田岡典夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

田岡 典夫(たおか のりお、1908年9月1日 - 1982年4月7日)は高知県出身の小説家

来歴・人物[編集]

中国文学者・田岡嶺雲の甥。土佐中学、高知一中(現高知県立高知追手前高等学校)、東京府立一中(現東京都立日比谷高等学校)中退を経て、1926年早稲田第一高等学院に入学するも中退。のちパリに遊学し、帰国後は6代目尾上菊五郎の俳優学校に学ぶ。

菊池寛田中貢太郎に師事し、1943年に短篇『強情いちご』で直木賞受賞。戦時中は熱海市桃山に住み、近所の志賀直哉広津和郎たちと交際。土師清二の紹介で長谷川伸に師事し、戦後は新鷹会に参加。山本周五郎からライバル視され、「ディレッタンティズムみたいなものから抜けきれない。そこが彼の長所であると同時に、短所になっている」と批評された。1979年『小説野中兼山』で毎日出版文化賞受賞。

著書[編集]

  • しばてん 私家版 1938
  • 武辺土佐物語 大日本雄弁会講談社 1942
  • 九反帆口論 非凡閣 1943
  • 土佐勤皇党外史 第1-2部 淡海堂 1943-1944
  • 権九郎旅日記 土佐から江戸まで 大日本雄弁会講談社 1952
  • 権九郎江戸日記 大日本雄弁会講談社 1952
  • 南海水滸伝 世界社 1952
  • 権九郎遍歴日記 大日本雄弁会講談社 1953
  • シャムの嵐 偕成社 1954
  • 黄金の暦 豊文社 1954
  • 権九郎帰国日記 大日本雄弁会講談社 1954
  • 鍋墨長屋 同光社 1954
  • 七彩の剣 同光社 1955
  • 風折れ葦 土佐勤王党余聞 同光社 1955
  • 鯰女房 東方社 1955
  • 振袖天狗 同光社 1956
  • しばてん榎 同光社 1956 (大衆小説名作選)
  • へのへの茂平 桃源社 1957
  • 南洲西郷隆盛 講談社 1958 (少年少女日本歴史小説全集)
  • 姫 逸文土佐日記 六興出版部 1958
  • ポケットに手を突っこんで 光書房 1958
  • シバテン群像 講談社 1959 (ロマン・ブックス)
  • 四国路(編)宝文館 1959 (日本の風土記)
  • 南国風土記 光書房 1959
  • のっそり浪人 桃源社 1961
  • 腹を立てた武士たち 光風社 1965
  • 漢楚軍談 偕成社 1969
  • かげろうの館 新潮社 1971
  • 東海道中膝栗毛 平凡社 1973 (歴史と文学の旅)
  • 小説野中兼山 平凡社 1978-1979
  • ととまじり 文壇片隅四十年 平凡社 1981.2
  • 田岡典夫集 リブリオ出版 1998.11 (ポピュラー時代小説)

翻訳[編集]

  • ミセスミニヴァ ジャン・ストラッザー 紀伊国屋書店 1964