瓜田純士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うりた じゅんし
瓜田 純士
生誕 1979年12月4日(36歳)
日本の旗 日本
東京都新宿区歌舞伎町
別名 アウトローのカリスマ
元アウトローのカリスマ
教育 中学校卒業
出身校 東京・杉並区立高南中学校
職業 作家格闘家俳優暴力団員
活動期間 作家(2008年 - )
俳優(2009年 - )
地下格闘家(2008年 - 2012年)
暴力団員(1997年 - 2006年)
身長 182 cm (6 ft 0 in)(中学2年生当時)
肩書き 作家」・「俳優」・「格闘家
映画監督」・「モデル」・「エッセイスト」・「表現者
瓜田吉寿

瓜田 純士(うりた じゅんし[1]1979年12月4日[2] - )は、日本作家[3]。また、俳優業、映画監督、モデル、地下格闘家[4]の経歴を持つ。自身を「表現とも称している[5]。過去に10年間にわたって暴力団に所属していた[6]。“アウトローのカリスマ”、“元アウトローのカリスマ”の異名を持つ[7]

長身でタトゥーが外観上の顕著な特徴。タトゥーは近年、顔面にも及んでいる。かねてより様々な騒動を引き起こしてきたスキャンダラスな人物としても知られる[8]。“半端じゃない”を意味するインターネットスラング「パネェ」を普及させた人物でもある[9]

来歴[編集]

東京都新宿区歌舞伎町に出生、実家は歌舞伎町の花屋で、父親は暴走族ブラックエンペラー」の2代目総長にあたる瓜田吉寿[2]。中学2年に進級する時期、新宿区内の中学校から杉並区内の中学校へ転校[10]松嶋重や工藤明男(偽名、筆名。『いびつな絆 関東連合の真実』の著者)、後の「六本木クラブ襲撃事件」の主犯格にあたる人物などの「関東連合」の面々との交流を経て、17歳で暴力団へ加入[11]。2003年から2007年にかけての服役中に暴力団を脱退。27歳で出所[12]

文筆活動[編集]

執行猶予期間中の2003年4月に覚醒剤取締法違反(所持及び使用)で逮捕、3年半の懲役が確定し刑務所で服役していた時期、5500人が参加した刑務所内の文芸コンクールにて『mother』と題して発表した小説が大賞を受賞。人生初の「賞状」獲得経験となったこの出来事をきっかけに作家を志すようになったという[13]。 デビュー作『ドブネズミのバラード』(太田出版)を2008年に発表。翌2009年には『ピラニア 〜雨の街、俺たちの絆〜』(太田出版)を、2010年には3冊目となる『泥だらけのありがとう』(武田ランダムハウスジャパン)を上梓[14]。2014年には『遺書 〜関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆〜』(太田出版)を発表している。2011年から「タトゥーナビ」にて“瓜田純士の僕の心は顔面タトゥー”を不定期連載中。

地下格闘技[編集]

2008年3月30日、前田日明のプロデュースによる格闘技大会「THE OUTSIDER」の旗揚げ大会に“新宿のカリスマ”という触れ込みで出場[1]。aym-jetと対戦し、グラウンド状態での踵落しを繰り出し、TKO勝ち[2]。

7月19日、「THE OUTSIDER 第弐戦」に出場[3]。大谷匡弘と対戦し、1R28秒レフェリーストップで敗北[4]。

12月26日、地下格闘技イベント「喧王」Zepp Osakaに参戦。招待戦スペシャルワンマッチでチョコボール金山と対戦し、判定により敗北。

2009年1月18日、国立代々木第2体育館で開催されたムエタイ興行「ムエローク Japan 2009 〜最大最強のムエタイ祭り〜」で元ルンピニー・スタジアム認定ライト級王者チャンデー・ソーパランタレーと2分2Rのエキシビションマッチを行った。

4月10日、「喧王」2戦目、ジャックナイフ林にKO負け。

2011年11月6日、地下格闘技イベント「益荒男-MASURAO-第伍陣」に出場し、覆面選手の“ミスターX”と対戦、1ラウンド終了後休息中のミスターXに突如膝蹴りを浴びせるという反則行為によりノーコンテストとなる[5]。

2012年1月15日、地下格闘技イベント「BERSERKER(バーサーカー)」の旗揚げ大会に出場[6]。この大会における内藤裕との「1分1ラウンド・ノーグローブ・判定ナシ」の金網戦をもって、格闘技から引退した[7]。

その他[編集]

