石塚喜久三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石塚 喜久三(いしづか きくぞう、1904年9月5日 - 1987年10月1日)は、小説家

北海道小樽市出身[1]函館師範学校(現・北海道教育大学函館校)卒業。小樽市の花園国民学校の教員を務めた後大陸に渡り、華北交通張家口鉄路局に勤務した。蒙疆文芸懇話会幹事にも就任。1943年、『蒙疆文學』1月号に寄せた「纏足の頃」で第17回芥川賞受賞。戦後は官能小説を書いた。

著書[編集]

  • 『花の海』大日本雄弁会講談社 1948
  • 『囘春室』大泉書店, 1948
  • 『肉体の山河』大泉書店, 1949
  • 『情婦』大泉書店, 1949
  • 『やったれ 青雲篇』三協商事出版部, 1960
  • 『やったれ 竜雲篇』三協商事出版部, 1961

[編集]

  1. ^ 「20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ、2004年