山添拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山添 拓
やまぞえ たく
生年月日 (1984-11-20) 1984年11月20日(35歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府向日市[1]
出身校 東京大学法学部
早稲田大学大学院法務研究科
前職 弁護士
所属政党 日本共産党
称号 法務博士
配偶者 あり
公式サイト 山添 拓 参議院議員・日本共産党「憲法いかし、希望ある日本に。」

選挙区 東京都選挙区
当選回数 1回
在任期間 2016年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

山添 拓(やまぞえ たく、1984年11月20日 - )は、日本政治家日本共産党所属の参議院議員(1期)。弁護士

プロフィール[編集]

1984年京都府生まれ。京都市立堀川高等学校を経て、東京大学法学部卒、早稲田大学大学院法務研究科修了。 司法試験に合格した2011年以降、東京法律事務所や山添拓法律事務所で、原発事故の被害賠償事件に取り組む弁護団、過労死弁護団、首都圏青年ユニオン顧問弁護団、国公労連賃下げ違憲訴訟弁護団等に参加[2]

2016年第24回参議院議員通常選挙において、改選数・定数6名の東京都選挙区より立候補し、得票率10.7%を得て4位で初当選[3]

政策[編集]

  • 安保法制は廃止すべき[4]
  • 憲法改正に反対[4]
  • 憲法9条改正に反対[4]
  • 緊急事態条項の創設に反対[4]
  • 政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に対し、電波停止を命じる可能性に言及した高市早苗総務相の姿は問題だ[4]
  • 2016年4月の消費税率10%への引き上げについて、法改正し、引き上げを延期または中止すべきだ[4]
  • アベノミクスの恩恵は、地方や中小企業に及んでいるとは思わない[4]
  • 環太平洋パートナーシップ協定に反対[4]
  • 原発は日本に必要ない[4]
  • 米軍普天間飛行場は国外に移設すべき[4]
  • 核武装について、将来にわたって検討すべきでない[4]
  • 選択的夫婦別姓についての選択式アンケートにおいて、「賛成」としている[5]。「自らの馴れ親しんだ姓を名乗り続けたいという思いは個人の尊厳を定める憲法の下で当然尊重されるべき」とする[6]
  • 自身の公式ページでは以下の5つを政策として挙げている[7]
    • 安倍政権に代わる政治
    • 若い世代が将来に夢と希望を持てる社会
    • ブラックな働き方の変革
    • くらしのための税金を使う
    • 改憲を許さず憲法を生かす政治

出典[編集]

外部リンク[編集]


名誉職
先代:
渡辺美知太郎
最年少参議院議員
2016年7月 - 2019年7月
次代:
安江伸夫