諏訪哲史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
諏訪 哲史
(すわ てつし)
誕生 (1969-10-26) 1969年10月26日(47歳)
日本の旗 日本愛知県名古屋市
職業 小説家随筆家評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 國學院大學文学部哲学科
活動期間 2007年 -
ジャンル 小説随筆評論
代表作 『ロンバルディア遠景』(2009年)
『領土』(2011年)
主な受賞歴 群像新人文学賞(2007年)
芥川龍之介賞(2007年)
デビュー作 『アサッテの人』(2007年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

諏訪 哲史(すわ てつし、1969年10月26日 - )は、日本の小説家随筆家評論家

来歴[ソースを編集]

愛知県名古屋市出身。幼少期には宮城県仙台市で5年ほど過ごした。小学校時代から1週間に10冊の本を読んだ。

愛知県立名古屋西高等学校國學院大學文学部哲学科卒業。大学在学中から卒業後まで独文学者の種村季弘に文学・美術・宗教・思想など広範な分野にわたり個人指導を受ける。卒論は西欧十九世紀末芸術ラファエル前派[1]。哲学科では美学者谷川渥にも師事した。

1992年から名古屋鉄道で勤務する傍ら、種村季弘に読んでもらうために詩作を行なう。1998年、名鉄を退社し、2年間引きこもった末に書き上げた初の小説「アサッテの人」で種村季弘に認められる。30歳で再就職。2004年、種村季弘が死去。2006年、諏訪の実父が死去。この時期、亡父と同じ躁鬱病双極性障害)を発症し、生涯にわたる治療が始まる[2]。失意の内に初めて投稿した「アサッテの人」が、2007年に第50回群像新人文学賞を受賞。同年に同作品で第137回芥川龍之介賞を受賞する。この2つの賞の同時受賞は村上龍以来の31年ぶり。脱稿から8年後の受賞だった。この作品には、幼いころ吃音に苦しんだ経験が投影されている。

変幻自在な文体を駆使し、<自意識の哲学>を追究する作風であると評される。小説集『領土』では詩的な文体と物語の幻想性を同居させている。

2012年刊の『スワ氏文集(すわし・もんじゅう)』ではコラムニスト、随筆家として、2014年刊の『偏愛蔵書室』では詩・小説・漫画などを対象に批評家としての仕事を行なう。谷川渥は『偏愛蔵書室』について、「批評家」諏訪哲史の面目躍如、と評した[3]

連載中のコラムに「スットン経」(中日新聞、2016年4月~、毎月第1金曜朝刊)がある。

2009年から3年間愛知淑徳大学文化創造学部准教授、2012年から3年間同大学の学部名変更によりメディアプロデュース学部准教授[4]、2016年から東海学園大学人文学部教授を務める。

人物[ソースを編集]

作風や文体など、小説という形式に対して常に疑問を抱き、執念深く自問自答する姿勢から、「小説狂」・「文学的テロリスト」などと評されることもある。[5]

諏訪の随筆によれば、40歳でそれまでの読書量が1万冊を超えたものの、種村季弘は同じ年頃にその倍は読んでいたらしいと思い至り、絶望したとある。[6]

第137回芥川賞贈呈式(2007年8月22日)では、アカペラで細川たかしの「心のこり」の1番を歌った[7]

高校時代から一人旅を始め、大学時代に鉄道等で日本各県を踏破、海外も50カ国以上を放浪した[8]

自身も車掌を務めた経験のあるパノラマカー(名鉄7000系電車)の引退に伴い、かつて勤務した名鉄からの依頼により、ホームページの特設サイトにてエッセイを掲載している[9]

受賞歴[ソースを編集]

  • 2007年 - 第50回群像新人文学賞(小説部門):『アサッテの人』
  • 2007年 - 第137回芥川龍之介賞:『アサッテの人』
  • 2007年 - 平成19年度名古屋市芸術奨励賞

作品一覧[ソースを編集]

単行本[ソースを編集]

  • 『アサッテの人』(2007年、講談社、2010年、講談社文庫
    • 初出:『群像』2007年6月号
  • 『りすん』(2008年、講談社、2011年、講談社文庫
    • 初出:『群像』2008年3月号
  • 『ロンバルディア遠景』(2009年、講談社、2012年、講談社文庫
    • 初出:『群像』2009年5月号
  • 『領土』(2011年、新潮社
    • シャトー・ドゥ・ノワゼにて(『新潮』2009年11月号)
    • 尿意(『新潮』 2010年2月号) 年間傑作短編アンソロジー『文学2011』(講談社)に収録
    • 市民薄暮(『新潮』2010年6月号)
    • 真珠譚(『新潮』2010年8月号)
    • 百貨店残影(『新潮』2010年10月号)
    • 聖家族学園(『新潮』2010年12月号)
    • 甘露経(『新潮』2011年2月号)
    • 湖中天(『新潮』2011年4月号)
    • 中央駅地底街(『新潮』2011年6月号)
    • 先カンブリア(『新潮』2011年8月号)
  • 『スワ氏文集(すわしもんじゅう)』(2012年、講談社
  • 『偏愛蔵書室』(2014年、国書刊行会

単行本未収録[ソースを編集]

  • 無声抄 (『文學界』2015年9月号) 年間傑作短編アンソロジー『文学2016』(講談社)に収録
  • ある平衡 (『群像』2015年12月号) 「半日」「珈琲豆」の2短編で構成
  • 修那羅(しょなら) (『新潮』2016年3月号)
  • 幻聴譜 (『すばる』2016年7月号)
  • 蝸牛邸(かぎゅうてい) (『文學界』2016年12月号)
  • 岩塩の女王(『新潮』2017年3月号)

編著[ソースを編集]

  • 『種村季弘傑作撰Ⅰ ― 世界知の迷宮』(2013年、国書刊行会
  • 『種村季弘傑作撰Ⅱ ― 自在郷への退行』(2013年、国書刊行会
  • 『新編・日本幻想文学集成1』(2016年、国書刊行会)収録4作家のうち日影丈吉を担当

関連項目・人物[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 群像2007年9月号「芥川賞受賞記念対談+谷川渥
  2. ^ 文學界2007年9月号随筆「神々との里程」
  3. ^ 図書新聞2015年1月10日付
  4. ^ 毎日夫人2015年7月号「うたかたの日々」
  5. ^ http://www.sinkan.jp/special/interview/bestsellers37.html
  6. ^ 文學界エセー2011年9月号
  7. ^ asahi.com2007年8月29日付
  8. ^ 毎日夫人2015年2月号「うたかたの日々」
  9. ^ http://www.meitetsu.co.jp/train/guidance/museum/panorama_car/essay/