大島真寿美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大島 真寿美
(おおしま ますみ)
誕生 (1962-09-19) 1962年9月19日(59歳)
日本の旗 愛知県名古屋市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 南山短期大学人間関係科
活動期間 1992年 - 現在
主な受賞歴 文學界新人賞(1992年)
直木三十五賞(2019年)
高校生直木賞(2020年)
デビュー作 『宙の家』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

大島 真寿美(おおしま ますみ、1962年9月19日[1] - )は、日本小説家

人物・来歴[編集]

愛知県名古屋市出身。愛知県立昭和高等学校を経て[2]南山短期大学人間関係科卒業[3]

高校在学中より脚本の執筆を開始。1985年より劇団「垂直分布」主宰(1992年解散)、脚本・演出を担当[3]

小説家へ転身し、高校在学中の講演会で卒業生の山田正紀から受けた助言に従って新人賞への応募を開始[4]1992年「春の手品師」で第74回文學界新人賞受賞。同年すばる文学賞最終候補となった『宙の家』が刊行される。2012年『ピエタ』で第9回本屋大賞第3位。2014年『あなたの本当の人生は』で第152回直木三十五賞候補。2019年、初めて時代小説に挑戦した『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』で第161回直木三十五賞、第7回高校生直木賞を受賞。

いきつけの書店として名古屋市瑞穂区の七五書店を挙げている[5][6]。七五書店では2012年頃から大島の作品コーナーを設置している[6]

作品リスト[編集]

  • 『宙の家』(1992年11月 集英社 / 2006年12月 角川文庫
    • 宙の家(第15回すばる文学賞候補作)
    • 空気(『すばる』1992年9月号)
  • 『ぼくらのバス』(1997年3月 偕成社 / 2007年5月 ピュアフル文庫
  • 『ココナッツ』(1999年7月 偕成社)
  • 『羽の音』(2001年5月 理論社 / 2009年12月 ポプラ文庫
  • 『水の繭』(2002年7月 角川書店 / 2005年12月 角川文庫)
  • 『チョコリエッタ』(2003年3月 角川書店 / 2009年3月 角川文庫)
  • 『かなしみの場所』(2004年6月 角川書店 / 2015年2月 角川文庫)
  • 『ちなつのハワイ』(2004年7月 教育画劇 / 2010年2月 ポプラ文庫ピュアフル)
  • 『空はきんいろ フレンズ』(2004年9月 偕成社 / 2008年5月 ピュアフル文庫)
  • 『香港の甘い豆腐』(2004年10月 理論社 / 2011年6月 小学館文庫
  • 『ほどけるとける』(2006年7月 角川書店 / 2019年12月 角川文庫)
  • 虹色天気雨』(2006年10月 小学館 / 2009年1月 小学館文庫)
  • 『青いリボン』(2006年11月 理論社 / 2011年12月 小学館文庫)
  • 『ふじこさん』(2007年6月 講談社 / 2012年2月 講談社文庫
    • ふじこさん(書き下ろし)
    • 夕暮れカメラ(『小説現代』2005年7月号)
    • 春の手品師(『文學界』1992年6月号)
  • 『やがて目覚めない朝が来る』(2007年11月 ポプラ社 / 2015年1月 ポプラ文庫)
  • 『すりばちの底にあるというボタン』(2009年2月 講談社)
  • 『三人姉妹』(2009年4月 新潮社 / 2012年2月 新潮文庫) 
  • 『戦友の恋』(2009年11月 角川書店 / 2012年1月 角川文庫)
  • ビターシュガー』(2010年6月 小学館 / 2011年10月 小学館文庫)
  • 『ピエタ』(2011年2月 ポプラ社 / 2014年2月 ポプラ文庫)
  • 『それでも彼女は歩きつづける』(2011年10月 小学館 / 2014年8月 小学館文庫) 
  • 『ゼラニウムの庭』(2012年9月 ポプラ社 / 2015年12月 ポプラ文庫)
  • 『三月』(2013年9月 光文社 / 2017年2月 ポプラ文庫)
  • 『ワンナイト』(2014年3月 幻冬舎
  • 『あなたの本当の人生は』(2014年10月 文藝春秋 / 2017年10月 文春文庫
  • 『空に牡丹』(2015年9月 小学館 / 2019年6月 小学館文庫)
  • 『ツタよ、ツタ』(2016年10月 実業之日本社 / 2019年12月 小学館文庫)
  • 『モモコとうさぎ』(2018年2月 KADOKAWA / 2021年1月 角川文庫)
  • 『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(2019年3月 文藝春秋 / 2021年8月 文春文庫)
  • 『結 妹背山婦女庭訓 波模様』(2021年8月 文藝春秋)

映像化作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『文藝年鑑』2016
  2. ^ 「チョコリエッタ」試写会が本校で開催されました”. 愛知県昭和中学校・愛知県立昭和高等学校同窓会 公式ブログ (2015年3月23日). 2019年5月3日閲覧。
  3. ^ a b 大島, 真寿美 (2010年8月25日). 作家の読書道 第106回:大島真寿美さん その3「劇団を旗揚げ」. インタビュアー:瀧井朝世. p. 3. WEB本の雑誌(本の雑誌社/博報堂).. http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi106_ooshima/20100825_3.html 2019年5月3日閲覧。 
  4. ^ 大島, 真寿美 (2010年8月25日). 作家の読書道 第106回:大島真寿美さん その3「劇団を旗揚げ」. インタビュアー:瀧井朝世. p. 2. WEB本の雑誌(本の雑誌社/博報堂).. http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi106_ooshima/20100825_2.html 2019年5月3日閲覧。 
  5. ^ 「大島さん直木賞受賞 地元書店はバンザイ」『読売新聞』2019年7月18日
  6. ^ a b 柏樹利弘「大島真寿美さんが通った名古屋の書店 直木賞に涙」『朝日新聞』2019年7月18日