日本キリスト教婦人矯風会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本キリスト教婦人矯風会
KYOFUKAI Japan Christian Women's Organization
矯風会館
種類 公益財団法人
本社所在地 日本
169-0073
東京都新宿区百人町2-23-5
設立 1886年
業種 サービス業
売上高 1億573万7627円 (平成28年3月期予測)[1]
総資産 1億7823万2667円 (平成28年3月期予測)[1]
外部リンク http://kyofukai.jp/
テンプレートを表示

公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会(にほんキリストきょうふじんきょうふうかい)は、東京都新宿区百人町に本部を置く公益財団法人である。英語名は、Japan Christian Women's Organization。1886年(明治19年)に設立されたキリスト教系の日本の女性団体である。日本キリスト教協議会所属。

概要[編集]

1870年代の米国で禁酒運動を大々的に展開していたプロテスタント系の禁酒運動婦人団体「女性キリスト教禁酒連合(Women's Christian Temperance Union)」の日本支部として、矢嶋楫子らが組織した[2][3]

活動初期は禁酒禁煙運動、公娼制度の廃止運動(廃娼運動)、婦人参政権獲得運動に力を置いていた。1900年頃からの、かつての廃娼運動では、救世軍中央婦人救済部と共に婦人ホーム、職業紹介教育、人事相談、医療を行って、婦人を救済し正道に復帰せしめようとする活動を行っていた[4]関東大震災後は特に力を入れて活動を行い、単純な醜業婦は減っていったものの、その代わりとして「裏と表と二重の職業を持っている婦人」が増えていったとされる[5]

また、シベリアからのからゆきさん問題や帝国陸軍兵士の性病蔓延を改善するために、既にアメリカ軍では実績のあった禁酒と純潔生活を導入したいと考え、純潔運動を行った。当時の日本では、酒と女は軍隊につきものという考であったから、これらの常識に対する挑戦であった。1939年に純潔報国懇談会が設けられた際には廃娼運動の完成を求めた。[6]

現在は従軍慰安婦問題、靖国神社問題、戦後補償問題、天皇制問題、外国人住民基本法案制定運動、ジェンダーフリーポルノグラフィ規制運動などに取り組んでいる[7][8][9]。運営施設として女性向けシェルターの女性の家HELP矯風会ステップハウスがある。機関誌は「婦人新報」(隔月発行)[10]。関連団体として、ECPAT/ストップ子ども買春の会「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センターなどがある[11]

活動内容[編集]

政治活動[編集]

2000年に、性・人権部の東海林路得子(女性の家HELPディレクター、矯風会ステップハウス所長)が事務局長を務める「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク(VAWW-NETジャパン)を支援し[12]、太平洋戦争中における日本軍による強姦事件や従軍慰安婦問題の責任は日本国および昭和天皇にあるとした女性国際戦犯法廷の開催に協力した[13]。元慰安婦の韓国人女性と韓国挺身隊問題対策協議会などによる日本政府に対する抗議集会「水曜デモ」の支援も行なっている[14]

児童買春・ポルノ禁止法1999年成立)には、性・人権部の幹事である宮本潤子と斎藤恵子が共同代表を務めているECPAT/ストップ子ども買春の会を通じて関わっている[15][16]2008年3月、日本ユニセフ協会などが児童ポルノの単純所持規制ならびにアニメやマンガなどに対する規制を求めて実施した「なくそう!子どもポルノキャンペーン」においては賛同団体として名を連ねた[17][18]

会には、異論を述べる者に対する非寛容が指摘されている[19]

選択的夫婦別姓制度の導入推進[編集]

女性の多様な生き方に対して、婚姻による姓の問題、現状の民法において夫婦別姓を認められていないことが多くの女性に不利を強いている、国際社会からも度々勧告を受けているなど国際的にも男女の不平等が指摘されている、という主張に基き、選択的夫婦別姓制度を導入を求め、民法の改正を求める活動を行っている[20]

従軍慰安婦の問題化を推進[編集]

