チーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チーマー(teamer[1])は、日本で集団で徒党を組み、街でたむろしたり恐喝窃盗暴力などの反社会的行為などを行う者。集団としてはチームチーマーグループなどと呼ばれる[2]。チーマーという言葉は、「仲間、組織、集団」などを意味する“team”(チーム)に、“-er”をつけた造語(和製英語)である[1]不良少年のスタイルとしては、従来からあるヤンキー暴走族、または後発のカラーギャングとは、いくつかの点から区別されている(後述)。

概要[編集]

1980年代中頃から1990年代前半頃に、東京渋谷中学生高校生[3]不良少年少女達が、アメリカ映画ウォリアーズ』『アウトサイダー』などに影響されて、ストリートギャングを模倣したグループと勘違いされるが、地元の中高生が渋谷公園通りに集まった事が発端となっている[4]。彼らは、渋谷センター街などでたむろしてグループ同士で抗争を行ったり、一般人に喧嘩を売る、パーティー券などの押し売りをする、等を行うようになり[5]、こうした若者やそのグループが自らのグループを「チーム」と呼んでいたことからチーマーと呼ばれるようになった。初めは渋谷でみられた事象だけを指していたが、後にそれ以外の地域の類似グループもそう呼ばれるようになる[5][6][7]。一説によるとチーマーという言葉は1989年に作られたとされている[1]。初期のチーマーは裕福な家庭の付属学校の学生で構成されていたが、徐々に暴走族に入るような富裕層以外の若者も影響され、チーマーとして活動するようになったと言われる。

1992年から1993年頃の渋谷では、店舗が軒並み閉店した深夜の渋谷センター街を大量のチーマーが占拠する事態に発展していた。なお、1990年前後には深夜営業を行う店舗が多かった渋谷センター街が、同時期に先述のように軒並み閉店する状況に変化したのは、チーマーの流行により多発したトラブルの影響によるものである。渋谷商店会の有志が見回りをする様になり減っていった。

有名なチーム名[編集]

ファンキース、ウィナーズ、ウォリアーズ(元祖ストリートチーム)、ヤンクス、ノーティーズ、フィクサーズ、アリゲーターズ、エンジェルス、イラプション、アップジョン、ジャンキーズ、バブルス、マムシーズ、湖池屋、渋谷変態倶楽部、AMG、宇田川警備隊などがあった。バブル崩壊後はPBB、ブットバス、トップJなどが有名。

他の不良グループとの違い[編集]

チーマーの愛好アイテムとされた革ジャン

ヤンキーや暴走族も集団で徒党を組み街でたむろすることはあるが、これらとチーマーとの違いは主にメンバー達が好むファッションにあると考えられる。 ゴローズやネイティブインディアンジュエリーを好み、80年代はアヴィレックスなどフライングジャケット、90年代はバンソンショットなどニューヨークスタイルに変わっていった。

チーマーは、リーバイス501などのジーンズエンジニアブーツ古着などの、いわゆるアメカジ(当時は「渋カジ」)と呼ばれるストリートファッションを好むものが多く[4]ロン毛でヘアバンドをするのがトレンドであったなど[8]、都会的でおしゃれであるとされ[2]ジャージなどのオーバーサイズの服にリーゼントパンチパーマなどの髪型を好むヤンキーとは一線を画していた。また、チーム毎のジャンパーなどを着ることはあるが[4]暴走族のような特攻服を着ることはない(しかし、暴走族のようにバイクでの暴走行為をすることはある[2][6])。

また、米国のストリートギャングの模倣であるという点[9]など、カラーギャングとはよく似ているが、チーマーがバイカー風の服装を好んだ世代のギャングに影響を受け、ハードロックサーフィンなど白人系のサブカルチャーを好むのに対し、カラーギャングはそれ以降のクリップスブラッズなどに影響を受け、同じ色の服やバンダナを着用し、西海岸風のヒップホップ系ファッションローライダーなどの自動車を好む傾向にある。

バイカー(バイカーギャング)は、アメリカのヘルズ・エンジェルスなどのモーターサイクルギャングの影響を受け、アメリカンバイクに乗った集団である。

2000年代以降の動向[編集]

チーマーはヒップホップの流行などに伴い、1990年代後半から2000年代前半にカラーギャングに代わり[9]、2000年代後半にはカラーギャングも激減していった。しかし、チーマーも完全にいなくなったわけではなく、2009年2月にも東京都大田区内で約100人のチーマーが確認されている[2]

元チーマーを公言している有名人[編集]

渋谷区出身の俳優東幹久は渋谷で有名なチーマーとして芸能界にスカウトされた。スポーツ界では、格闘家の高谷裕之が過去にチーマーであったことを明らかにしている[10]

チーマーを題材とする作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

小説[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 石山宏一 (2007年2月27日). “現代用語を英語にする100選 58: チーマー cliques of homeboys”. eigoTown.com. 英語タウン・ドット・コム. 2009年5月17日閲覧。
  2. ^ a b c d 暴走族vsチーマー 少年12人逮捕”. MSN産経ニュース. 産経デジタル (2009年2月27日). 2009年5月17日閲覧。
  3. ^ 渋谷アンダーグラウンド 〜街を作った男達の20年”. NONFIX. フジテレビジョン. 2009年5月17日閲覧。
  4. ^ a b c 株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 野尻佳孝氏インタビュー”. GREEキャリア. グリー. 2009年5月17日閲覧。
  5. ^ a b チーマーの意味 国語辞典”. goo辞書. エヌ・ティ・ティ レゾナント. 2009年5月17日閲覧。
  6. ^ a b チーマー 広島県内で摘発相次ぐ”. 中国新聞. 中国新聞社 (2001年10月31日). 2009年5月17日閲覧。
  7. ^ 石田真一 (2001年12月19日). “愛知では暴走族=チーマー=ギャングだった!? 県警が実態を公表”. Response. アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジー. 2009年5月17日閲覧。
  8. ^ 【原宿スナップ】90年代「チーマー」再来!?男性にヘアバンドが人気、フォークロアスタイルの予兆も”. nikkei TRENDYnet. 日経BP (2008年9月5日). 2009年5月17日閲覧。
  9. ^ a b ことば:カラーギャング”. 毎日jp. 毎日新聞社. 2009年5月17日閲覧。
  10. ^ 格闘技イベント「K-1」や「HERO'S」の煽り(選手紹介)VTR内で。

関連項目[編集]