妊娠カレンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
妊娠カレンダー
著者 小川洋子
発行日 1991年2月25日
発行元 文藝春秋
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 189
コード ISBN 4163124209
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

妊娠カレンダー』(にんしんカレンダー)は、小川洋子小説および同作品を収めた作品集。第104回芥川龍之介賞の受賞作。表題作の他、「ドミトリイ」「夕暮れの給食室と雨のプール」の2篇が収録されている。

単行本・文庫所収作一覧[編集]

妊娠カレンダー[編集]

同年、第104回芥川賞を受賞。戦後初めての20代女性の受賞作品。姉が妊娠2か月半だと分かった12月29日(月)から、出産を迎えようとする8月11日(火)までの約7か月半を、「わたし」の書く日記形式の文で綴った小説。(曜日から1986年末から1987年夏までではないかと推測される。)

アメリカの雑誌『ザ・ニューヨーカー』2005年12月26日号に英訳版が掲載された。英題は「Pregnancy Diary」[1]

ドミトリイ[編集]

  • 初出 『海燕』1990年12月号。

芥川賞を受賞後に発表した第1の作品。

夕暮れの給食室と雨のプール[編集]

  • 初出 『文學界』1991年3月号。

『ザ・ニューヨーカー』2004年9月6日号に英訳版が掲載された。英題は「The Cafeteria in the Evening and a Pool in the Rain」[2]

書籍情報[編集]

単行本
文庫
電子書籍

脚注[編集]