慰安婦を外交問題にするため、高橋喜久江会長は韓国挺身隊問題対策協議会尹貞玉千田夏光の慰安婦に関する本を送り、この本の内容に憤慨させることに成功。高橋は「火付け役」を自認し、日本キリスト教婦人矯風会は韓国挺身隊問題対策協議会と歩調を合わせて、慰安婦問題の拡散を促進した[21][22]。初期の慰安婦問題にかかわった舘雅子は、この動きについて、反男性運動として始まり、反体制運動へ、そして反日運動へと変わって行ったと振り返っている[23]。また、高橋は女子挺身隊を従軍慰安婦と報じて問題視されている元朝日新聞社記者を講師として雇用することを北星学園大学に求める運動の支援している[24]。2015年に慰安婦問題日韓合意が成立すると「被害者の方々の思いを無視し、国家間の政治的決着を狙った日韓 合意を私たちは受け入れることはできない」と抗議声明を政府に送った。[25]

沿革[編集]

1886年に、アメリカの禁酒運動婦人団体「Women's Christian Temperance Union」(WCTU)の日本支部として、ミッションスクール女子学院の校長だった矢島楫子を会頭に東京婦人矯風会が設立され、「海外醜業婦(売春婦)の取り締まり、一夫一婦制の建白、『集会及政社法』の反対」などの活動をした。WCTUは、禁欲純潔を通じてキリスト教福音主義に基づいた社会を築き上げることを目的にアメリカで設立されたプロテスタント団体で、ロビー活動を含むその抗議行動は女性による初の大きな社会運動となった[26]。日本では女性解放につながる強力な圧力団体として、救世軍廓清会などとともに、女性の支持を集めていった。

1893年に、世界の平和、純潔、酒害防止を三大目標として、日本キリスト教婦人矯風会として全国組織を確立[27]、初期メンバーには佐々城豊寿などがいた[28]。当時は、他の多くの宗教団体がそうであったように、天皇崇拝、戦争支持を表明して会員を増やし、日露戦争時には、米西戦争のときのアメリカ本部の運動に倣って、戦地の兵士に必要物資とともに聖書や清風会軍人課入会勧誘書を同封した慰問袋を送る運動をしたり[29]、禁煙・断酒して戦費を捻出しようと提唱したりした[30]。また、足尾鉱毒事件の際には協力を要請され、「鉱毒地婦人救済会」を作って支援した[31]

廃娼運動に精力的に取り組み,婦人参政権運動にも助力するなど[32]、婦人の地位向上に大いに寄与したが、方法において問題視する知識人も少なくなかった。例えば、与謝野晶子は、婦人運動に理解を示しながらも、矯風会に代表される宗教的不道徳観のみにより他人を断罪するキリスト教的な処罰主義に疑問を呈し[33]、また、宮本百合子は、同会が農民の貧困構造の本質を説かないまま、社会機構に疎い層を動員していることへの不満を述べている[34][35]。第二次大戦後は、禁酒の方針を撤回し、飲酒運転や依存症など酒害対策に取り組むために本部から独立[36]。外国人部にはライシャワー駐日大使の母親や外国人宣教師が所属した。猥褻文書であるかを争った1952年チャタレー事件の裁判では、会員のガントレット恒子らが出廷し、出版社や著者に対して抗議を行なった[37]

人物[編集]

歴代会頭[編集]

初代会頭の矢島楫子

歴代理事長[編集]

支援者[編集]

  • 徳富蘇峰 - 蘇峰の叔母(母の妹)が矯風会会長の矢嶋楫子で、講演録『婦女禁売論』を矯風会より出版するなど支援していた[38]
  • 根本正
  • 松本烝治
  • 小泉信三 - クリスチャンであり、矯風会の後援会長として本部会館建設の募金集めなどに協力した[39]

明治の知識人や文化人、とくに欧州渡航経験者はキリスト教的価値観を日本の因習を打破する手段として捉える傾向があったため、宗教的なものというより、進取の態度の表明として支援することがあった。

会員[編集]

関連文献[編集]

