久田将義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ひさだ まさよし[1]
久田 将義[1]
生誕 1967年[1]
東京都[1]
出身校 法政大学[1]
職業 編集者[1]

久田 将義(ひさだ まさよし、1967年 - )は、日本の雑誌編集者、フリーライター。

略歴[編集]

東京都世田谷区生まれ、神奈川県横浜市育ち。明治大学付属中野中学校・高等学校ではラグビー部に所属。

法政大学社会学部卒業後、産経メディックス入社[1]。その後、三才ブックス入社、『別冊ラジオライフ』編集部に所属。後に、ワニマガジン社に移籍、『アクションカメラ』編集部に所属。松沢呉一の連載などを担当。その傍ら、ムック「ワニの穴」シリーズ(「東京ダークサイドリポート」「うわさの裏本」「ドキュメント消えた殺人者たち」など)の編集を手掛ける。

2000年、ミリオン出版に移籍。『ダークサイドJAPAN』を創刊。2001年、『実話GON!ナックルズ』編集長に就任。2005年、『ノンフィクスナックルズ』創刊。2006年、『ノンフィクスナックルズ』を『THE HARD COREナックルズ』に改題。編集局次長に就任。

2006年末、選択出版に移籍。月刊『選択』次長。2007年、朝日新聞社(現・朝日新聞出版)『週刊朝日』編集部に移籍。

2008年、ミリオン出版に復帰。『実話ナックルズRARE』を創刊するが創刊号にて休刊。2009年、『実話ナックルズ』編集長に復帰。編集局次長に復帰。2010年、『実話ナックルズ』編集長を退任。2011年、『ダークサイドJAPAN』をB5判ムックスタイルで復刊するが、2号で休刊。2012年9月末日にミリオン出版退社。

niconicoニコニコチャンネル」で、ブログマガジン「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」を創刊。2013年7月19日、編集長として、赤木太陽とともにニュースサイト「日刊ナックルズ」を創刊。2013年9月、上梓した『関東連合〜六本木アウトローの正体〜』が、Wikipediaからの引用の多用など、ネット上で酷評される。2014年1月、「日刊ナックルズ」を「東京BREAKING NEWS」に改称。2017年11月、「東京BREAKING NEWS」を「久田将義責任編集 TABLO」に改称。

エピソード[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『トラブルなう』ミリオン出版、ナックルズ選書、2011年
  • 『原発アウトロー青春白書 福島第一原発で体を張る若者たちの真実』ミリオン出版、ナックルズ選書、2012年
  • 『関東連合 六本木アウトローの正体』筑摩書房ちくま新書1028、2013年
  • 『生身の暴力論』講談社講談社現代新書2336、2015年

共編著[編集]

  • 青木理・久田将義 著『僕たちの時代』毎日新聞社、2012年
  • 久田将義 監修、実話ナックルズ・ニコニコ生放送 編『ニコ生ナックルズ = NICONAMA KNUCKLES』ミリオン出版、2012年

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ウェブテレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 講談社現代新書 生身の暴力論 著者等紹介”. 紀伊國屋書店. 2018年8月11日閲覧。
  2. ^ アキラ100%「見えてないから大丈夫」BPO問題を釈明”. エンターテイメント情報発信ニュースメディア「Entame Plex-エンタメプレックス-」 (2017年5月30日). 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ アキラ100%がスーツ姿で“疑惑”釈明”. お笑いナタリー (2017年5月30日). 2017年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]