海老沢泰久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海老沢 泰久(えびさわ やすひさ、1950年1月22日 - 2009年8月13日)は、日本小説家、ノンフィクション作家。

人物[編集]

茨城県出身。國學院大學文学部卒。國學院大學折口博士記念古代研究所に勤務し岡野弘彦に師事した。1974年に『乱』で小説新潮新人賞を受賞してデビュー。1979年、ヤクルトの監督として優勝を成し遂げた広岡達朗をモデルにした『監督』を初の著書として上梓、話題を呼んだ。

1988年ホンダF1(第1期 - 第2期前半)を取り上げたノンフィクションF1地上の夢』で新田次郎文学賞を受賞。1994年には『帰郷』で第111回直木賞を受賞した。

『F1地上の夢』以外にも、全日本F2選手権を題材とした小説『F2グランプリ』(1981年)、中嶋悟のF1デビュー年を追ったノンフィクション『F1走る魂』(1988年)など、また野球、ゴルフなどスポーツ関係のノンフィクションが多い。

2009年8月13日十二指腸のため死去した[1]1995年10月から亡くなる直前まで東京中日スポーツのコラム「セブンアイ」(2008年3月より「セブンデイズ」に改題)で木曜日を担当しており、同年8月6日付のコラムが最後となった。

著書[編集]

  • 監督 新潮社 1979 のち文庫、文春文庫
  • F2グランプリ 新潮社 1981.11 のち文庫、文春文庫
  • 球界裏の攻防 もうひとつのプロ野球 スポーツ・ノンフィクション 朝日新聞社 1983「球界裏の演出者たち」と改題、文庫
  • スーパースター 文藝春秋 1983 のち文庫
  • みんなジャイアンツを愛していた 新潮社 1983 のち文庫、文春文庫
  • さびしい東京 講談社 1984 改題「さびしい恋人」文庫
  • ただ栄光のために 堀内恒夫物語 新潮文庫 1985 のち文春文庫
  • 空を飛んだオッチ 角川書店 1985 のち文庫
  • 二重唱 集英社 1986 のち文春文庫
  • F1地上の夢 朝日新聞社 1987 のち文庫
  • F1走る魂 文藝春秋 1988 のち文庫
  • 夏の休暇 朝日新聞社 1989 のち文庫
  • 孤立無援の名誉 講談社 1989 のち文庫
  • 美味礼讃 文藝春秋 1992 のち文庫
  • ヴェテラン 文藝春秋 1992 のち文庫
  • 帰郷 文藝春秋 1994 のち文庫
  • 快適な日々 早川書房 1994
  • 廃墟 福武書店 1994
  • 星と月の夜 集英社 1995 のち文庫
  • 満月空に満月 文藝春秋 1995 のち文庫
  • 人はなぜバーテンダーになるか ティビーエス・ブリタニカ 1996
  • これならわかるパソコンが動く NECクリエイティブ 1997[2]
  • 愚か者の舟 文藝春秋 1998
  • 男ともだち 講談社 1998
  • ゴルフが好き 岡本綾子の生き方 毎日新聞社 1999
  • オーケイ。 文藝春秋 2000
  • 暗黙のルール 新潮社 2000
  • ぼくの好きなゴルフ 朝日新聞社 2001 のち文庫
  • 巨人がプロ野球をダメにした 講談社+α文庫 2001
  • 「読売巨人軍」の大罪 講談社+α文庫 2002
  • 青い空 幕末キリシタン類族伝 文藝春秋 2004 のち文庫 
  • サルビアの記憶 文藝春秋 2006
  • 彼女の哲学 光文社 2007
  • 無用庵隠居修業 文藝春秋 2008
  • ふたりのプロフェッショナル ランダムハウス講談社文庫 2008
  • ぼくたちのスコットランド紀行 ランダムハウス講談社文庫 2009
  • プロ野球が殺される 文春文庫オリジナル、2009 

出典・脚注[編集]

  1. ^ 作家の海老沢泰久さん死去[リンク切れ] 産経新聞 2009年8月14日閲覧
  2. ^ 元はNECのパソコン「VALUESTAR」「Aile」向けに「初心者が読んでも一人で理解できるマニュアルを作成してほしい」という依頼を受けて執筆した製品用マニュアル。メディアで評価を受けたため、マニュアルとしては異例の単独の書籍として出版された。

外部リンク[編集]