2009年にショートムービー『ブルーベリー 〜僕の詩 母の歌〜』(GPミュージアム)を全国発売。同年には音楽イベント「新宿アースダム 〜KING OF TATTOO LIVE〜」に参加するなどした。

諸騒動[編集]

自著や自作映画などによれば、不良として台頭した少年時代から15年間のうちに傷害覚醒剤使用などで12回もの逮捕歴があるという[15]。かつて参画していた地下格闘技界にあっても、「THE OUTSIDER」から追放処分を受けるなどで“問題児”としてその名を馳せた[16]

「JOY姉脅迫事件」[編集]

2012年には、モデルでタレントのJOYの姉にあたる女性(ソフィア・グリーンウッド[17])を「家族や事務所ごと潰してやる」「芸能界から消えろ、弟がどうなっても知らないぞ」などと脅迫したとして逮捕されている[18]。この女性を歌手デビューさせようとして進めていたプロデュース計画が頓挫したことが事件の発端であったという[19]。当人いわく「つまらない痴話喧嘩」で、結局無罪放免となり10日で釈放されるに至った[20]

刺傷被害事件(2013年)[編集]

2013年、10月に千葉市内で発生した刺傷事件の被害者となり重傷を負うという事態に見舞われた[21]。腹部などに刺傷を受けたものの、命に別状はなく、またこの事件でともに被害者となった内藤裕(格闘技引退試合の対戦相手でもあった)は首に刺傷を受け、生死の境を彷徨うが一命をとりとめた[22]

「関東連合」との関係[編集]

出典:『遺書 〜関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆〜』

かねてから自身と「関東連合」との繋がりをブログ等で示しており、不良世界に詳しい人物としてメディア出演もあった。自身は「関東連合」に所属はしていないが、一学年上の「関東連合」のS53年代の実質的統率者にあたる人物(のちの「六本木クラブ襲撃事件」の主犯格)や実質ナンバー2と言われた松嶋重とは、中学生の頃から親交があった。また「関東連合」系の暴走族「宮前愚連隊」に所属していた元プロボクサーの大嶽正史等とも長年の友人であり、「宮前愚連隊」7代目総長にあたる「工藤明男」(偽名、筆名。後の『いびつな絆 関東連合の真実』の著者)とも交流あり。松嶋は杉並区立高南中学校の先輩であり、松嶋が企てた襲撃に瓜田も加わり、それをきっかけに知り合う形となったのが近隣の杉並区立東田中中学校に通っていた前述の「実質的統率者」であった。両名との親交関係は「六本木クラブ襲撃事件」(2012年)の時期まで継続していたという。

松嶋重等S53年の三代下の「関東連合」元リーダーである石元太一とはしばらく「抗争状態」と言える緊張関係にあった。石元が当事者として関与した歌舞伎俳優・市川海老蔵の暴行被害事件、いわゆる「海老蔵事件」に関してテレビ番組『Mr.サンデー』(フジテレビ)にコメンテーターとして出演したことがあり、石元がそれに対して難癖をつけてきたことがその一連の「抗争」の始まりであったという。そしてその背後には石元の芸能界進出をプロデュースしようとしていた松嶋による画策があったという(「遺書」p.189)

「六本木クラブ襲撃事件」に関しては、2013年、「(自身は)一連の事件とは一切関係ない」としたうえで、実行犯として出頭した者らを名指しで批判、さらに関係人物らの過去の写真を週刊誌メディアに提供してきた人物を激しく批判するなどした[23]。これは松嶋重の依頼に応じる形で自身のブログに記事を公開、さらに『SPA!』と『週刊大衆ヴィーナス』の取材に応えたもので、「松嶋らに利用されてしまった」としている(「遺書」p.205)

人違いにより起こった事件とされた「六本木クラブ襲撃事件」の「本来の標的」であったとされる人物、およびその兄である「木村兄弟」(「関東連合」と長年の抗争関係にあった)は中学時代からの友人である。この兄弟の兄は10代の頃には「関東連合」側で抗争に参加するなどしており、その後は「六本木クラブ襲撃事件」の伏線にあたる事件とされた2008年の「西新宿・関東連合関係者撲殺事件」の被害者が所属していたチーマーグループ(新宿ジャックス)に加入していた。瓜田とこの兄弟の兄は10代の頃、「関東連合」への加入を断わっている。(その後木村兄弟は「関東連合」との抗争に突入していき、弟は後に暴力団へ加入)。 瓜田は前述の「西新宿・関東連合関係者撲殺事件」で殺害された人物とも交流があり(「遺書」p.163-164)、この事件の直後(2週間後)に開催された格闘技大会「THE OUTSIDER」の旗揚げ大会に出場した折、自身の着用していたガウンの背にはハングルを彫り込んでいた。これは出自が大韓民国であったその人物への自身なりの“餞”(はなむけ)であったという(「遺書」p.171)

