正木不如丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正木 不如丘(まさき ふじょきゅう、1887年2月26日 - 1962年7月30日)は、日本の作家、医師。本名・俊二(不如丘は俳号または筆名)。

略歴[編集]

長野県上水内郡長野村(現長野市)に旧上田藩士・正木直太郎の次男として生まれる。父は長野県師範学校埼玉県師範学校 香川県師範学校の各校長を歴任。母は旧岩村田藩士の娘。小学校時代に派遣教員の島木赤彦より俳句の影響を受け、その後文筆にも親しむ。

埼玉県師範学校附属小学校、旧制獨逸学協会中学第一高等学校を経て、1913年東京帝国大学医学部卒。福島市の福島共立病院副院長を経てパリパスツール研究所に学ぶ。帰国後慶應義塾大学医学部助教授。1925年慶大医学博士。1927年(昭和2年)東京帝国大学医学博士の学位取得。

医師としての生活の傍ら小説や随筆などが人気を博し、1923年宮田重雄椿八郎らと同人誌『脈』を出す。大正末年より探偵小説を書く。1926年より富士見高原療養所(現・JA長野厚生連富士見高原病院)初代院長となり、経済的に困窮する病院経営を筆で支えることもあった。1946年医師を引退、1948年創作の筆を絶つ。

著書[編集]

  • 診療簿余白 春陽堂 1923:信濃毎日新聞の懸賞小説に入選。以降、朝日新聞に連載。
  • 木賊の秋 春陽堂 1923
  • 法医学教室 春陽堂 1923
  • 三太郎 春陽堂 1923
  • とかげの尾 春陽堂 1924
  • 家庭医学読本 聚芳閣 1925
  • 詭弁勘弁 春陽堂 1925
  • 特志解剖 春陽堂 1925
  • 嵐 春陽堂 1925
  • 学用患者の手記 文芸春秋出版部 1926
  • 家庭治療読本 聚芳閣 1926
  • 王手飛車取り 春陽堂 1926
  • 吹雪心中 文芸春秋社出版部 1926
  • 髑髏の思ひ出 文藝春秋社出版部 1926.6
  • 小説漠留比涅 春陽堂 1926.8
  • 身体と食物 アルス 1927 (日本児童文庫)
  • 家庭医学と治療の実際 至玄社 1927
  • 湖心の恋 至玄社 1927
  • 桜さく国 春陽堂 1928
  • 子供生理衛生物語 興文社 1928 (小学生全集)
  • 日光療法 至玄社 1928
  • ゆがめた顔 現代ユウモア全集刊行会 1929
  • 処女性の本態 至玄社 1929
  • いろいろの健康法 帝国教育会出版部 1929 (現代生活叢書)
  • 診療室壁画 弘学館書店 1930
  • 綜合日光療法 三光書院 1930
  • 女ごゝろ 春陽堂 1931
  • 結婚改造 現代生活叢書 東京堂 1931
  • 家庭の医学と治療法 栗田書店 1932
  • 診療簿余白 第2 四条書房 1932
  • 生死無限 四条書房 1933
  • 療養三百六十五日 正木俊二 実業之日本社 1936
  • 野口英世 人類の恩人 新潮社 1936.6 (新傳記叢書)
  • 処女地帯 中央公論社 1938
  • 診療簿より 中央公論社 1938
  • 高原療養所 大日本雄弁会講談社 1942
  • 抗病教室 春陽堂 1942
  • 世界を開く科學者 大日本雄辯會講談社 1942.9
  • 勤労と健康の書 長尾出版報国会 1943
  • 高原・釣 民生書院 1946 「釣十二ケ月」民生書院
  • 海抜 右文社 1947
  • 小さな医学者 妙義出版 1949
  • じょうぶなからだ 筑摩書房 1953 (小学生全集)
  • 思われ人 結核医の手記 春陽堂書店 1954
  • 花の開落 朝日新聞社 1957
  • 正木不如丘作品集 第4巻 富士見出版社 1959
  • 正木不如丘作品集 全7巻 正木不如丘作品集刊行会 1967

翻訳[編集]

  • 洒落の精神分析 フロイド精神分析大系 アルス 1930

参考[編集]

  • 日本近代文学大事典

外部リンク[編集]