中村彰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中村 彰彦(なかむら あきひこ、1949年6月23日 - )は、日本小説家直木賞受賞。本名「加藤 保栄」。

経歴[編集]

栃木県栃木市出身。栃木県立宇都宮高等学校卒業、東北大学文学部国文科在学中に『風船ガムの海』で第34回文學界新人賞佳作入選(加藤保栄名義)。

大学卒業後の1973年から1991年まで文藝春秋に編集者として勤務し、鉄道作家宮脇俊三の紀行のいくつかに同行、歴史検証の才能を見出され、のち作家に転じた。

週刊文春』『諸君!』『オール讀物』『別冊文藝春秋』の各編集部および文藝出版部次長を歴任。 1987年、『明治新選組』で第10回エンタテインメント小説大賞を受賞。1991年より執筆活動に専念する。1993年、『五左衛門坂の敵討』で第1回中山義秀文学賞を、1994年、『二つの山河』で第111回(1994年上半期)直木賞を、2005年には『落花は枝に還らずとも』で第24回新田次郎文学賞を受賞する。

主に、歴史小説時代小説を中心に執筆している。会津関係の著作が多く、星亮一とともに会津観光史学の一翼を担っている。会津史学会会員。 憂国忌代表世話人。

著書[編集]

  • 『決断!新選組ダイナミックセラーズ 1985 のち「新選組全史」角川文庫、文春文庫 
  • 『激闘!新選組』ダイナミックセラーズ 1987
  • 『明治新選組』新人物往来社 1989 のち角川文庫、光文社文庫
  • 『鬼官兵衛烈風録』新人物往来社 1991 のち角川文庫、日経文芸文庫 
  • 『乱世の主役と脇役』聖文社 1991 のち文春文庫
  • 『五左衛門坂の敵討』新人物往来社 1992 のち角川文庫
  • 『保科肥後守お耳帖』双葉社 1993 のち角川文庫、実業之日本社文庫(完本) 
  • 『その名は町野主水』新人物往来社 1993 のち角川文庫
  • 『遊撃隊始末』文藝春秋 1993 のち文庫 
  • 『会津藩主・松平容保は朝敵にあらず』新人物往来社 1994 のち中公文庫
  • 『二つの山河』文藝春秋 1994 のち文庫
  • 『竜馬伝説を追え』世界文化社 1994 のち学陽書房・人物文庫
  • 『闘将伝 小説立見鑑三郎』双葉社 1994 のち角川文庫、「闘将伝 小説立見尚文」文春文庫 
  • 『覆された日本史 俗説・妄説に埋もれた史実を再検証』日本文芸社 1995 のち「幕末を読み直す」「戦国時代の「裏」を読む」PHP文庫
  • 保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主』中公新書 1995 中公文庫 2006
  • 『槍弾正の逆襲』PHP研究所 1995 のち角川文庫(短編集)
  • 『保科肥後守お袖帖』実業之日本社 1995 のち角川文庫
  • 『明治忠臣蔵』双葉社 1995 のち角川文庫
  • 『名剣士と照姫さま』徳間書店 1995 のち文庫
  • 『眉山は哭く』文藝春秋 1995 「恋形見」角川文庫
  • 『明治無頼伝』新人物往来社 1996 のち角川文庫、PHP文芸文庫 (斎藤一を描く)
  • 『名君保科正之 歴史の群像』文春文庫 1996
  • 『禁じられた敵討』文藝春秋 1996 のち文庫
  • 『海将伝』角川書店 1996 のち文庫、「海将伝 小説島村速雄」文春文庫 
  • 『修理さま雪は』新潮社 1996 のち中公文庫
  • 『保科正之言行録 仁心無私の政治家』中公新書 1997 中公文庫 2008
  • 『乱世に生きる 歴史の群像』読売新聞社 1997 のち中公文庫
  • 『名君の碑 保科正之の生涯』文藝春秋 1998 のち文庫
  • 『侍たちの海 小説伊東祐亨』読売新聞社 1998 のち角川文庫
  • 豪姫夢幻』角川書店 1999 のち文庫
  • 『還らざる者たち 余滴の日本史』角川書店 1999
    • 「義に生きるか裏切るか 名将がいて、愚者がいた」講談社文庫 2012(上記書と編著「明治を駆けぬけた女たち」を再編・改題版)
  • 『名君と暗君と 歴史の交差点』ダイヤモンド社 1999
  • 『柳生最後の日』徳間書店 1999 のち文庫
  • 『烈士と呼ばれる男 森田必勝の物語』文藝春秋 2000 のち文庫、「三島事件もう一人の主役」ワック文庫 
