葉室麟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
葉室 麟
(はむろ りん)
誕生 (1951-01-25) 1951年1月25日
日本の旗福岡県北九州市小倉
死没 (2017-12-23) 2017年12月23日(66歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業
活動期間 2005年 - 2017年
ジャンル 時代小説
代表作蜩ノ記
主な受賞歴 歴史文学賞(2005年)
松本清張賞(2007年)
直木三十五賞(2012年)
デビュー作 『乾山晩愁』(2005年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

葉室 麟(はむろ りん、1951年1月25日[1] - 2017年12月23日[2])は、日本小説家福岡県北九州市小倉[3]生まれ。本名・本畑雄士[4]

概要[編集]

福岡県立明善高等学校卒業[5]西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業[6]。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て[7]2005年江戸時代元禄期の絵師尾形光琳と陶工尾形乾山の兄弟を描いた『乾山晩愁』で第29回歴史文学賞を受賞[8]

50歳から創作活動に入り、4年後に文壇デビューを果たした[9]2007年、『銀漢の賦』で第14回松本清張賞を受賞する[10]2012年、『蜩ノ記』で第146回直木三十五賞を受賞する[11]。久留米市を拠点に、敗者や弱者の視点を大切にした歴史時代小説を生み出した[12]

2017年12月23日午前2時、病気により福岡県福岡市病院で死去。病名は明かされていない。66歳没[13][14]

2018年8月17日、都内でお別れの会が開かれ、小郡市の直木賞作家東山彰良は、「葉室さんは作品に自身の美学や哲学を込めていた。それはどんなにぶざまでも、どんなに理解されなくても、正しいことは美しいのだという美学。その美しさがきっと、誰かを救うという信念の下に小説を書いていた」と語り、八女市黒木町出身の直木賞作家安部龍太郎は、「優しく、思いやりが深い。自分よりも人のことを先に考える。人の痛みが分かる苦労人でもあった」と語り、故人を偲んだ[15]

文学賞受賞・候補歴[編集]

太字が受賞したもの

作品リスト[編集]

小説[編集]

秋月藩シリーズ[編集]

羽根藩シリーズ[編集]

  • 蜩ノ記祥伝社 2011年10月 / 祥伝社文庫 2013年11月)
  • 潮鳴り(祥伝社 2013年10月 / 祥伝社文庫 2016年5月)
  • 春雷(祥伝社 2015年3月 / 祥伝社文庫 2017年9月)
  • 秋霜(祥伝社 2016年5月 / 祥伝社文庫 2019年4月)
  • 草笛物語(KADOKAWA 2017年9月)

黒島藩シリーズ[編集]

  • 陽炎の門(講談社 2013年4月 / 講談社文庫 2016年4月)
  • 紫匂う(講談社 2014年4月 / 講談社文庫 2016年10月)
  • 山月庵茶会記(講談社 2015年4月 / 講談社文庫 2017年4月)

扇野藩シリーズ[編集]

  • 散り椿(角川書店 2012年2月 / 角川文庫 2014年12月)
  • さわらびの譜(角川書店 2013年10月 / 角川文庫 2015年12月)
  • はだれ雪(KADOKAWA 2015年12月 / 角川文庫【上・下】 2018年8月)
  • 青嵐の坂(KADOKAWA 2018年5月)

その他の小説[編集]

