安西篤子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安西 篤子(あんざい あつこ、1927年8月11日 - )は、日本小説家

神戸市須磨区村雨町生まれ。父は福島県出身で横浜正金銀行に勤務した安西政一郎[1]。母は東京都の出身[1]。幼少時父の勤務でドイツ、中国に住まい、青島高等女学校をへて、1945年神奈川県立横浜第一高等女学校(現・神奈川県立横浜平沼高等学校)卒。46年冨中暁と結婚、長女、長男を儲ける。

1953年中山義秀に師事して小説を書き始め、65年『張少子の話』で直木賞。72年離婚。91年十数年連れ添った伴侶を失う。93年『黒鳥』で女流文学賞を受賞した。(『女流作家シリーズ』角川書店)

受賞歴[編集]

  • 1964年 『張少子の話』で第52回直木賞
  • 1993年 『黒鳥』で第32回女流文学賞
  • 1994年 神奈川文化賞

著作[編集]

  • 『張少子の話』文藝春秋新社 1965
  • 『恋愛ミニ講座』山梨シルクセンター出版部 1970 「愛のミニ講座」集英社文庫
  • 『一生を利口な嫁で過ごすために わがまま気ままなお嬢さん読本』日本文芸社 1973
  • 『愛 愛しかた愛されかた』ロングセラーズ 1974
  • 『銀の橋』旺文社 1976
  • 『女人紋様』読売新聞社 1976 -旺文社文庫 1984
  • 『東京』保育社 1976
  • 『東京歴史散策』保育社カラーブックス,1976
  • 『幸せ色の夜明け』集英社文庫コバルトシリーズ、1978
  • 悲愁中宮』読売新聞社 1978 のち集英社文庫
  • 千姫微笑』講談社 1979 - のち文庫
  • 『泣かない女』家の光協会 1979
  • 『女ありて』構想社 1979/千人社 1979
  • 『戦国夢幻』読売新聞社(昭和世代女流短編集)1979
  • 『歴史に抗う女たち』読売新聞社 1981
  • 『愛染灯籠』講談社 1981 - のち文庫「愛の灯籠」1985
  • 『似たひと』かまくら春秋社 1981 「古都のひと」集英社文庫
  • 淀殿 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1981 のち文庫 
  • 『ひとりでも幸福か』海竜社 1981
  • 卑弥呼狂乱』光風社出版 1982 のち光文社文庫
  • 『女の東京地図』文化出版局 1983
  • 『花あざ伝奇』講談社 1983 のち文庫
  • 家康の母』読売新聞社 1983 のち集英社文庫
  • 『男を成功させた悪女たち』集英社文庫 1983
  • 『淀どの哀楽』秋田書店 1984 - のち講談社文庫 1987
  • 『累卵』中央公論社 1985 短編集
  • 『旅はびっくり箱』読売新聞社 1985
  • 『歴史を彩った悪女、才女、賢女』講談社 1985 のち文庫
  • 義経の母』読売新聞社 1986 - のち集英社文庫 1989
  • 『安西篤子の南総里見八犬伝集英社(わたしの古典) 1986 のち文庫
  • 『歴史のいたずら』読売新聞社 1988
  • 『武家女夫録』講談社 1988 のち文庫
  • 春日局 大奥の権勢をにぎった女性の波乱の一生』新学社全家研 1989
  • 『壇ノ浦残花抄』読売新聞社 1989 のち集英社文庫
  • 今昔物語-古典の旅』小学館 1990 「「今昔物語」を旅しよう」講談社文庫
  • 『花ある季節』読売新聞社 1990 のち集英社文庫
  • 『不義にあらず』講談社 1990 のち文庫
  • 『油小路の血闘』読売新聞社 1991 のち小学館文庫
  • 『色に狂えば』光文社文庫 1991
  • 『鴛鴦ならび行く』新人物往来社 1992 短編集 
  • 『黒鳥』新潮社 1993 
  • 『龍を見た女』読売新聞社 1993 - のち講談社文庫 1997 (織田信長を女の眼から描く)
  • 『恋に散りぬ』講談社 1994 のち文庫 短編集 
  • 『逢い逢いて』新潮社 1994  短編集 
  • 『生きてきて、いま』中央公論社 1995
  • 『鎌倉 海と山のある暮らし』草思社 1996
  • 『愛しく候』講談社 1996
  • 『空白の瞬間』集英社 1997
  • 『木瓜の夢』講談社 1998 短編集
  • 『女人鎌倉 歴史を再発見する15の物語』祥伝社 1998
  • 『洛陽の姉妹』講談社 1999
  • 北条時宗と蒙古襲来』学研M文庫 2000
  • 『黄砂と桜』徳間書店 2001 (自伝小説)
  • 柴田勝家 ひたむきに戦国乱世を駆け抜けた男』学研M文庫 2002
  • 『老いの思想 古人に学ぶ老境の生き方』草思社 2003

編共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『私の父、私の母』中央公論社、1994年、20-25頁