に新潮社にて文庫本化となった[1][2]

あらすじ[編集]

戦時中にアメリカの飛行機が撃墜され、森の奥の谷間の村に黒人兵が落下傘で降りてくる。捕らえた黒人兵をどう処置するのか、県の指令がくるまでの間、語り手の少年「僕」の家の地下倉で黒人兵を「飼育」することになる。最初は「獲物」であった黒人兵と「僕」の関係は日毎に人間的な触れ合いになっていく。ある日、県の指令で黒人兵の移送が決まると、黒人兵は僕を捕らえて盾にして抵抗するが、父や村人が詰め寄り、父は鉈をふるって僕の手ごと黒人兵の頭を切りつけて殺害する。怪我で包帯をまいた「僕」の手を指して友達は言う。「お前のぐしゃぐしゃになった掌 、ひどく臭うなあ 」。僕は答える。「あれは僕の臭いじゃない 」 「黒んぼの臭いだ 」。そう答えた僕は、天啓のように自分はもう子供でないことを悟る。

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新潮社ホームページ「死者の奢り・飼育」
  2. ^ 芥川賞受賞の群像(大江健三郎)
  3. ^ 映画.com(2011年10月29日)
  4. ^ 第24回東京国際映画祭(飼育)