この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

唯川恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゆいかわ けい
唯川 恵
誕生 宮武泰子
1955年2月1日(61歳)
日本の旗 石川県金沢市
職業 作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 金沢女子短期大学
活動期間 1984年 -
ジャンル 少女小説、恋愛小説
代表作 肩ごしの恋人
主な受賞歴 コバルト・ノベル大賞(1984年)
直木三十五賞(2001年)
柴田錬三郎賞(2008年)
デビュー作 『海色の午後』
配偶者 あり
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

唯川 恵(ゆいかわ けい、1955年2月1日 - )は、日本小説家である。本名は宮武泰子。

来歴・人物

血液型はB型で、石川県金沢市出身[1]石川県立金沢錦丘高等学校を卒業した後、金沢女子短期大学(現金沢学院短期大学)に入学。情報処理学科に学んだ[2]。その後北國銀行に就職し、コンピュータルームに配属され、同銀行で7年、義兄の会社で3年、計10年のOL生活を経験する。茶道、華道、洋裁、エアロビクス、三味線、レザークラフト、着付け、医療事務などの習い事などをするが長続きせず、唯一続けていた日記から小説を書いてみようという気になったという[1]。 小唄、スキーは趣味としての記載があり、バイクも作品を書いた関係で、後に免許を取得している。

1984年、29歳の時に『海色の午後』で集英社第3回コバルト・ノベル大賞を受賞し、作家デビューする[1]ペンネームの唯川恵は、母が若い時映画雑誌に投稿した折のペンネーム「行川奎」(ゆいかわ けい)からとったもの。

1997年、ホラー的色調の濃い『めまい』、サスペンス小説『刹那に似てせつなく』で書評家らから高評価を得て注目された[1]

数々の恋愛小説を発表後、2001年、46歳で『肩ごしの恋人』にて第126回直木賞を受賞[1]。この受賞には賛否両論が有り、選考委員の中に「軽すぎる」と評した作家もいた。この作品以前、深刻なテーマを扱ったものが続いたため、軽いものが書きたくなったと彼女自身が語っている。

45歳で結婚と同時にセント・バーナード犬を飼い始め、2004年、48歳の時に東京から軽井沢に移住する[3]

文庫では解説を多くの作家に依頼しており、文庫版あとがきにおいて、解説者への謝辞を述べているのが特徴である。

受賞歴

著作

ティーンズ小説

ツインハート抱きしめてシリーズ
  • ツインハート抱きしめて(1990年1月 集英社コバルト文庫
  • あなたとミラクル・シンドローム―ツインハート抱きしめて2(1990年4月 集英社コバルト文庫)
  • ラブ・ジャンクションお手やわらかに―ツインハート抱きしめて3(1990年7月 集英社コバルト文庫)
  • ハートフルが止まらない―ツインハート抱きしめて4(1990年10月 集英社コバルト文庫)
  • よろしくマイ・スイートハート―ツインハート抱きしめて5(1991年2月 集英社コバルト文庫)
夢美と愛美シリーズ
  • 夢美と愛美の消えたバースデー★プレゼント?(1990年10月 ポプラ社 / 2009年11月 角川つばさ文庫)- とんでる学園シリーズ
  • 夢美と愛美の謎がいっぱい?怪人Xを追え!(1991年4月 ポプラ社 / 2010年7月 角川つばさ文庫)- とんでる学園シリーズ
その他
  • 青春クロスピア(1985年1月 集英社コバルト文庫)
  • Cボーイ・すくらんぶる(1985年7月 集英社コバルト文庫)
  • ハート・燃えて…(1986年1月 集英社コバルト文庫)
  • 少しだけラブストーリー(1986年4月 集英社コバルト文庫)
  • 少しだけラブストーリー〈part 2〉(1986年7月 集英社コバルト文庫)
  • そんなあなたにリフレイン(1986年10月 集英社コバルト文庫)
  • 1/2(ハーフ)タイムの恋人(1987年1月 集英社コバルト文庫)
  • 夢色ラビリンス(1987年4月 集英社コバルト文庫)
  • さよならコンプレックス(1987年6月 集英社コバルト文庫)
  • 素敵な迷い子たち(1987年10月 集英社コバルト文庫)
  • ラブ・トラブルにご用心(1987年12月 集英社コバルト文庫)
  • ためらいがちのシーズン(1988年3月 集英社コバルト文庫)
    • 【改題】ためらいがちのシーズン BE WITH YOU(2013年4月 光文社
  • きらめきイリュージョン(1988年7月 集英社コバルト文庫)
  • リアルタイム駆け抜けて(1988年9月 集英社コバルト文庫)
  • あぶないプリンス(1988年12月 集英社コバルト文庫)
  • 恋は誰のせいでもなくて(1989年3月 集英社コバルト文庫)
  • 恋はいつも切なくて(1989年7月 集英社コバルト文庫)
  • 恋は秋色に染めて―去りゆく季節のために(1989年10月 集英社コバルト文庫)
  • さよならをするために(1989年10月 集英社)
  • フォーリンラブまであと少し(1991年5月 集英社コバルト文庫)
  • ステキな五つの片思い(1991年8月 集英社コバルト文庫)
  • 恋の相談引き受けます(1992年2月 集英社コバルト文庫)
  • ゆらめく恋の行き先は(1992年4月 小学館パレット文庫

