谷合正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
谷合 正明
たにあい まさあき
生年月日 (1973-04-27) 1973年4月27日(43歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県新座市
出身校 京都大学大学院修士課程
前職 AMDA職員
所属政党 公明党
親族 祖父・山口正二(神奈川県議会議員)
母・谷合規子(新座市議会議員)[1]
公式サイト 参議院議員 谷あい正明 公式サイト

選挙区 比例区
当選回数 3回
在任期間 2004年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

谷合 正明(たにあい まさあき、1973年4月27日 - )は、日本政治家公明党所属の参議院議員(3期)、公明党参議院国会対策委員長

居住地[編集]

経歴[編集]

政策[編集]

人物[編集]

  • 「ひとりじゃ出来ないことを、一人から始める」がモットー[3]
  • 大学院修了後は民間企業に入社するも、経営難による倒産でわずか8か月でリストラされ、失業給付を受けながらハローワークに通った経験を持つ[4]
  • 重症心身障がい者の姉を持ち、福祉の大切さを学び、難病対策に取り組んでいる[5]
  • AMDA(アムダ)職員時代は難民支援の仕事に従事した[6]。アンゴラ、イラク、アフガニスタン、ソマリア難民キャンプなどの紛争地域を歩き回る。
  • スマトラ島沖地震(2009年)、ハイチ地震(2010年)の際には真っ先に現地に入り、視察・調査を行った[7][8]
  • 原爆症救済法を議員立法で成立させることに尽力した[9]

現在の役職[編集]

公明党[編集]

  • 中央幹事
  • 参議院国会対策委員長
  • 青年委員会顧問
  • 遊説局次長
  • 広報局次長
  • 団体局次長
  • 労働局次長
  • NPO局次長
  • 参議院国会対策副委員長
  • 内閣部会長代理
  • 中国方面協議会副議長
  • 県本部代表代行(岡山)
  • 原爆被爆者対策委員長
  • 核廃絶推進委員会事務局長
  • ハンセン病対策検討プロジェクトチーム事務局長
  • 雇用格差是正対策本部事務局長
  • 難民政策プロジェクトチーム事務局長
  • 災害対策法制検討プロジェクトチーム事務局長
  • 科学技術委員会事務局長
  • 食の安全推進委員会事務局長
  • 留学・就学生問題に関するプロジェクトチーム事務局長
  • 野生動物被害対策プロジェクトチーム座長
  • 文化芸術振興会議事務局次長
  • コンテンツ産業推進プロジェクトチーム事務局次長

参議院[編集]

過去の役職[編集]

公明党[編集]

  • 青年委員長
  • 幹事長代理
  • 学生局長
  • 国際局次長

内閣[編集]

参議院[編集]

所属議員連盟[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『新訂 現代政治家人名事典 - 中央・地方の政治家4000人』 331頁(日外アソシエーツ編集・発行、2005年
  2. ^ 読売新聞2010年参院選 候補者アンケート
  3. ^ 公式サイト
  4. ^ 参議院会議録情報 第174回国会 予算委員会 第11号
  5. ^ 公式サイト
  6. ^ 月刊誌「人民日報海外版日本月刊」2012年1月号
  7. ^ 公明新聞、2009年10月18日
  8. ^ 公式サイト
  9. ^ 公式サイト
  10. ^ 「性的少数者の差別解消へ国会議連 五輪視野、超党派で」(2015年3月17日、朝日新聞)

外部リンク[編集]

公職
先代:
萩原健司
山本香苗
日本の旗 経済産業大臣政務官
松村祥史と共同

2008年 - 2009年
次代:
近藤洋介
高橋千秋
議会
先代:
山本香苗
日本の旗 参議院総務委員長
2014年 - 2016年
次代:
山本博司
名誉職
先代:
山本香苗
最年少参議院議員
2004年7月 - 2007年7月
次代:
吉川沙織