ブラックエンペラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブラックエンペラーは、1960年代末頃から1992年にかけて存在した日本暴走族本間優二蛯澤賢治イカンガー岩崎[1]金崎浩之[2][3]宇梶剛士[4][5]松嶋クロス[6]などが所属していた。

来歴[編集]

結成後、暴走族最盛期の1970年代を迎え、『マッドスペシャル』、『上町小次郎』、および『鬼面党』などのグループとともに暴走族の連合体『関東連合』を組成[7]。1970年代末にはメンバー数が2,000人を超える大規模な暴走族になり、総本部を国立市から新宿区へ移行。

1976年、ドキュメンタリー映画『ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR』が制作され、知名度が上がると、東京都内をはじめとして、千葉県神奈川県茨城県などの関東地域や、遠く静岡県愛知県に勢力を拡大した。中でも千葉県においては茂原市の『赫夜姫』(かぐやひめ)と名乗っていた既存のグループと合併し、千葉県内の勢力を拡大した。

1982年にはドキュメンタリー映画『俺たちの生きた時間』が制作された。当時はツッパリブームもあり、この映画は一般劇場でも上映された。そのころには世田谷区下北沢が総本部となっていたが、時代の流れとともに衰退、1992年、25代目総長の時期をもって総本部は解散している。

1977年11月にはメンバーのうち約500名が指定団体とされ、取り締まりが強化され[8]、23名が凶器準備集合暴力行為の容疑で検挙された[9]。1978年8月26日夜から翌朝にかけて世田谷区で58名が道路交通法および道路運送車両法違反の容疑で検挙された[10]。1979年5月27日未明には杉並区公務執行妨害および道路交通法に関わる事件を起こし後に43名が摘発されている[11]

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 五代目 総長『塀の中の懲りない少年たち』(映画『クレイジーボーイズ』の原作)著者
  2. ^ 著書、および『ヤンキー弁護士 金崎浩之 略歴 プロフィール』にて、ブラックエンペラーに所属していたことを明言している。
  3. ^ ブラックエンペラー公式サイトにおいて、「活躍中の方」と紹介されている。
  4. ^ 実話ナックルズ2004年10月号にて「元ブラックエンペラーリーダー」として取材を受けている。
  5. ^ ブラックエンペラー公式サイト内七代目 宇梶剛士総長による。
  6. ^ 実話マッドマックス参照
  7. ^ 『第7回 六本木クラブ撲殺事件と「関東連合幻想」』 2012年9月14日 久田将義 MSNドニッチ!
  8. ^ 『朝日新聞』 1977年11月17日
  9. ^ 『朝日新聞』 1977年11月30日夕刊
  10. ^ 『朝日新聞』 1978年8月28日
  11. ^ 『朝日新聞』 1979年6月14日夕刊

参考文献[編集]

外部リンク[編集]