一般小説

  • 22歳 季節がひとつ過ぎていく(1988年3月 角川スニーカー文庫 / 1994年3月 大和書房 / 1998年4月 幻冬舎文庫 / 2009年3月 新潮文庫
  • シフォンの風(1991年2月 集英社 / 1996年4月 集英社文庫
  • キスよりもせつなく(1991年11月 集英社 / 1997年9月 集英社文庫)
  • あなたが欲しい―恋は妖しく、時に罪深く(1992年4月 天山出版)
    • 【改題】あなたが欲しい(1995年5月 大和書房 / 1999年11月 新潮文庫)
  • 彼の隣りの席(1992年7月 集英社 / 1998年9月 集英社文庫)
  • フィフティ・フィフティ―彼女の嫌いな彼女(1992年10月 光文社カッパ・ノベルス
    • 【改題】彼女の嫌いな彼女(2000年4月 幻冬舎文庫 / 2008年10月 集英社文庫)
  • 夜明け前に会いたい(1993年1月 マガジンハウス / 1996年4月 マガジンハウス文庫 / 2000年6月 新潮文庫)
  • 孤独で優しい夜(1993年6月 集英社 / 1999年10月 集英社文庫)
  • だんだんあなたが遠くなる(1993年10月 大和書房 / 1997年4月 幻冬舎文庫 / 2008年3月 新潮文庫)
  • サロメの眠るベッド(1994年4月 マガジンハウス)
    • 【加筆修正・改題】愛には少し足りない(2001年8月 幻冬舎文庫)
  • 恋人はいつも不在(1994年6月 集英社 / 2000年2月 集英社文庫)
  • 彼方(あなた)への日々(1994年11月 集英社)
    • 【改題】あなたへの日々(2000年11月 集英社文庫)
  • 泣かないで パーティーはこれから(1995年2月 大和書房 / 1999年4月 幻冬舎文庫)
    • 【改題】泣かないで、パーティーはこれから(2010年1月 文春文庫
  • サマー・バレンタイン(1995年6月 幻冬舎 / 1998年8月 幻冬舎文庫)
  • さよならをするために(1995年6月 集英社文庫)
  • 愛しても届かない(1995年11月 集英社 / 2001年11月 集英社文庫)
  • ベートーヴェンを愛した女たち(1995年12月 ぶんか社
  • 天使たちの誤算(1996年5月 マガジンハウス)
    • 【改題】恋人たちの誤算(2001年1月 新潮文庫)
  • 29's―イブの憂鬱(1996年12月 集英社)
    • 【改題】イブの憂鬱(2002年2月 集英社文庫)
  • めまい(1997年3月 集英社 / 2002年6月 集英社文庫)
  • 刹那に似てせつなく(1997年7月 光文社 / 2004年1月 光文社文庫
  • 病む月(1998年10月 集英社 / 2003年6月 集英社文庫)
  • 愛なんか(1999年12月 幻冬舎 / 2002年4月 幻冬舎文庫)
  • ベター・ハーフ(2000年1月 集英社 / 2005年9月 集英社文庫)
  • ゆうべ、もう恋なんかしないと誓った(2000年12月 角川春樹事務所 / 2003年5月 ハルキ文庫
  • ため息の時間(2001年6月 新潮社 / 2004年7月 新潮文庫)
  • 肩ごしの恋人(2001年9月 マガジンハウス / 2004年10月 集英社文庫)
  • 燃えつきるまで(2002年6月 幻冬舎 / 2005年4月 幻冬舎文庫)
  • 今夜誰のとなりで眠る(2002年12月 集英社 / 2006年9月 集英社文庫)
  • 永遠の途中(2003年5月 光文社)
  • 100万回の言い訳(2003年9月 新潮社 / 2006年6月 新潮文庫)
  • 不運な女神(2004年3月 文藝春秋 / 2007年3月 文春文庫)
  • 海色の午後(2004年6月 集英社文庫)
  • 恋せども、愛せども(2005年10月 新潮社 / 2008年7月 新潮文庫)
  • 今夜は心だけ抱いて(2006年3月 朝日新聞社 / 2009年8月 朝日文庫
  • 息がとまるほど(2006年9月 文藝春秋 / 2009年9月 文春文庫)
  • 一瞬でいい(2007年7月 毎日新聞社 / 2012年3月 新潮文庫【上・下】)
  • 愛に似たもの(2007年9月 集英社 / 2009年10月 集英社文庫)
  • とける、とろける(2008年3月 新潮社 / 2010年11月 新潮文庫)
  • 瑠璃でもなく、玻璃でもなく(2008年10月 集英社 / 2011年5月 集英社文庫)
  • そろそろ最後の恋がしたい―ももさくら日記(2009年3月 角川春樹事務所 / 2012年7月 ハルキ文庫)- 画・桜沢エリカ
  • TROIS(トロワ)(2009年8月 角川書店)- 石田衣良佐藤江梨子との共著
    • 【改題】TROIS(トロワ)―恋は三では割りきれない(2012年1月 角川文庫)
  • 天に堕ちる(2009年10月 小学館 / 2013年10月 集英社文庫)
    • 収録作品:りつ子 / 正江 / 茉莉(まり) / 可世子 / 和美 / 汐里(しおり) / 奈々実 / 光 / 黎子(れいこ) / 妙子
  • セシルのもくろみ(2010年2月 光文社 / 2013年4月 光文社文庫)
  • 雨心中(2010年6月 講談社 / 2013年7月 講談社文庫)
  • テティスの逆鱗(2010年11月 文藝春秋 / 2014年2月 文春文庫)
  • ヴァニティ(2011年11月 光文社)
  • 途方もなく霧は流れる(2012年2月 新潮社)
  • 手のひらの砂漠(2013年4月 集英社)

