山本昌代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 昌代(やまもと まさよ、女性、1960年8月18日 - )は、日本の小説家。

経歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ。神奈川県立希望ヶ丘高等学校津田塾大学英文科卒業。大学時代は英文学を専攻していたが、谷崎潤一郎の作品に触れて日本語による表現に目覚める。在学中の1983年浮世絵師の応為(お栄)と、その父葛飾北斎の姿を描いた『応為坦々録(おういたんたんろく)』で文藝賞を受賞してデビューした。

仕事と評価[編集]

デビュー後、歌舞伎役者の沢村田之助(三代目)を描いた『江戸役者異聞』、平賀源内を主人公にした『源内先生舟出祝』と、近世を舞台にした作品を多く書いた。落語に触発されたと思われる『居酒屋ゆうれい』(1991年)は映画化された。この頃は「飄々とした文体で江戸をテーマに描く作家」という評が多く、時代作家に分類されがちであった。

その後文体が簡潔なものに変化し、扱うテーマも『き人伝』(1994年)などでは江戸に限らず世界中の実在の人物に取材するようになり、伝記とも小説とも読める短編を多く書くようになった。1995年『緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道』で三島由紀夫賞を受賞したが、麻原彰晃の逮捕と重なったため、あまり報道されなかったという不遇があった。この作品のような、家族の奇妙な日常を静かに描いた短編・中編を著して評価が高い。

その後イギリスに渡り、エッセイ『イギリス通信』などを発表。2001年以降、著書の刊行はない。

著書[編集]

  • 『応為坦々録』 河出書房新社、1984 のち文庫
  • 『文七殺し』(1985、河出書房新社)のち新潮文庫
  • 『江戸役者異聞』(1986、同)のち文庫
  • 『源内先生舟出祝』(1987、同)のち文庫
  • 『善知鳥(うとう)』(1988、同)のち文庫
  • 『デンデラ野』(1989、同)のち新潮文庫
  • 『居酒屋ゆうれい』 同、1991 のち文庫
  • 『き人伝』 集英社、1994
  • 『緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道』 河出書房新社 1994 のち文庫
  • 『朝霞』(1995、講談社)
  • 『エルンストの月』(NOVA出版、1995)
  • 『コレクション』(集英社、1996)
  • 『水の面』(新潮社、1996)
  • 『九季子』(ベネッセ、1996)
  • 『江戸ノート』(新潮社、1997)
  • 『顔』(河出書房新社、1997)
  • 『三世桂三木助』(新潮社、1997)
  • 『魔女』(河出書房新社、1999)
  • ウィスキーボンボン』(講談社、2000)
  • 『イギリス通信』(荒地出版社、2001)
  • 『手紙』(岩波書店、2001)