田中貢太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中貢太郎(たなか こうたろう、1880年(明治13年)3月2日1941年(昭和16年)2月1日)は日本の作家、号は桃葉。著作は伝記物、紀行文、随想集、情話物、怪談・奇談など多岐に渡る。

略歴[編集]

高知県長岡郡三里村(現:高知市仁井田)に生まれる。生家はかつて土佐藩御用達の船問屋だった。漢学塾に学び、代用教員、高知実業新聞社の記者を経て上京し、郷里の先輩大町桂月に1903年(明治36年)から終生師事した。他に田山花袋田岡嶺雲に師事、その著述活動を補佐した。同郷の幸徳秋水とも交流があった。1909年(明治42年)に、嶺雲最晩年の作品『明治叛臣伝』の大半を代筆、秋水が大逆事件で刑死した後に「秋水先生の印象」を記した。後に回想で「一歩間違えると自分も巻き込まれていただろう (大意)」と述べている。処女出版は『四季と人生』で1911年(明治44年)刊。

滝田樗陰に認められ大正期から『中央公論』「説苑(ぜいえん)」に、情話物、怪談話などを掲載した。共に連載していた村松梢風とは終生の友人だった。晩年の1934年(昭和9年)の8月より、同人誌『博浪沙 月刊随筆』を主宰、多くの作家たちを育てた。弟子や友人に井伏鱒二尾崎士郎田岡典夫富田常雄榊山潤らがいる(後期は田岡典夫が編集担当で1943年10月まで45号が発行された。なお1981年に4分冊で復刻された)。

多数の郷土史や、幕末明治維新期の資料編纂にも当たった。浜口雄幸(土佐出身)や、西園寺公望の伝記も執筆している。また土佐出身の言論人らしく「いごっそう気質」があり、「老臣田中光顕翁」(『中央公論』、1932年11月号に発表)で、田中光顕 『維新風雲回顧録』(土佐脱藩志士で元宮内大臣、口述筆記で1928年に公刊)を、「己を大きく見せるため粉飾した (大意)」と酷評。時には維新の顕官であっても直言・批判している。

1939年(昭和14年)に『林有造伝』を、取材執筆のため土佐に戻ったが、翌40年2月に宿泊先の安芸市の旅館で倒れ病が発覚、一時は持ち直し伝記は完成させたが、秋頃から再び病状が悪化、翌41年初頭に郷里(現在の高知市種崎で生家の近所)にて没した。生家跡に「田中貢太郎先生誕生地」の記念碑、近所の桂浜には「桃葉先生之碑」が建つ。高知県立図書館には、貢太郎の遺品・資料等が多数保存されている。 

著名作に、回顧記・紀行などの文集『貢太郎見聞録』、1929年から総計530回にわたり新聞連載された大作『旋風時代』、翻案物である『日本怪談全集』、『支那怪談全集』がある。ほかに論語大学・中庸などの経書に関する作品も著すなど、生前に五十数冊を刊行した。

とりわけ怪談物は蒐集と再著作に努め、総数は約五百編に及んでおり、今日まで度々再刊されている。中国古典小説では 、各時代の〈伝奇小説集〉や『紅楼夢』、『聊斎志異』、『剪灯新話』などを愛読し、特に短編集である後者2作品は一部自由訳を行っている。

著書[編集]

※比較的近年の刊行でまとまった著作のみ記す
  • 『日本怪談全集』全2巻 桃源社, 1970年
    • 『日本怪談全集』1~4巻で再刊 桃源社, 1974年
  • 『日本怪談実話』 桃源社, 1971年 再刊1974年
  • 『日本逸話全集』 桃源社, 1972年 再刊1978年
  • 『支那怪談全集』 桃源社, 1970年 再刊1975年
  • 『情鬼・朱唇』 桃源社, 1971年
  • 大衆文学大系10 田中貢太郎・正木不如丘』 講談社, 1972年、「旋風時代」を所収。
  • 『林有造伝』 土佐史談会, 1979年、復刻版
  • 『貢太郎見聞録』 中公文庫, 1982年、回想記、紀行文・随想を収録。
  • 『日本の怪談』 河出文庫 全2巻, 1985-87年
  • 『中国の怪談』 河出文庫 全2巻, 1986-87年
  • 叙情日本大震災史』 高山辰三と共編著、有明書房, 1993年、復刻版(初版は大正13年) 
  • 『日本怪談大全 田中貢太郎』(全5巻) 国書刊行会, 1995年 
    • 「女怪の館」、「幽霊の館」、「禽獣の館」、「犯罪の館」、「奇談の館」
  • 『田中貢太郎 旋風時代』 〈高知県昭和期小説名作集 第1~3巻〉 高知新聞社, 1995年
  • 蒲松齢 聊斎志異』 明徳出版社, 1997年、35篇を編訳・巻末に原文と公田連太郎の注。
  • 『大衆「奇」文学館 1 村の怪談』 勉誠出版, 1998年、解説志村有弘
  • 『怪奇・伝奇時代小説選集 3 新怪談集』 春陽文庫:春陽堂書店, 1999年、怪奇譚27篇を所収。
  • 『伝奇ノ匣 6 田中貢太郎 日本怪談事典』 東雅夫編、学研M文庫, 2003年
編著(1篇~4篇所収)