櫻田常久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桜田 常久(さくらだ つねひさ、1897年1月20日 - 1980年3月25日)は、日本の小説家。並木宋之介の筆名も持つ。

大阪市生まれ。旧制郡山中学校から第四高等学校を経て1923年、東京帝国大学文学部独文科卒。在学中から同人雑誌に関わり、小説や戯曲を発表、戯作に関心を抱いた。卒業後は大学で教え、ドイツ戯曲を翻訳した。1932年から半農生活を志し東京市町田町に居住。1936年、独文科の仲間である豊田三郎高木卓高橋義孝、および福田恆存野口冨士男らと『作家精神』を創刊。1941年、同誌掲載の「平賀源内」で芥川賞を受賞(1940年度下半期)。これは源内が実は生きていたという虚構短篇だが、ほかに『探求者』という源内の伝記長編がある。同人仲間の高木が、やはり『作家精神』掲載作で授けられた芥川賞を辞退したあとのことである。大学では川端康成と同窓であった。郡山中学時代の漢文の先生であった中島田人は作家中島敦の父。

戦後は日本民主主義文学同盟に参加、農地解放や農協運動にかかわり、共産党の町田町議会議員や農地委員会委員長などを務めた。1954年、同人誌『現在』を創刊・主宰。その後、安藤昌益葛飾北斎など、歴史人物を題材にした作品を多く著した。

著書[編集]

  • 『独逸語入試問題解答』尚文堂, 1937
  • 『平賀源内』文藝春秋社 1941
  • 『従軍タイピスト』赤門書房, 1941 文芸奨励賞受賞
  • 『安南黎明記』講談社 1942
  • 『最後の教室』象山閣, 1942
  • 『艦上日誌』興亜日本社(海軍報道班員選書) 1943
  • 『探求者』春陽堂 1946 (平賀源内を描いた)
  • 安藤昌益』東邦出版社 1969 全線賞受賞
  • 『首なし被葬者の謎 私見・高松塚古墳』東邦出版社, 1974
  • 山上憶良』東邦出版社, 1974
  • 『飛鳥文化と高句麗文化』

翻訳[編集]