西條奈加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西條 奈加
(さいじょう なか)
誕生 (1964-11-09) 1964年11月9日(57歳)
日本の旗 北海道中川郡池田町
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京英語専門学校卒業
活動期間 2005年 -
ジャンル 時代小説
ファンタジー
ミステリー
主な受賞歴 日本ファンタジーノベル大賞大賞(2005年)
中山義秀文学賞(2012年)
吉川英治文学新人賞(2015年)
直木三十五賞(2021年)
デビュー作 『金春屋ゴメス』(2005年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

西條 奈加(さいじょう なか、1964年11月9日[1] - )は、日本小説家

略歴[編集]

1964年北海道中川郡池田町に生まれる[2]音更町立下音更小学校・中学校、北海道帯広三条高等学校を経て、東京英語専門学校を卒業[3][4]。貿易会社勤務を経る[1]2005年、『金春屋ゴメス』が第17回日本ファンタジーノベル大賞大賞を受賞しデビューする[5]2012年、『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞を受賞[6]2015年、『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞を受賞。2021年、『心淋し川』で第164回直木三十五賞を受賞[7][8]

主に時代小説を得意とする。初期はファンタジー要素のある時代小説であったが後に一般の時代小説に移行する。

作品リスト[編集]

単著[編集]

金春屋シリーズ[編集]

  • 金春屋ゴメス(2005年11月 新潮社 / 2008年10月 新潮文庫 / 2022年7月 新潮文庫nex
  • 芥子の花 金春屋ゴメス(2006年9月 新潮社)
    • 【改題】異人村阿片奇譚 金春屋ゴメス(2009年5月 新潮文庫)

善人長屋シリーズ[編集]

  • 善人長屋(2010年6月 新潮社 / 2012年9月 新潮文庫)
    • 収録作品:善人長屋 / 泥棒簪 / 抜けずの刀 / 噓つき紅 / 源平蛍 / 犀の子守歌 / 冬の蟬 / 夜叉坊主の代之吉 / 野州屋の蔵
  • 閻魔の世直し 善人長屋(2013年3月 新潮社 / 2015年9月 新潮文庫)
  • 大川契り 善人長屋(2014年11月 新潮社 / 2018年7月 新潮文庫)
    • 収録作品:泥つき大根 / 弥生鳶 / 兎にも角にも / 子供質 / 雁金貸し / 侘梅 / 鴛鴦の櫛 / 大川契り

神楽坂日記シリーズ[編集]

  • 無花果の実のなるころに(2011年2月 東京創元社
    • 【改題】無花果の実のなるころに お蔦さんの神楽坂日記(2013年9月 創元推理文庫
      • 収録作品:罪かぶりの夜 / 蟬の赤 / 無花果の実のなるころに / 酸っぱい遺産 / 果てしのない噓 / シナガワ戦争
  • いつもが消えた日 お蔦さんの神楽坂日記(2013年11月 東京創元社 / 2016年8月 創元推理文庫)
  • みやこさわぎ お蔦さんの神楽坂日記(2016年10月 東京創元社 / 2019年7月 創元推理文庫)
    • 収録作品:四月のサンタクロース / みやこさわぎ / 三つ子花火 / アリのままで / 百合の真贋 / 鬼怒川便り / ポワリン騒動
  • よろずを引くもの お蔦さんの神楽坂日記(2022年5月 東京創元社)
    • 収録作品:よろずを引くもの / ガッタメラータの腕 / いもくり銀杏 / 山椒母さん / 孤高の猫 / 金の兎 / 幸せの形

南星屋シリーズ[編集]

  • まるまるの毬(2014年6月 講談社 / 2017年6月 講談社文庫
    • 収録作品:カスドース / 若みどり / まるまるの毬 / 大鶉 / 梅枝 / 松の風 / 南天月
  • 亥子ころころ(2019年6月 講談社 / 2022年6月 講談社文庫)
    • 収録作品:夏ひすい / 吹き寄せる雲 / つやぶくさ / みめより / 関の戸 / 竹の春 / 亥子ころころ

その他の作品[編集]

