熊谷大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
熊谷 大
くまがい ゆたか
Yutaka Kumagai 20160622.jpg
2016年6月22日(41歳)
生年月日 (1975-02-16) 1975年2月16日(43歳)
出生地 日本の旗 日本宮城県仙台市
出身校 八千代国際大学(現・秀明大学
東北大学大学院
前職 中学校講師(非正規)
参議院議員
所属政党自由民主党(無派閥)→)
無所属
公式サイト 熊谷大公式サイト

選挙区 宮城県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2010年7月26日 - 2016年7月25日

Flag of Rifu Miyagi.JPG 利府町長
当選回数 1回
在任期間 2018年3月2日 -
テンプレートを表示

熊谷 大(くまがい ゆたか、1975年2月16日 - )は、日本政治家利府町長(1期)。元参議院議員(1期)。松下政経塾出身。

経歴[編集]

宮城県仙台市生まれ[1]仙台市立高砂小学校仙台市立高砂中学校宮城県仙台東高等学校英語科)を経て、八千代国際大学(現・秀明大学政治経済学部卒業し、東北大学大学院(国際文化研究科アメリカ研究講座)修了[2]。高校時代には、アメリカ合衆国オレゴン州ハイスクールに1年間の留学経験がある[1]

起業家フリーターコンピューターグラフィックス・デザイナーなどを経験した[2]。また、中学校教員(英語科講師)として、仙台市立中野中学校、同中山中学校、同三条中学校に勤務した[1]。その後、松下政経塾に入塾し、2010年3月に卒塾(第28期生)した[2]

2010年1月、公募により自由民主党の公認国会議員候補に決定した[1]。同年7月に行われた第22回参議院議員通常選挙において神道政治連盟の支援を受け宮城県選挙区から出馬し、定数2の同区でトップ当選した[3]

2015年12月25日、地方・消費者問題に関する特別委員会委員長に内定[4]。2016年1月4日に委員長に就任した[5]。同年6月公示の第24回参議院議員通常選挙に出馬するが、民進党候補の桜井充に敗れ落選[6]

2017年12月、利府町長選挙(2018年2月13日告示、18日投開票)への出馬を表明[7]小学校給食費の無料化などを公約した[8]。5期務めた鈴木勝雄町長の町政継承を掲げてその支援を受け[9]、2018年2月18日、利府町長に初当選した[10][11]

政策・主張[編集]

東日本大震災[編集]

第24回参議院選挙で街頭演説する熊谷(応援弁士は左から伊藤信太郎稲田朋美秋葉賢也愛知治郎

2011年4月12日、文教科学委員会で学校施設について質疑。学校施設が東日本大震災で避難所として機能した際に体を洗う施設や食料の確保の面で不備があった点を指摘し、施設を造り直す際には避難所施設としての機能を強化するように求めた[12]

2012年10月18日、東日本大震災復興予算が被災地以外の事業に流用されている問題を質疑するため、決算委員会田中慶秋法務大臣の出席を求めていたが、田中が「公務」「体調不良」を理由に委員会を欠席したため、終日質疑に立てない事態が発生した。田中は出席要求を拒否して招請を受けていない会合への参加を優先したため批判が集中し、熊谷も「復興に対する士気をくじかれた」と批判した[13][14]

2015年2月9日、決算委員会で被災児童のメンタルケアについて質疑。トラウマにより児童の不登校者が増加している点を挙げ、スクールカウンセラー養護教諭の加配措置が単年度制のため長期的なカウンセリングが行えない点を指摘し、長期間の加配措置を実施するように求めた。また、給付型奨学金制度が廃止されたため、貸与型奨学金を受けた被災者の就業後の経済的負担が増加している点について問題提起した[15]

領土問題[編集]

2010年10月21日、法務委員会尖閣諸島中国漁船衝突事件について質疑。「中国人船長を処分保留で釈放したことで日中関係が悪化した」と指摘し、中国が尖閣諸島の領有権主張を正当化する「悪しき前例になる」として菅内閣の対応を批判した[16]

2011年9月、三原じゅん子宇都隆史岩井茂樹上野通子と共に国境地域の安全保障視察のため対馬を訪問。海上自衛隊対馬駐屯地の周辺地が韓国資本に買い占められている現状を視察した[17]

2012年2月22日、「竹島の日」記念式典に出席。式典に先立ち菅義偉小泉進次郎柴山昌彦らと共に街頭演説会を開催し竹島問題の解決を訴え[18]、翌2013年の式典にも出席した[19]

外交[編集]

2011年4月23日、日本ウイグル国会議員連盟の設立に参加し、中国のウイグル人弾圧問題に取り組んでいる[20]

