沖で待つ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沖で待つ』(おきでまつ)は、絲山秋子短編小説。第134回芥川賞受賞作。本作を表題作とした単行本が文藝春秋から刊行されている(ISBN 4163248501)。

単行本所収作一覧[編集]

勤労感謝の日[編集]

初出:「文學界2004年5月号。

失業した恭子は三十代半ばの独身で、母との二人暮らし。命の恩人の長谷川さんが勧める見合いに、義理を感じて応じてはみるものの、来たのはやはり鼻持ちならない男。途中で我慢できず退席してしまう。

沖で待つ[編集]

初出:「文學界」2005年9月号。

同じ福岡支社に配属された同期の太っちゃんと私は、恋愛関係ではないが分かり合える間柄。二人はどちらかが死んだら、お互いのHDDを壊して人に知られたくない秘密を守るという約束をする。私の方が先に死ぬと思っていたのに、ある日太っちゃんは不慮の事故で命を落としてしまう。

文庫版[編集]

『みなみのしまのぶんたろう』が追加収録された。