松村栄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松村 栄子
(まつむら えいこ)
誕生 (1961-07-03) 1961年7月3日(56歳)
日本の旗 日本静岡県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 筑波大学比較文化学類卒業
筑波大学大学院教育学研究科中退
活動期間 1990年-
ジャンル 小説
代表作 『至高聖所(アバトーン)』(1991年))[1][2]
主な受賞歴 海燕新人文学賞(1990年)
芥川龍之介賞(1992年)[1][2]
デビュー作 『僕はかぐや姫』(1990年)
配偶者 朝比奈英夫日本文学者
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

松村 栄子(まつむら えいこ、1961年7月3日 - )は、日本の小説家

静岡県生まれ。福島県立磐城女子高等学校筑波大学比較文化学類卒業。同大学院教育学研究科中退。出版社、コンピュータソフト商社勤務を経て、1990年「僕はかぐや姫」で海燕新人文学賞受賞、同作品で三島由紀夫賞候補。「至高聖所(アバトーン)」で1991年度下半期(1992年1月)芥川龍之介賞[1][2][3]を受賞。

その後、ファンタジー小説『紫の砂漠』とその続編『詩人の夢』や、自身の趣味である茶道を題材としたユーモア青春小説『雨にもまけず粗茶一服』『風にもまけず粗茶一服』などを書く。夫は万葉学者京都光華女子大学教授の朝比奈英夫。子供はいない。1993年より京都在住。

著書[編集]

小説[編集]

  • 『僕はかぐや姫』(1991年5月 福武書店 / 1993年12月 福武文庫
  • 『至高聖所(アバトーン)』(1992年2月 福武書店 / 1995年1月 福武文庫)
  • 『セラヴィ』(1992年10月 福武書店)
  • 『あの空の色』(1992年10月 マガジンハウス
  • 『紫の砂漠』(1993年8月 新潮社 / 2000年10月 ハルキ文庫
  • 『001にやさしいゆりかご』(1995年4月 ベネッセコーポレーション
  • 『あした、旅人の木の下で』(1997年7月 角川書店
  • 『生誕』(1999年3月 朝日新聞社
  • 『詩人の夢』(2001年2月 ハルキ文庫)
  • 『Talkingアスカ』(2007年1月 ジャイブ ピュアフル文庫)

粗茶一服シリーズ[編集]

エッセイ・その他[編集]

  • 『文章を書こう! 1200字からはじめる自己表現入門』(1997年4月 ベネッセコーポレーション)
  • 『ひよっこ茶人の玉手箱 インターネットでお茶を愉しむ』(2000年4月 マガジンハウス)
    • 【改題】『ひょっとこ茶人、茶会へまいる。』(2011年8月 朝日文庫)
  • 『京都で読む徒然草』(2010年6月 京都新聞社

アンソロジーその他[編集]

「」内が松村栄子の作品

  • 芥川賞全集 第16巻(2002年6月 文藝春秋
  • 金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前に II 昼下がりに読みたい10の話(2009年3月 ジャイブ ピュアフル文庫)「窓」
  • とっさの方言(2012年8月 ポプラ文庫)「んだっぺよ」
  • ぎをん210号(平成24年陽春号 祇園甲部組合発行)「都の桜、祇園の桜」
  • 明日町こんぺいとう商店街 招きうさぎと七軒の物語(2013年12月 ポプラ社)「三波呉服店 - 2005」

出典[編集]

  1. ^ a b c “芥川賞に松村栄子氏 直木賞 高橋義氏と高橋克氏”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 30. (1992年1月17日) 
  2. ^ a b c “3氏が喜び語る 芥川・直木賞授賞式”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 15. (1992年2月27日) 
  3. ^ 筑波大学基金・FUTURESHIP CREWS' MESSAGEより

外部リンク[編集]