エッセイ・その他

  • 彼女は恋を我慢できない―せつない恋の咲かせ方(1990年7月 大和書房 / 1995年10月 集英社文庫)
  • OL10年やりました(1990年12月 大和書房 / 1996年3月 集英社文庫)
  • シングル・ブルー―これ以上の愛し方(1991年7月 大和書房)
    • 【改題】シングル・ブルー(2001年7月 集英社文庫)
  • ただそれだけの片思い―始まらない恋・終わらない恋(1992年6月 大和書房 / 1999年2月 集英社文庫)
  • ロンリー・コンプレックス(1993年3月 大和書房 / 1998年1月 集英社文庫)
  • 別れの言葉を私から(1993年9月 光文社 / 2000年6月 知恵の森文庫 / 2002年1月 光文社文庫)
  • しあわせの瞬間(とき)―とっておきの幸福あげます(1993年12月 日本文芸社)- 絵・かとうゆかこ
    • 【改題】しあわせの瞬間(とき)(2005年3月 ハルキ文庫)
  • きっとあなたにできること―元気を出して、負けないで(1994年8月 PHP研究所 / 2003年3月 PHP文庫 / 2009年6月 光文社文庫)
  • 唯川恵の幸せを見つけたくて―一歩踏み出す生き方(1994年12月 海竜社)
    • 【改題】明日に一歩踏み出すために(1999年7月 PHP文庫)
      • 【再改題】幸せを見つけたくて―明日に一歩踏み出すために(2008年6月 光文社文庫)
  • いつかあなたを忘れる日まで―愛すべき「男」の話(1995年9月 実業之日本社
    • 【改題】いつかあなたを忘れる日まで(2002年5月 新潮文庫)
  • 「さよなら」が知ってるたくさんのこと(1996年8月 大和書房 / 2001年10月 新潮文庫)
  • ほめてあげる―とびっきりの元気をあげます(1997年1月 日本文芸社)- 絵・尾崎恵美
  • 5年後、幸せになる(1997年11月 大和書房 / 2003年11月 新潮文庫)
  • 明日はじめる恋のために―シネマ愛ものがたり(1998年4月 集英社)
    • 【改題】明日はじめる恋のために(2004年2月 集英社文庫)
  • わたしのためにできること―負けないで、輝いて(1999年4月 PHP研究所 / 2004年3月 PHP文庫)
  • 人生は一度だけ。(2000年6月 大和書房 / 2005年7月 新潮文庫)
  • 元気をあげる―ヒミツの力をあげます(2000年9月 日本文芸社)- 編集。絵・岡田直子
  • 愛がなくてははじまらない。(2002年3月 大和書房 / 2006年2月 だいわ文庫
  • 恋の魔法をかけられたら(2003年8月 角川春樹事務所 / 2005年5月 ハルキ文庫)- 江國香織山本文緒ら8人の作家との恋愛対談集
  • 恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいい(2004年4月 大和書房)
    • 【改題】恋するチカラ―恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいい(2007年4月 だいわ文庫)
  • 一日の終わりに思うあなたのこと(2004年6月 PHP研究所)
  • 愛に勝つ1(アン)・2(ドウ)・3(トワ)―輝く女性たちに聞いた恋のひみつ・愛のかたち(2005年2月 集英社)- リレー式恋愛トークセッション
  • 小説50―あなたへの「著者からのメッセージ」(2005年5月 生活情報センター)- インタビュー
  • 作家の読書道(2005年10月 本の雑誌社
  • 畏敬の食(2006年1月 講談社)- 小泉武夫との食の対談
  • 恋愛日和(2006年8月 小学館)
  • 秘密―小池真理子対談集(2006年9月 講談社 / 2009年12月 講談社文庫)- 小池真理子と対談
  • 風姿恋伝(2007年3月 小学館)
  • 恋のオキテ(2007年5月 PHP研究所)- 絵・朝倉めぐみ
  • いっそ悪女(2007年11月 大和書房)
    • 【改題】いっそ悪女で生きてみる(2011年3月 新潮文庫)
  • 約束―最愛の犬たちへ(2008年1月 文藝春秋)- 犬に関するエッセイ
  • ずっとひとりのわけじゃない(2010年5月 小学館文庫)

