いびつな絆 関東連合の真実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いびつな絆 関東連合の真実
著者 工藤明男
発行日 2013年7月11日
発行元 宝島社
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 ソフトカバー
文庫本
ページ数 307
次作 『破戒の連鎖 いびつな絆が生まれた時代』(2014年・宝島社)
コード ISBN 9784800209917
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

いびつな絆 関東連合の真実』(いびつなきずな かんとうれんごうのしんじつ、ISBN 9784800209917[1]は、暴走族グループ「関東連合」の元幹部「工藤明男」(仮名)の上梓によるノンフィクション書籍[2]2013年7月11日初版発行[3]宝島社[4]。全307頁(ソフトカバー[5]

東京・杉並区出身の「関東連合」元リーダーの執筆によるノンフィクション書籍で、「関東連合」勢力拡大の過程についてや、「関東連合」が関与した「朝青龍事件」(2010年)ならびに「海老蔵事件」(同)などの各種事件の真相、そして2012年に発生した「六本木クラブ襲撃事件」の背景についてなどを記した内容[2]。「六本木クラブ襲撃事件」、「歓楽街のギャングスター」、「ビッグマネー」、「朝青龍、海老蔵-六本木・西麻布コネクション」、「いびつな絆」、および「東京アウトレイジ」の全6章から構成されている[6]

発売前には週刊誌『週刊文春』ならびに『フライデー (雑誌)』がその内容を抜粋した記事を掲載し話題となった[7]。発売早々7万部を突破し、書籍通販サイト「Amazon」でも発売後2日で売り切れ状態となる[8]。発売後すぐに東京都内各大型書店のノンフィクション売り上げ上位に入った[9]。『実話ナックルズ』誌元編集長で編集者の久田将義は、「六本木フラワー事件」という現在進行形の事件についてを当事者に近い人物が内部告発した、という点が話題性の理由であるとする[10]。ノンフィクションライターの小野登志郎は、著者が意図的に記していない事柄が存在する可能性はあるものの、記してある内容については「ほぼ事実であろう」と分析している[11]。累計17万部のベストセラーとなった[12]

プロフィールによれば、著者「工藤明男」(くどうあきお)は東京・杉並区出身の関東連合元リーダーで、ITや芸能の分野で活動後、複数の企業の筆頭株主として投資と企業コンサルタントの活動に主に従事しており、警察当局から関東連合の資金源と目されてきた人物[13]。筆名の由来は「ネット住人の妄想によって作り上げられた“関東連合の(架空の)黒幕”『工藤明生』のパロディー」[14]。発売時期に『週刊文春』(7月4日号)の関連記事で初のインタビューを受けている[15]。出版後、「六本木クラブ襲撃事件」で国外逃亡中の人物から殺害指令の標的とされ、ほどなく警視庁の保護対象へ、さらに商業登記から住所が割れる事態を防ぐためにそれまでの事業役職の一切を辞したうえで株主配当のみを受ける生活に入った[16]。同事件に関しては、2013年末に開かれた被告2名の公判に証人として出廷するなどもしている[17]。のちには大幅加筆を加えた文庫版も発売、さらに、別冊宝島刊『実録!激変する日本の闇社会』(2013年)に、溝口敦伊藤博敏西岡研介一ノ宮美成、および鈴木智彦などとともに寄稿[18]。2014年には続編にあたり“少年編”と銘打った『破戒の連鎖 いびつな絆が生まれた時代』を同じく宝島社から出版している[19]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 検索結果書誌詳細:いびつな絆 関東連合の真実杉並区立図書館
  2. ^ a b 「六本木クラブ襲撃事件」の背景とは 関東連合元幹部が「決死の思い」で暴露本』 2013年7月27日 J-CASTモノウォッチ
  3. ^ 『いびつな絆 関東連合の真実』 (p.309) 2013年 工藤明男 宝島社 ISBN 978-4-8002-0991-7
  4. ^ 衝撃の本『いびつな絆 関東連合の真実』を出版した 宝島社の思惑』 2013年7月19日 TOKYO BREAKING NEWS
  5. ^ いびつな絆 : 関東連合の真実 : TOKYO OUTRAGE (宝島社): 2013国立国会図書館
  6. ^ いびつな絆 : 関東連合の真実 : TOKYO OUTRAGEWebcat Plus
  7. ^ 関東連合を再定義...話題のアウトロー本『いびつな絆』の読み解き方』 2013年8月10日 TOKYO BREAKING NEWS
  8. ^ FRIDAY 2013年7月19日号』 : “「関東連合」伝説の幹部の告白 震え上がった芸能人、格闘家、財界人の名” (p.92) 講談社
  9. ^ 関東連合元幹部の告白本が売れる訳』 2013年7月19日 WEBRONZA
  10. ^ 『いびつな絆 関東連合の真実』はなぜ売れるのか』 2013年7月19日 久田将義 WEBRONZA
  11. ^ 『いびつな絆 関東連合の真実』が明らかにした「関東連合」の正体』 2013年7月19日 小野登志郎 WEBRONZA
  12. ^ 出版ラッシュ!関東連合本の“紙上バトルロワイヤル”を読み解く』 2014年7月27日 ビジネスジャーナル
  13. ^ いびつな絆 関東連合の真実宝島チャンネル
  14. ^ 『いびつな絆 関東連合の真実』 : “「工藤明生」の正体” (p.183) 2013年 工藤明男 宝島社 ISBN 978-4-8002-0991-7
  15. ^ 『週刊文春』の「関東連合」元最高幹部インタビュー記事のイニシャル部分の実名』(要購読登録) 2013年7月1日 アクセスジャーナル
  16. ^ バクロ本を出された関東連合は解体危機』 2013年7月8日 溝口敦
  17. ^ 関東連合元幹部、工藤明男の独占手記公開!~六本木クラブ襲撃事件の公判に大きな影響を与えた『いびつな絆』~』 2013年12月10日 宝島
  18. ^ 【元関東連合幹部/工藤明男】「関東連合」記事の信憑性とタブー破りのアウトロー報道』 2014年2月6日 ビジネスジャーナル
  19. ^ 破戒の連鎖 いびつな絆が生まれた時代宝島チャンネル