ゲルマニウムの夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲルマニウムの夜
著者 花村萬月
発行日 1998年9月20日
発行元 文藝春秋
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 251
コード ISBN 978-4-16-318070-0
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ゲルマニウムの夜』(げるまにうむのよる)は、花村萬月の小説、およびそれを原作とする2005年公開の日本映画

エロスバイオレンスを通じて偽善を暴く。初出は「文學界1998年6月号。第119回(1998年上半期)芥川賞受賞作。

あらすじ[編集]

衝動的に人を殺し、自分が育った修道院教護院に逃げ戻ってきた青年・朧(ろう)。修道女を犯し、暴力の衝動に身を任せ、本能の赴くままに生きている彼は冷然と宗教を試す。

映画[編集]

ゲルマニウムの夜
監督 大森立嗣
脚本 浦沢義雄
原作 花村萬月
製作 村岡伸一郎
製作総指揮 荒戸源次郎
前田章紘
出演者 新井浩文
音楽 千野秀一
撮影 大塚亮
編集 奥原好幸
製作会社 ネオプレックス
荒戸映画事務所
配給 荒戸映画事務所
公開 日本の旗 2005年12月17日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ロカルノ国際映画祭コンペティション部門正式出品。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

原作との違い[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]