発売作品[編集]

書籍
  • ドブネズミのバラード(2008年・太田出版
  • ピラニア 〜雨の街、俺たちの絆〜(2009年・太田出版)
  • 泥だらけのありがとう アウトローのカリスマ44のメッセージ(2010年・武田ランダムハウスジャパン
  • 遺書 〜関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆〜(2014年・太田出版)
  • 遺書  関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆 (2015年・文庫 竹書房)
映画
DVD
  • History 瓜田純士ドキュメント(2011年・NOTO)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 事務所に断られブチギレ!JOYさん姉脅迫“顔面タトゥー”タレントとは(1/2)』 2012年3月30日 MSN産経ニュース
  2. ^ a b 『遺書 関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆(p.20) 2014年 瓜田純士 太田出版 ISBN 978-4-7783-1406-4
  3. ^ 関東連合関係者が激白「襲撃事件裏の主役は今も六本木に」』 2014年7月26日 『週刊FLASH 7月29日・8月5日号女性自身 - ライブドアニュース
  4. ^ また自称格闘家が逮捕! タレントJOYの姉でモデルのSophiaを脅迫した瓜田純士容疑者の素性』 2012年3月29日 リアルライブ
  5. ^ その男、瓜田純士|タトゥーコラム|』 2011年8月19日 タトゥーナビ
  6. ^ K-1より面白い! 不良同士のガチバトル『THE OUTSIDER 第弐戦』詳報』 2008年7月23日 日刊サイゾー - ライブドアニュース
  7. ^ 「留置所ではVIP待遇でした」解き放たれた“元アウトローのカリスマ”瓜田純士を独占取材(前編)(1/4)』 2012年5月8日 日刊サイゾー - エキサイトニュース
  8. ^ 「関東連合」内紛勃発か? 瓜田純士がブログで“告発”』 2013年1月31日 日刊SPA!
  9. ^ 知らないのはもったいない! ネットスラングの意味 Part.4【気になるトレンド用語】』 2010年11月15日 ライブドアニュース
  10. ^ 『遺書 関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆(p.22) 2014年 瓜田純士 太田出版 ISBN 978-4-7783-1406-4
  11. ^ 『遺書 関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆(p.99) 2014年 瓜田純士 太田出版 ISBN 978-4-7783-1406-4
  12. ^ 『遺書 関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆(p.138-140) 2014年 瓜田純士 太田出版 ISBN 978-4-7783-1406-4
  13. ^ 『遺書 関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆(p.139) 2014年 瓜田純士 太田出版 ISBN 978-4-7783-1406-4
  14. ^ 「ボコボコにしてから、ブスッと」″アウトローのカリスマ″瓜田純士が吼える!(1/2)』 2010年10月4日 日刊サイゾー - ライブドアニュース
  15. ^ 顔面にタトゥー、髪の毛は紫色 JOYの姉脅迫した「アウトローのカリスマ」』 2012年3月30日 J-CASTニュース
  16. ^ 「関東連合内紛」を告発した瓜田純士氏を直撃』 2013年2月16日 日刊SPA!
  17. ^ 『JOYさんの姉を脅迫した容疑 警視庁、格闘家の男逮捕』 2012年3月29日 共同通信 - 47NEWS
  18. ^ JOYさんの姉脅す 格闘家の男を逮捕』 2012年3月29日 日テレNEWS24
  19. ^ JOY姉を脅迫 全身タトゥー格闘家を逮捕「弟がどうなっても…」』 2013年10月9日(2012年3月30日付) デイリースポーツ
  20. ^ 『遺書 関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆(p.188) 2014年 瓜田純士 太田出版 ISBN 978-4-7783-1406-4
  21. ^ “元アウトローのカリスマ”瓜田純士氏ら刺され重傷 犯人は依然逃走中──』 2013年10月18日 日刊サイゾー
  22. ^ 路上刺傷事件から2カ月──“元アウトローのカリスマ”瓜田純士と“人刺し裕”内藤裕が怪気炎!』 2013年12月10日 日刊サイゾー
  23. ^ 「関東連合」内紛勃発か? 瓜田純士がブログで“告発”』 2013年1月31日 日刊SPA! - ライブドアニュース

外部リンク[編集]