小田嶽夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小田嶽夫
1947年

小田 嶽夫(おだ たけお、1900年7月5日 - 1979年6月2日) は、日本の小説家。本名は、小田武夫。

人物[編集]

新潟県高田市(現・上越市)竪春日町出身。 高田中学(現新潟県立高田高等学校)、東京外国語大学支那語学科を卒業後、外務省入省。外務書記として中国杭州領事館などに勤務。 1926年蔵原伸二郎の紹介で同人誌『葡萄園』に参加。のちに『文藝都市』にも寄稿する。1936年に「城外」(『文學生活』創刊号、1936年6月)で第3回芥川賞受賞。78歳没。

ほとんどの作品が中国に眼を向けたもので、代表作の「城外」もその一つである。しかし、「高陽草子」には、郷土(高田)への思いをこめた文章が多く書かれている。

日本における魯迅の紹介者という役割もあり、『魯迅伝』を著している。太宰治とは交友関係にあり、小田の助力によって太宰は『魯迅伝』『大魯迅全集』『東亜文化圏』などを入手し『惜別』(朝日新聞社、1945年9月)執筆の材料とした[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『太宰治全集 第7巻』筑摩書房、1990年6月27日、426頁、431頁。解題(山内祥史)より。