2013年4月8日、自民党青年局長代理として、小泉進次郎、松本洋平と共に台北経済文化代表処を訪問。3月に発生した南投地震への義援金85万円を贈呈した[21]

所属団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

趣味は、ギタースノーボードであり、剣道は二段の腕前である[1]。また、温泉巡りと読書も好んでいる[2]

家族は妻と子供2人[1]利府町に在住している[23]

著書[編集]

寄稿[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f くまがい大プロフィール くまがい大 公式ウェブサイト、2010年7月13日閲覧
  2. ^ a b c d 熊谷大プロフィール”. 松下政経塾. 2016年6月17日閲覧。
  3. ^ 選挙区 宮城県 : 開票結果 : 参院選2010”. 読売新聞. 2016年6月17日閲覧。
  4. ^ 外交防衛に自民・佐藤氏=参院委員長が内定”. 時事通信 (2015年12月25日). 2016年6月13日閲覧。
  5. ^ 第190回国会 参議院地方・消費者問題に関する特別委員会会議録 第1号”. 参議院 (2015年1月4日). 2016年6月13日閲覧。
  6. ^ 熊谷大 参院選2016”. 読売新聞. 2016年7月11日閲覧。
  7. ^ <利府町長選>熊谷氏出馬正式に表明”. 河北新報 (2017年12月23日). 2017年12月23日閲覧。
  8. ^ <利府町長選>初当選の熊谷大さん 健康施策 まず「食」から”. 河北新報 (2018年2月19日). 2018年2月20日閲覧。
  9. ^ <利府町長選>あす投票 即日開票”. 河北新報 (2017年12月23日). 2018年2月18日閲覧。
  10. ^ 平成30年2月18日執行利府町長選挙、利府町議会議員補欠選挙、開票速報2018年2月18日 利府町
  11. ^ <利府町長選>熊谷氏、初当選 新人争い3氏退ける”. 河北新報 (2018年2月19日). 2018年2月20日閲覧。
  12. ^ “第177回国会 文教科学委員会 第5号”. 参議院. (2010年4月12日). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/177/0061/17704120061005c.html 2015年8月12日閲覧。 
  13. ^ “田中法相:逃げる 決算委欠席、招きない来賓席に”. 毎日新聞. (2012年10月18日). https://web.archive.org/web/20121020230853/http://mainichi.jp/select/news/20121019k0000m010072000c.html 2015年4月12日閲覧。 
  14. ^ “復興予算“流用””. 自民党ホームページ. https://www.jimin.jp/activity/colum/118909.html 2015年4月12日閲覧。 
  15. ^ “第189回 参議院 決算委員会 平成27年2月9日 第3号” (PDF). 参議院. (2015年2月9日). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/189/0015/18902090015003.pdf 2015年8月22日閲覧。 
  16. ^ “第176回 参議院 法務委員会 平成22年10月21日 第2号” (PDF). 参議院. (2010年10月21日). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/176/0003/17610210003002.pdf 2015年8月12日閲覧。 
  17. ^ “長崎・対馬「韓国に乗っ取られる」Xデー! 「自衛隊基地周辺を外国人が買占めしている」”. アサヒ芸能 (アサ芸プラス). (2011年10月17日). http://www.asagei.com/1626 2015年4月12日閲覧。 
  18. ^ “「竹島の日」街頭演説会を開催!”. 自民党島根県支部連合会. (2012年2月22日). http://www.jimin-shimane.jp/70.html 2015年4月12日閲覧。 
  19. ^ “「竹島の日」 政府と連携し取り組む決意示す”. 自民党ホームページ. (2013年2月25日). https://www.jimin.jp/activity/news/120084.html 2015年4月13日閲覧。 
  20. ^ “2012年4月23日 日本ウイグル国会議員連盟と日本ウイグル地方議員連盟が設立”. 日本ウイグル協会. (2014年4月23日). http://uyghur-j.org/news_20120423.htm 2015年4月12日閲覧。 
  21. ^ “小泉進次郎・自民党青年局長が沈斯淳・駐日代表に南投県地震の義援金贈呈”. 台北駐日経済文化代表処. (2013年4月9日). http://www.roc-taiwan.org/JP/ct.asp?xItem=367687&ctNode=3522&mp=202 2015年4月12日閲覧。 
  22. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  23. ^ <利府町長選>前参院議員熊谷氏出馬へ 4人目の立候補予定者 町制史上最多の選挙戦へ”. 河北新報 (2017年12月22日). 2017年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]

議会
先代:
西田昌司
日本の旗 参議院地方・消費者問題に関する特別委員長
2016年
次代:
藤川政人