高城修三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高城 修三(たき しゅうぞう、1947年10月4日 - )は、香川県高松市出身の作家。

本名・若狭雅信。香川県立高松高等学校京都大学文学部言語学科卒業。1977年、「榧の木祭り」で新潮新人賞を受賞、同作で同年下半期(1978年1月)芥川賞を受賞。大津市在住。

著書[編集]

  • 『榧の木祭り』新潮社 1978
  • 『闇を抱いて戦士たちよ』新潮社 1979
  • 『約束の地』新潮社 1982
  • 『叛乱する風景』作品社 1982
  • 『京都の庭遊行』小沢書店 1984
  • 『糺の森』作品社 1984
  • 『京都伝説の風景』小沢書店 1985
  • 『苦楽利氏どうやら御満悦』河出書房新社 1987
  • 『京都花折心中』阿部出版 1990
  • 『みずみち紀行 琵琶湖は東、西は京』小沢書店 1992
  • 『気分はいつもヤジロベェ』有学書林 1993
  • 『紫の歌額田王』有学書林 1994
  • 『琵琶湖のある風景』東方出版 1995
  • 『大和は邪馬台国である』東方出版 1998
  • 『小説の方法』昭和堂 1998
  • プロポリス健康革命 抗ガンから老化防止まで…免疫力を高め、細胞を若返らせる驚きの薬効』高橋書店 2000
  • 『紀年を解読する 古事記日本書紀の真実』ミネルヴァ書房 2000
  • 『京都・絶品の四季 四十八景季節の粧い』淡交社 2000
  • 『真っすぐ行きなはれ 尼僧物語』どりむ社 2001
  • 『神々と天皇の宮都をたどる 高天原から平安京へ』文英堂 2001
  • 『百歌繚乱 憶えておきたい日本の歌』文英堂 2003
  • 『可能性としての連歌』澪標 2004
  • 『おんなたちの源平恋絵巻』京都新聞 2004
  • 神武東征』構想社 2007
  • 『巻向日記 「昭和三十年」という思想』淡交社 2007
  • 『日出づる国の古代史 その三大難問を解く』現代書館 2011

外部リンク[編集]