  • 『禁煙運動の歴史』日本キリスト教婦人矯風会編、日本キリスト教婦人矯風会、1980年
  • 『日本キリスト教婦人矯風会百年史』日本キリスト教婦人矯風会編、ドメス出版、1987年。
  • 『婦人新報』日本キリスト教婦人矯風会編、不二出版、1985-1986年 (1888年~1958年分の機関誌復刻)。
    機関誌『婦人新報』は、以降の分が現在にいたるまで継続的に国会図書館に納本されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 収支予算書 (正味財産増減予算書) 2015年 4月 1日から2016年 3月31日まで
  2. ^ デジタル大辞泉
  3. ^ 基督教婦人矯風会 kotobank
  4. ^ 日本社会政策史論 P.311 海野幸徳 1931年
  5. ^ 東京人の堕落時代 夢野久作 1925年
  6. ^ 日本キリスト教婦人矯風会百年史
  7. ^ 日本キリスト婦人矯風会ホームページ 活動内容
  8. ^ 矯風会について
  9. ^ [婦人新報2009年12月号]
  10. ^ 日本キリスト婦人矯風会ホームページ 矯風会の出版物
  11. ^ 日本キリスト婦人矯風会ホームページ 活動内容
  12. ^ 日本キリスト教婦人矯風会ホームページ 日本キリスト婦人矯風会関係団体
  13. ^ 「女性国際戦犯法廷」賛同団体
  14. ^ 韓国水曜デモ1000回アクションに賛同・参加を!
  15. ^ 日本キリスト教婦人矯風会ホームページ 日本キリスト婦人矯風会関係団体
  16. ^ ECPAT/ストップ子ども買春の会ホームページ
  17. ^ 日本ユニセフ協会・特集 子どもポルノから子どもを守るために 賛同団体 日本ユニセフ協会、2011年01月19日閲覧
  18. ^ アニメ・漫画・ゲームも「準児童ポルノ」として違法化訴えるキャンペーン Itmedia、2011年01月19日閲覧
  19. ^ 《(挺身隊問題アジア連帯会議で)インドに住むタイ人女性が「日本軍さえたたけばいいのか。インドに来た英国兵はもっと悪いことをしたのに」と涙ながらに訴えると、日本語の怒鳴り声が会場に響いた。「黙りなさい。余計なことをいうな!」・・。舘(舘雅子)によると、声の主は日本キリスト教矯風会メンバーで「売春問題ととりくむ会」事務局員を務める高橋喜久江》産経新聞 2014年5月25日
  20. ^ http://kyofukai.jp/archives/1203
  21. ^ 矯風会元会長の高橋喜久江さん、北星学園大学の決定を評価 [1] "『日本キリスト教婦人矯風会 年表<一八八六年〜二〇〇六年>』には、1990年12月、「韓国挺身隊問題対策協議会に協力、資料情報送付。尹貞玉挺対協共同代表を迎え集会開催、来日活動に協力」と記されている。"
  22. ^ 上野輝将 - 女性学評論 日本軍性奴隷制 (「従軍慰安婦」) 問題と最近の動向 (< 特集> 戦後 60 年・ポスト北京の 10 年) [1]
  23. ^ 産経新聞 2014.5.25 12:59 【歴史戦 第2部 慰安婦問題の原点(5)後半】火付け、たきつけた日本人たち [2]
  24. ^ 矯風会元会長の高橋喜久江さん、北星学園大学の決定を評価 [3]
  25. ^ 日本軍「慰安婦」問題に関する日韓外相会談に対する声明 [4]
  26. ^ Woman's Christian Temperance Union、Wikipedia English
  27. ^ 婦人矯風会 kotobank
  28. ^ 黒岩比佐子『編集者国木田独歩の時代』角川学芸出版, 2007
  29. ^ 『明治のお嬢さま』 黒岩比佐子 角川学芸出版, 2008, p210
  30. ^ 『天皇とキリスト:近現代天皇制とキリスト教の教会史的考察』土肥昭夫 新教出版社, 2012
  31. ^ 木下尚江『自由の使徒・島田三郎』青空文庫 
  32. ^ 婦人矯風会 kotobank
  33. ^ 与謝野晶子『新婦人協会の請願運動』青空文庫
  34. ^ 宮本百合子『村からの娘』青空文庫
  35. ^ 宮本百合子『若き世代への恋愛論』青空文庫
  36. ^ 『宗教学事典』丸善出版, 2010
  37. ^ 『裁判』伊藤整, 伊藤礼、晶文社, 1997
  38. ^ 『婦女禁売論』 徳富蘇峰述 (廓清会婦人矯風会廃娼聯盟, 1929)
  39. ^ 『小泉信三伝』今村武雄, 富田正文、文藝春秋, 1983

関連項目[編集]

外部リンク[編集]