石井章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石井 章
いしい あきら
生年月日 (1957-05-06) 1957年5月6日(62歳)
出生地 日本の旗茨城県
出身校 専修大学法学部法律学科
前職 取手市議会議員
藤代町議会議員
現職 参議院議員
経済産業委員会理事
倫理選挙特別委員会委員
社会福祉法人理事長
所属政党民主党小沢グループ)→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
日本維新の会→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
公式サイト 日本維新の会茨城維新の会代表 石井章

選挙区 比例北関東ブロック
当選回数 1回
在任期間 2009年 - 2012年11月16日

選挙区 参議院比例区
当選回数 1回
在任期間 2016年7月26日 -

当選回数 1回
在任期間 2005年 - 2009年

当選回数 4回
在任期間 1990年 - 2005年
テンプレートを表示

石井 章(いしい あきら、1957年5月6日 - )は、日本政治家日本維新の会所属の参議院議員(1期)。早稲田大学社会システム工学研究所客員研究員。日本維新の会国会議員団国会対策副委員長

衆議院議員(1期)、取手市議会議員、旧藤代町議会議長などを歴任。

経歴[編集]

茨城県出身。土浦第一高等学校専修大学法学部法律学科卒業。

1990年、藤代町議に初当選。2005年、藤代町の取手市への編入に伴い取手市議会議員。

2009年8月、第45回衆議院議員総選挙民主党から比例北関東ブロック単独31位で出馬し初当選。2010年10月、早稲田大学社会システム工学研究所客員研究員に就任。2011年2月17日、民主党政権交代に責任を持つ会の事務局長に就任。国土交通委員会委員、議院運営委員会委員、また民主党「全国子ども会連合会等の活動を支援する議員連盟」事務局長、民主党「トラック議員連盟」事務局長を歴任。

2012年消費増税をめぐる政局では、野田内閣による消費増税法案の閣議決定に抗議して企業団体対策副委員長の辞表を提出し、4月23日の党役員会で受理された[1]。6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決では、党の賛成方針に反して反対票を投じた[2][3]。7月2日には山岡賢次らを介して離党届が提出された[4][5][6]。民主党は7月3日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とする方針を決定し[7][8][9][10][11]、7月9日の常任幹事会で正式決定した[12][13][14]

同年7月11日国民の生活が第一結党に参加した。同年12月16日第46回衆議院議員総選挙日本未来の党公認で比例北関東ブロック単独5位で出馬するも落選。

2013年6月の第23回参議院議員通常選挙日本維新の会公認で茨城県選挙区から出馬するも得票率11.0%、定数2に対して候補者6人中4位で落選。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙維新の党公認で茨城3区から出馬するも落選。

2016年7月の第24回参議院議員通常選挙おおさか維新の会公認で比例区から出馬し[15][16]、50,073票を獲得、党内得票順位4位で当選[17]、国政に復帰した。

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[18]

人物[編集]

  • 趣味は、子供たちと触れ合うこと、野球、スキー。
  • 藤代町議、取手市議時には自身の経験を生かし、特に青少年の健全育成と教育に熱心に取り組み、茨城県子ども会育成連合会理事、取手市子ども会育成連合会等を務め、500人規模のサマーキャンプを毎年実施するなど、地域の子ども達の育成に力を注いだ。衆議院議員時代は、民主党「全国子ども会連合会等の活動を支援する議員連盟」の事務局長等を務め、そのフィールドを全国規模に拡げて活動した。
  • 25歳の時に友人と茨城県内における第2号店のセブンイレブンをオープンした。

不祥事[編集]

暴力団が組織的に関与した不正投票事件[編集]

  • 1991年の藤代町議選で支援者による架空転入や替え玉を使った不正投票が発覚、後援会長ら7人が逮捕される[19]暴力団の組織的関与も判明し[20]、町議会で議員辞職勧告決議法的拘束力なし)が可決される事態となった[21]。石井は町議会と町関係の役職を辞任した[22]が議員辞職はしなかった[23]

出典[編集]

  1. ^ “<民主党>「小沢系」の辞表受理”. 毎日新聞. (2012年4月23日). オリジナルの2012年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120426085016/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000110-mai-pol 
  2. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  3. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  4. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  5. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  6. ^ “離党届を提出した衆参議員一覧…小沢ガールズも”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705002041/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000620-yom-pol 
  7. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  8. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  9. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  10. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  11. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  12. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  13. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  14. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  15. ^ “参院選:石井氏、おおさか維新から出馬へ 「比例も視野」 /茨城”. 毎日新聞. (2015年12月27日). https://mainichi.jp/articles/20151227/ddl/k08/010/154000c 
  16. ^ “おおさか維新から石井氏が出馬表明”. 東京新聞. (2016年3月28日). オリジナルの2016年3月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160331051304/http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201603/CK2016032802000173.html 
  17. ^ “【参院選】おおさか維新の最終当選者は石井章氏”. 産経新聞. (2016年7月11日). http://www.sankei.com/politics/news/160711/plt1607110110-n1.html 
  18. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  19. ^ 「架空転入者に投票依頼容疑で会社員を逮捕 茨城」ほか 朝日新聞 1991年12月7日、8日、10日、11日、18日、20日、28日
  20. ^ 「不正投票巡り暴力団組事務所捜索 茨城・藤代町議選」ほか 朝日新聞 1991年12月10日、11日、18日
  21. ^ 「石井町議の辞職勧告決議 町議選の不正投票で藤代町議会 茨城」 朝日新聞 1991年12月21日
  22. ^ 「石井章町議、役職辞任 町議会が捜査依頼 茨城・藤代町の架空転入疑惑」 朝日新聞 1991年10月24日
  23. ^ 『「民主党」問題議員のトラブル案件』 週刊新潮 2009年11月12日号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]