松嶋クロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松嶋 クロス(まつしま クロス、1978年7月19日 - )は、日本音楽プロデューサーAV監督日本映画監督協会会員。住吉会系組員[1]関東連合の元メンバー。東京都杉並区出身。本名は、松嶋重

来歴[編集]

暴走族[編集]

杉並区立高南中学校卒業。

少年時代から暴走族に加入し、関東連合永福町ブラックエンペラー[2]のナンバー2となる。当時のエピソードについて雑誌マッドマックスなどでインタビューに応えている。同誌には、当時撮影した、敵対組織の人間にシックスナイン自慰行為を強要した写真を載せるなどもしている。

暴走族時代には、特攻服やバイク、ステッカーなどのデザインや、集合写真の撮影などの広報的な役割をほとんど担っていた。後の海老蔵暴行事件でも、マスコミを使った海老蔵に対するネガティブ・キャンペーンのプロモーションを取り仕切った。[3]

芸能界デビューし同事件や詐欺で逮捕された石元太一は後輩にあたる。また、「アウトローのカリスマ」のキャッチコピーで格闘技の試合などにスポット参戦している瓜田純士は中学の一学年下の後輩であり、ブログを通じて交流をしている。

AV監督[編集]

逮捕[編集]

 2018年1月19日恐喝容疑で逮捕され、2018年3月10日に再逮捕された。 逮捕容疑は昨年6月6日、松嶋容疑者の知人である河野容疑者が代表を務める芸能事務所に所属していたAV女優に、別の仕事を紹介しようとした会社役員の男性(30)に「どう責任を取るんだ」と因縁をつけ、渋谷区の飲食店で現金100万円と腕時計1個(250万円相当)を脅し取ったとしている。[6]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AV監督、松嶋クロス容疑者ら3人逮捕 ビデオ女優の仕事で会社役員に恐喝容疑産経新聞ニュース、2018年3月10日)
  2. ^ AV業界の二大派閥「SOD vs アウトビジョン」”. 2011年5月18日閲覧。
  3. ^ 工藤明男『いびつな絆 関東連合の真実』第2刷 p.101
  4. ^ 大坪ケムタ (2006年12月24日). “勝者あり敗者あり‥年末AVイベント3連発”. All About. 2012年7月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月6日閲覧。
  5. ^ 工藤明男『いびつな絆 関東連合の真実』第2刷 p.112-113
  6. ^ AV監督、松嶋クロス容疑者ら3人逮捕”. 産経新聞. 2018年12月16日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]