  • 乾山晩愁(新人物往来社 2005年10月 / 角川文庫 2008年12月)
  • 実朝の首(新人物往来社 2007年5月 / 角川文庫 2010年5月)
  • 銀漢の賦文藝春秋 2007年7月 / 文春文庫 2010年2月)
  • 風渡る(講談社 2008年7月 / 講談社文庫 2012年5月)
  • いのちなりけり(文藝春秋 2008年8月 / 文春文庫 2011年2月)
  • 風の王国 官兵衛異聞』(講談社 2009年9月)
  • 花や散るらん(文藝春秋 2009年11月 / 文春文庫 2012年10月)
  • オランダ宿の娘(早川書房 ハヤカワ・ミステリワールド 2010年3月 / ハヤカワ文庫 2012年4月)
  • 柚子の花咲く(朝日新聞出版 2010年6月 / 朝日文庫 2013年10月)
  • 橘花抄(新潮社 2010年10月 / 新潮文庫 2013年4月)
  • 川あかり(双葉社 2011年1月 / 双葉文庫 2014年2月)
  • 恋しぐれ(文藝春秋 2011年2月 / 文春文庫 2013年8月)
  • 刀伊入寇 藤原隆家の闘い(実業之日本社 2011年6月 / 実業之日本社文庫 2014年6月)
  • 星火瞬く(講談社 2011年8月 / 講談社文庫 2014年8月)
  • 冬姫(集英社 2011年12月 / 集英社文庫 2014年11月)
  • 無双の花(文藝春秋 2012年1月 / 文春文庫 2014年7月)
  • 霖雨(PHP研究所 2012年5月 / PHP文芸文庫 2014年11月)
  • 千鳥舞う(徳間書店 2012年7月 / 徳間文庫 2015年1月)
  • この君なくば(朝日新聞出版 2012年10月 / 朝日文庫 2015年10月)
  • 螢草(双葉社 2012年12月 / 双葉社文庫 2015年11月)
  • おもかげ橋(幻冬舎 2013年1月 / 幻冬舎文庫 2015年6月)
  • 春風伝(新潮社 2013年2月 / 新潮文庫2015年9月)
  • 月神(角川春樹事務所 2013年7月 / ハルキ文庫 2015年8月)
  • 山桜記(文藝春秋 2014年1月 / 文春文庫 2016年7月)
  • 天の光(徳間書店 2014年6月 / 徳間文庫 2016年12月)
  • 緋の天空(集英社 2014年8月 / 集英社文庫 2017年5月)
  • 風花帖(朝日新聞出版 2014年10月 / 朝日文庫 2016年10月)
  • 峠しぐれ(双葉社 2014年12月 / 双葉文庫 2017年10月)
  • 影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録(文藝春秋 2015年1月 / 文春文庫 2017年10月)
  • 鬼神の如く 黒田叛臣伝(新潮社 2015年8月 / 新潮文庫 2018年9月)
  • 風かおる(幻冬舎 2015年9月 / 幻冬舎文庫 2018年4月)
  • 草雲雀(実業之日本社 2015年10月 / 実業之日本社文庫 2018年12月)
  • 神剣 人斬り彦斎(角川春樹事務所 2016年2月 / ハルキ文庫 2018年6月)
  • 辛夷の花(徳間書店 2016年4月 / 徳間時代小説文庫 2019年2月)
  • 津軽双花(講談社 2016年7月 / 講談社文庫 2019年12月)
  • 孤篷のひと(KADOKAWA 2016年9月 / 角川文庫 2019年8月)
  • あおなり道場始末(双葉社 2016年11月 / 双葉文庫 2019年6月)
  • 墨龍賦(PHP研究所 2017年1月 / PHP文芸文庫 2019年11月)
  • 風のかたみ(朝日新聞出版 2017年3月)
  • 潮騒はるか(幻冬舎 2017年5月)
  • 嵯峨野花譜(文芸春秋 2017年7月)
  • 大獄 西郷青嵐賦(文芸春秋 2017年11月)
  • 天翔ける(KADOKAWA 2017年12月)
  • 玄鳥さりて(新潮社 2018年1月)
  • 雨と詩人と落花と(徳間書店 2018年3月 / 徳間文庫 2020年1月)
  • 蝶のゆくへ(集英社 2018年8月)
  • 影ぞ恋しき(文藝春秋 2018年9月)
  • 暁天の星(PHP研究所 2019年5月)
  • 星と龍(朝日新聞出版 2019年11月)

アンソロジー[編集]

「」内が葉室麟の作品

  • 決戦!関ケ原(講談社 2014年11月 / 講談社文庫 2017年7月)「孤狼なり」
  • 決戦!大阪城(講談社 2015年5月 / 講談社文庫 2017年11月)「鳳凰記」
  • 決戦!本能寺(講談社 2015年11月 / 講談社文庫 2018年3月)「鷹、翔ける」
  • 決戦!忠臣蔵(講談社 2017年3月)「鬼の影」
  • 決戦!新選組(講談社 2017年5月)「鬼火」
  • 決戦!関ケ原2(講談社 2017年7月 / 講談社文庫 2019年8月)「ダミアン長政

随筆[編集]

