榛葉英治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

榛葉 英治(しんば えいじ、1912年10月21日 - 1999年2月20日)は、日本の小説家である。

来歴・人物[編集]

静岡県掛川市生まれ。静岡県立掛川中学校(現在の静岡県立掛川西高等学校)を経て、早稲田大学英文科卒業。満州国外交部に勤める。敗戦後引き揚げ、仙台市の東北連絡調整事務局に勤務したが、1948年、辞職、上京して創作活動に専念、多くの通俗小説を書く。初期作品に『渦』『淵』『流れ』三部作がある。1958年の『赤い雪』は敗戦時の満洲の混乱を描き、直木賞受賞。

外祖父の村岡素一郎は民間史論家で、徳川家康の出自に関して独自の研究を行った[1]

著書[編集]

  • 蔵王・蘇える女 東京文庫, 1951
  • 女人開花 鱒書房(コバルト新書) 1955
  • 渦・淵・流れ 近代生活社, 1956
  • 赤い雪 和同出版社, 1958
  • 誘惑者 光文社, 1958
  • 女の砂漠 光書房, 1958
  • 乾いた湖 和同出版社, 1958
  • 夜と昼の顔 アサヒ芸能出版, 1959
  • 漂う女 小壷天書房, 1959
  • 愛する日々 光文社, 1960
  • 午後の遊び 人間動物園 昭和書館, 1961
  • 女人記 七曜社, 1962(不作法随筆シリーズ)
  • 城壁 河出書房新社, 1964
  • 倦怠の花 冬樹社, 1965
  • 四季の釣り 真珠書院, 1965(パール新書)
  • 渓流・川と海の釣り 金園社, 1966 (つりブックス)
  • 悲愁の川 毎日新聞社, 1968
  • アコひとりパリへ 偕成社, 1971 (少女小説シリーズ)
  • 春の陽炎 春陽堂書店, 1970 (サン・ポケット・ブックス)
  • 釣魚礼賛 東京書房社, 1971
  • 極限からの脱出 読売新聞社, 1971
  • 英雄たちの顔 月刊ペン社, 1971
  • 裸の衣裳 桃園書房, 1971
  • 史疑徳川家康物語 雄山閣出版, 1972
  • 大いなる落日 時事通信社, 1974
  • 裸の森 桃園書房, 1974
  • 大いなる夜明け 時事通信社, 1976
  • 夕日に立つ 日本経済新聞社, 1976
  • 肉体の悪魔 桃園書房, 1978
  • 灰色地帯 日本経済新聞社, 1978
  • 炎の女 北条政子 静岡新聞社, 1979
  • 釣魚礼賛 続 日本経済新聞社, 1980
  • 維新悲歌 評伝社, 1981
  • ソ連強制収容所 評伝社, 1981
  • 満州国崩壊の日 評伝社, 1982
  • 大隈重信 進取の精神、学の独立 新潮社, 1985
  • 板垣退助 自由民権の夢と敗北 新潮社, 1988
  • 妻たちの輪舞 河出書房新社, 1988
  • 福沢諭吉少年少女こころの伝記 ,新学社・全家研 1988
  • 奔れ晋作! 長州維新風雲録 日本経済新聞社, 1990 のち廣済堂文庫
  • 冬の道 河出書房新社, 1990
  • 異説徳川家康 日本経済新聞社, 1991
  • 女院徳子の恋 日本経済新聞社, 1992
  • 八十年現身の記 新潮社, 1993
  • 新説徳川吉宗伝 ベストセラーズ, 1994
  • 川釣り礼賛 平凡社ライブラリー, 1995
  • 諸葛孔明がゆく 歴思書院, 1996

脚注[編集]

  1. ^ 榛葉英治『史疑徳川家康』p.236(雄山閣、1963年)