鮎川金次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
鮎川 金次郎
あゆかわ きんじろう
生年月日 1929年3月12日
没年月日 (1976-03-21) 1976年3月21日(満47歳没)
出身校 成蹊大学政治経済学部卒業
所属政党 自由民主党
称号 学士(成蹊大学)
親族 井上馨曾祖叔父
久原房之助義叔父
鮎川義介
鮎川弥一 (実兄)
鮎川純太 ()

選挙区 東京都選挙区
当選回数 1回
在任期間 1959年6月2日 - 1959年12月29日
テンプレートを表示

鮎川 金次郎(あゆかわ きんじろう[1]1929年3月12日 - 1976年3月21日)は、日本政治家参議院議員などを歴任。

概要[編集]

生い立ち[編集]

日産コンツェルン創始者の鮎川義介二男として生まれた。小学校から大学まで成蹊学園に学ぶ。成蹊大学政治経済学部卒業。

政界入り[編集]

1959年、当時のトップアイドルであった雪村いづみとの婚約を一方的に宣言し話題を呼んだ。同年の第5回参議院議員通常選挙に出馬し、30歳という史上最年少当選を果たす。自由民主党に所属し、外務委員などを務めたが、数千万円を用いたという自派の選挙違反容疑が浮上し、運動員の海外逃亡や金次郎自身がハワイでの静養を議会に申請し却下されるなどの迷走の末、議員辞職した。

このスキャンダルにより父の義介も議員を引責辞職し、その晩節を陰らせた。また、金次郎は義介の葬儀に参列せず、そのことを週刊誌に様々な憶測とともに取り上げられた。

晩年[編集]

1974年、45歳で結婚。披露宴の友人代表には佐々淳行が名を連ねている。だが、僅か2年後の1976年3月21日、パリ市にて47歳で急死。

親族[編集]

実父は日産コンツェルン創始者の鮎川義介。兄はテクノベンチャー創業者の鮎川弥一。妻はノーネスユニバーシティ学園長の鮎川雅子。甥はテクノベンチャー会長の鮎川純太

脚注[編集]

[ヘルプ]
名誉職
先代:
大矢正
最年少参議院議員
1959年7月 - 1959年12月
次代:
石田次男