  • 柚子は九年で 随筆集(西日本新聞社 2012年4月 / 文春文庫 2014年3月)
  • たそがれ官兵衛(2010年4月19日 - 6月30日 『西日本新聞』連載)
  • 日本人の肖像(講談社 2016年8月) - 『毎日新聞』連載
  • 古都再見(新潮社 2017年6月) - 『週刊新潮』連載
  • 河のほとりで (文春文庫 2018年2月)
  • 葉室麟 洛中洛外をゆく。(ベストセラーズ 2018年6月)
  • 曙光を旅する(朝日新聞出版 2018年11月)

メディアミックス[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

メディア出演[編集]

  • 鬼が舞う!鬼は神!人も舞う!〜奥三河・天竜の懐に残る花祭〜(2016年6月4日、BS朝日) - ナビゲーター
  • 究極のおもてなし〜天下を動かした一服の茶〜(2017年5月3日、NHK総合) - ナビゲーター

逝去後の関連企画ほか[編集]

  • お別れの会(2018年8月17日、帝国ホテル)
    挨拶:作家・安部龍太郎、作家・東山彰良、作家・朝井まかて、ほか
  • 没後2年追悼シンポジウム「葉室麟さん 最後の小説『暁天の星』『星と龍』を読む」(2020年1月24日、西南学院大学百年館)
    主催:シンポジウム「葉室麟作品を語る」実行委員会、共催:西南学院大学ことばの力養成講座
    司会:佐々木亮(朝日新聞記者)、ゲスト:作家・東山彰良、立花家資料館館長・植野かおり、九大教授・南野森、作家・澤田瞳子

出典[編集]

  1. ^ 葉室麟 コトバンク
  2. ^ “訃報 葉室麟さん66歳=直木賞作家「蜩ノ記」”. 毎日新聞. (2017年12月23日). https://mainichi.jp/articles/20171224/k00/00m/040/053000c 2017年12月23日閲覧。 
  3. ^ 春風伝 新潮社
  4. ^ 葉室麟(読み)ハムロリン大辞泉
  5. ^ 第46回 明善大同窓会開催 明善同窓会
  6. ^ 5月17日(土)読売新聞西部本社発刊50周年記念 活字文化公開フォーラム「黒田官兵衛を語る」-小和田哲男、葉室麟、安部龍太郎― を開催します 西南学院大学 2014年4月3日
  7. ^ 第12回「中之島どくしょ会」開催のお知らせ 朝日新聞 関西スクエア
  8. ^ 乾山晩愁 楽天ブックス
  9. ^ スタッフ”. 映画『蜩ノ記』公式サイト. 2016年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月26日閲覧。
  10. ^ 第14回松本清張賞に葉室麟さん「銀漢の賦」”. asahi.com. 朝日新聞社 (2007年4月19日). 2015年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月26日閲覧。
  11. ^ 『蜩ノ記 ひぐらしのき』 試写会ご招待 MBS
  12. ^ 室麟さんの生前語る 酒席、好きな作品、激励… 小郡市の「狸ばやし」で催し”. 西日本新聞 (2018年6月7日). 2019年3月9日閲覧。
  13. ^ 訃報:葉室麟さん66歳=直木賞作家「蜩ノ記」”. 毎日新聞 (2017年12月23日). 2019年12月17日閲覧。
  14. ^ “直木賞作家の葉室麟さん死去 66歳…昨年、司馬遼太郎賞も”. 産経新聞. (2017年12月23日23時18分). http://www.sankei.com/life/news/171223/lif1712230053-n1.html 2017年12月25日閲覧。 
  15. ^ 葉室麟さんの人柄しのぶ 都内でお別れの会 筑後ゆかりの作家も参列”. 西日本新聞 (2018年8月24日). 2019年3月9日閲覧。
  16. ^ 中村雅俊×柴田恭兵「風の峠~銀漢の賦~」制作開始!”. NHK (2014年10月14日). 2019年7月26日閲覧。
  17. ^ 清原果耶さん主演!『螢草 菜々の剣』制作開始!”. NHK (2019年4月26日). 2019年7月26日閲覧。
  18. ^ 土曜時代ドラマ「螢草 菜々の剣」2020年1月25日スタート!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年11月29日). 2019年11月29日閲覧。

参考[編集]