  • 烏金(2007年7月 光文社 / 2009年12月 光文社文庫
  • 恋細工(2009年4月 新潮社 / 2011年9月 新潮文庫)
    • 【改題】千両かざり―女細工師お凜―(2020年9月 新潮文庫)
  • はむ・はたる(2009年8月 光文社 / 2012年3月 光文社文庫)
    • 収録作品:あやめ長屋の長治 / 猫神さま / 百両の壺 / 子持稲荷 / 花童 / はむ・はたる / 登美の花婿
  • 御師弥五郎 お伊勢参り道中記(2010年10月 祥伝社 / 2014年2月 祥伝社文庫
  • 四色(よしき)の藍(2011年5月 PHP研究所 / 2014年11月 PHP文芸文庫
  • 涅槃の雪(2011年9月 光文社 / 2014年8月 光文社文庫)
  • 朱龍哭く 弁天観音よろず始末(2012年2月 講談社)
    • 【改題】世直し小町りんりん(2015年5月 講談社文庫)
  • 千年鬼(2012年6月 徳間書店 / 2015年8月 徳間文庫
  • 三途の川で落しもの(2013年6月 幻冬舎 / 2016年12月 幻冬舎文庫
  • 上野池之端 鱗や繁盛記(2014年3月 新潮社 / 2016年10月 新潮文庫)
    • 収録作品:蛤鍋の客 / 桜楼の女将 / 千両役者 / 師走の雑煮 / 春の幽霊 / 八年桜
  • 六花落々(りっかふるふる)(2014年12月 祥伝社 / 2017年10月 祥伝社文庫)
  • 睦月童(2015年2月 PHP研究所 / 2018年12月 PHP文芸文庫
    • 収録作品:睦月童 / 狐火 / さきよみ / 魔物 / 富士野庄 / 赤い月 / 睦月神
  • ごんたくれ(2015年4月 光文社 / 2018年1月 光文社文庫)
  • 秋葉原先留交番ゆうれい付き(2015年10月 KADOKAWA / 2018年4月 角川文庫
  • 九十九藤(2016年2月 集英社 / 2018年9月 集英社文庫
  • 刑罰0号(2016年8月 徳間書店 / 2020年2月 徳間文庫)
  • 猫の傀儡(2017年5月 光文社 / 2020年5月 光文社文庫)
    • 収録作品:猫の傀儡 / 白黒仔猫 / 十市と赤 / 三日月の仇 / ふたり順松 / 三年宵待ち / 猫町大捕物
  • 銀杏手ならい(2017年11月 祥伝社 / 2020年9月 祥伝社文庫)
  • 無暁の鈴(2018年5月 光文社 / 2021年4月 光文社文庫)
  • 雨上がり月霞む夜(2018年11月 中央公論新社 / 2021年11月 中公文庫
  • 永田町 小町バトル(2019年1月 実業之日本社 / 2021年6月 実業之日本社文庫
  • 隠居すごろく(2019年3月 KADOKAWA / 2022年2月 角川文庫)
  • せき越えぬ(2019年11月 新潮社 / 2021年9月 新潮文庫)
  • わかれ縁(2020年2月 文藝春秋
  • 心淋し川(2020年9月 集英社)
  • 曲亭の家(2021年4月 角川春樹事務所
  • 婿どの相逢席(2021年6月 幻冬舎)
  • 六つの村を越えて髭をなびかせる者(2022年1月 PHP研究所)

アンソロジー[編集]

「」内が西條奈加の作品

  • 日本の作家60人 太鼓判!のお取り寄せ(2011年6月 講談社)※エッセイアンソロジー「サワーポメロ」
  • 平成二十五年度(59) 代表作時代小説 生きざまに熱き思いを重ね合わせ(2013年6月 光文社)「梅枝」
  • 江戸猫ばなし(2014年9月 光文社文庫)「猫の傀儡」
  • なさけ 〈人情〉時代小説傑作選(2018年3月 PHP文芸文庫)「善人長屋」
  • てしごと 時代小説アンソロジー おんな職人日乗(2020年1月 徳間書店)「姉妹茶屋」
  • ねこだまり 〈猫〉時代小説傑作選(2020年2月 PHP文芸文庫)「猫神さま」
  • 商売繁盛 時代小説アンソロジー(2020年11月 角川文庫)「千両役者」
  • 朝日文庫時代小説アンソロジー なみだ(2021年6月 朝日文庫)「カスドース」
  • わらべうた 〈童子〉時代小説傑作選(2021年7月 PHP文芸文庫)「花童」
  • ふしぎ 〈霊験〉時代小説傑作選(2021年9月 PHP文芸文庫)「睦月童」
  • 朝日文庫時代小説アンソロジー わかれ(2022年3月 朝日文庫)「十市と赤」
  • 味比べ 時代小説アンソロジー(2022年3月 角川文庫)「カスドース」

出典[編集]