アンソロジー

「」内が唯川恵の作品

  • Love songs(1998年1月 幻冬舎 / 1999年4月 幻冬舎文庫)「消息―performed by松任谷由実
  • 恋する男たち(1999年2月 朝日新聞出版 / 2005年3月 新潮文庫)「終の季節」
  • ゆきどまり(2000年7月 祥伝社文庫)「分身」
  • 悪魔のような女(2001年7月 ハルキ文庫)「青い使者」
  • 紅迷宮(2002年6月 祥伝社文庫)「いやな女」
  • ナナイロノコイ(2003年9月 角川春樹事務所)「手のひらの雪のように」
  • こんなにも恋はせつない(2004年1月 光文社文庫)「月光の果て」
  • female(2004年12月 新潮文庫)「夜の舌先」
  • 秘密。―私と私のあいだの十二話(2005年3月 ダ・ヴィンチブックス文庫)「〈ユキ〉」「〈ヒロコ〉」
  • 恋は罪つくり(2005年7月 光文社文庫)「闇に挿す花」
  • Friends―恋愛アンソロジー(2005年8月 祥伝社文庫)「彼女の躓き」
  • パリよ、こんにちは(2005年10月 角川書店)「婚前」
  • 空を飛ぶ恋―ケータイがつなぐ28の物語(2006年5月 新潮文庫)「大人の恋」
  • Vintage'06(ヴィンテージ・シックス)(2006年6月 講談社)「浅間情話」
  • 恋のかたち、愛のいろ(2008年2月 徳間書店 / 2010年10月 徳間文庫)「ごめん。」
  • 恋のかけら(2008年8月 幻冬舎 / 2012年2月 幻冬舎文庫)「ラテを飲みながら」
  • 短篇ベストコレクション 現代の小説2009(2009年6月 徳間文庫)「ごめん。」
  • 綾辻行人選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎009(2014年9月 講談社文庫)「過去が届く午後」

映画ノベライズ

コミック原作

メディア・ミックス

テレビドラマ

TBS
日本テレビよみうりテレビ
フジテレビ関西テレビ
WOWOW
NHK

テレビアニメ

舞台

脚注

  1. ^ a b c d e f 唯川恵( 作家) ×池上冬樹( 文芸評論家) 対談”. さくらんぼテレビ (2012年5月22日). 2014年2月6日閲覧。
  2. ^ コバルト文庫 著者プロフィール より
  3. ^ 唯川恵さんインタビュー”. FAnet (2006年10月24日). 2014年2月6日閲覧。

外部リンク