高瀬隼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高瀬 隼子
(たかせ じゅんこ)
ペンネーム 高瀬 隼子
誕生 1988年????
日本の旗 日本 愛媛県
言語 日本語
国籍 日本
最終学歴 立命館大学文学部
活動期間 2019年 -
ジャンル 小説
代表作 『おいしいごはんが食べられますように』(2022年)
主な受賞歴 すばる文学賞(2019年)
芥川龍之介賞(2022年)
デビュー作 『犬のかたちをしているもの』(2019年)
公式サイト 高瀬隼子 (@takase_junko) - Twitter
テンプレートを表示

高瀬 隼子(たかせ じゅんこ、1988年 - )は、日本小説家

愛媛県新居浜市出身。東京都在住。愛媛県立新居浜西高等学校[1]立命館大学文学部哲学専攻)卒業[2][3]

経歴[編集]

人物[編集]

  • 父親がもらってきた古いワープロに、9歳の頃から自分がノートに書いた物語を入力していたが、その頃から現在に至るまで「かな入力」を使用している[6]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

アンソロジー[編集]

  • ベスト・エッセイ2021(2021年8月 光村図書出版)「犬と散歩をした話」(『新潮』2020年2月号) - エッセイアンソロジー
  • 文学2022(2022年6月 講談社)「休学(国産のため)」(『文藝』2021年春季号) - 年間傑作短篇アンソロジー

単行本未収録作品[編集]

小説

  • 「いい子のあくび」- 『すばる』2020年5月号
  • 「お供え」- 『すばる』2022年4月号
  • 「あの日わたしがしなかったことの話」- 『文藝』2022年秋季号

エッセイ

  • 「わたしの正直な体」[7]- 『青春と読書』2020年1月号
  • 「温度と目」[8]- 『群像』2020年10月号
  • 「かわいい顔の人」- 『文學界』2021年6月号
  • 「中庭のスイートポテト」[9]- 『STORY BOX』2022年3月号
  • 「日日是好日 高瀬隼子 編」- 『すばる』2022年7月-9月号
  • 「わたしの欲」- 『文學界』2022年9月号
  • 「失われたおいしいごはん」- 『群像』2022年9月号

その他

脚注[編集]

外部リンク[編集]