  • 『脱藩大名の戊辰戦争 上総請西藩主・林忠崇の生涯』中公新書 2000
  • 『いつの日か還る 新選組伍長島田魁伝』実業之日本社 2000 のち文春文庫
  • 『関ヶ原合戦秘められた真相』中公文庫 2000
  • 『逆風に生きる 山川家の兄弟』角川書店 2000 のち「山川家の兄弟」人物文庫。山川浩山川健次郎
  • 『中村彰彦集』げんだい時代小説 リブリオ出版 2000
  • 『加賀百万石の智恵 歴史よもやま話』日本放送出版協会 2001
  • 白虎隊文春新書 2001
  • 『新選組秘帖』新人物往来社 2002 のち文春文庫 
  • 『史談・信長に仕える苦労 歴史の交差点』ダイヤモンド社 2002
  • 『桶狭間の勇士』文藝春秋 2003 のち文庫
  • 『知恵伊豆に聞け』実業之日本社 2003 のち文春文庫
  • 『若君御謀反』角川書店 2003 のち文庫
  • 『新選組紀行』文春新書 2003
  • 『幕末入門』中央公論新社 2003 のち文庫
  • 『名将がいて、愚者がいた』講談社 2004 のち文庫
  • 『敵は微塵弾正』実業之日本社 2004 のち徳間文庫
  • 『捜魂記 藩学の志を訪ねて』文藝春秋 2004 「全国藩校紀行 日本人の精神の原点を訪ねて」PHP文庫
  • 『落花は枝に還らずとも 会津藩士・秋月悌次郎』中央公論新社 2004 のち文庫
  • 『軍艦「甲鉄」始末』新人物往来社 2005 のち文庫 
  • 『知恵伊豆と呼ばれた男 老中松平信綱の生涯』講談社 2005 のち文庫
  • 座頭市から新選組まで 歴史浪漫紀行』双葉文庫 2005
  • 『異能の勝者 歴史に見る「非常の才」』集英社 2006 のち「歴史に見る勝つリーダー」文春文庫 
  • 『北風の軍師たち』中央公論新社 2006 のち文庫
  • 『会津武士道 侍たちは何のために生きたのか』PHP研究所 2007 のち文庫 
  • 『天保暴れ奉行 気骨の幕臣矢部定謙』実業之日本社 2007 のち中公文庫 
  • 『東に名臣あり 家老列伝』文藝春秋 2007 のち文庫 
  • 『われに千里の思いあり 風雲児・前田利常 快男児・前田光高 名君・前田綱紀』文藝春秋 2008‐09、文春文庫 2011
  • 『会津のこころ 優しく烈しく美しく』日新報道 2009 PHP文庫 2013
  • 『名将と名臣の条件』中央公論新社 2009、中公文庫 2012
  • 『慈悲の名君 保科正之』角川選書 2010
  • 『戊辰転々録』角川学芸出版 2010 中公文庫、2014 
  • 『花ならば花咲かん 会津藩家老田中玄宰』PHP研究所 2011、PHP文芸文庫 2013
  • 『幕末維新史の定説を斬る 坂本竜馬 松平容保 孝明天皇』講談社 2011 のち文庫 
  • 『跡を濁さず 家老列伝』文藝春秋 2011、文春文庫 2014
  • 『真田三代風雲録』実業之日本社 2012 のち文庫 
  • 『幕末会津の女たち、男たち 山本八重よ銃をとれ』文藝春秋 2012
  • 『保科正之 民を救った天下の副将軍』洋泉社歴史新書y 2012
  • 『乱世の名将 治世の名臣』講談社 2012 のち文庫 
  • 『武士たちの作法 戦国から幕末へ』光文社 2013 のち文庫 
  • 『ある幕臣の戊辰戦争 剣士伊庭八郎の生涯』中公新書 2014
  • 『会津の怪談』廣済堂出版 2014
  • 『戦国はるかなれど 堀尾吉晴の生涯』光文社 2015
  • 『疾風に折れぬ花あり 信玄息女松姫の一生』PHP研究所 2016
  • 『なぜ会津は希代の雄藩になったか 名家老・田中玄宰の挑戦』PHP新書 2016

共著・編著等[編集]

  • 編著『明治を駆けぬけた女たち』ダイナミックセラーズ 1984
  • 『江戸の構造改革 パックス・トクガワーナの時代』山内昌之 集英社 2004 、のち「黒船以前」中公文庫
  • 『黒船以降 政治家と官僚の条件』山内昌之 中央公論新社 2006 のち文庫
  • 松平容頌『武士道の教科書 現代語新訳 日新館童子訓』PHP研究所 2006
  • 『名将と参謀 時代を作った男たち』山内昌之 中央公論新社 2010 のち文庫
  • 『会津万葉集』三角美冬 歴史春秋出版 2012  

脚注[編集]