聴濤弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

聴濤 弘(きくなみ ひろし、1935年8月27日 - )は日本政治家、政治評論家参議院議員日本共産党公認)を1期務めた。宮本顕治が引退し日本共産党中央委員会名誉議長となった1997年日本共産党第21回大会で中央役員を引退し日本共産党中央委員会名誉幹部会委員となった。現職の国会議員が中央役員を引退するのは異例であった。2000年日本共産党第22回大会で名誉議長・名誉幹部会委員・中央委員会顧問が廃止され、名誉役員に一本化された際に名誉職を失った。その後、聽涛 弘の表記で著作活動を行った。最新の著作では聽濤 弘の表記となっている。

来歴[編集]

東京都出身。京都大学経済学部中退。1960年から5年間旧ソ連に留学。1967年より日本共産党中央委員会に勤務[1]。日本共産党中央委員会政策委員、社会科学研究所事務局次長を経て、1992年の参院選にて比例区から出馬し初当選を果たす。当選後は政策宣伝委員会責任者としてメディア露出が多かった。1期務めた後、1998年に引退を表明。このほか、国際部長、常任幹部会員を歴任した[1]

衆議院議員1949年1950年)を務めた聴濤克巳が父で、日本共産党で唯一親子で国会議員だった[2]

主著[編集]

単著[編集]

  • 『21世紀と社会主義』(新日本出版社1984年4月
  • 『社会主義をどうみるか』(新日本出版社、1986年4月)
  • 『資本主義か社会主義か』(新日本出版社、1987年8月
  • 『ソ連はどういう社会だったのか』(新日本出版社、1997年8月)
  • 『新ロシア紀行 : 見たこと、聞いたこと、読んだこと』(新日本出版社、2004年1月
  • 『カール・マルクスの弁明 : 社会主義の新しい可能性のために』(大月書店2009年5月)*聽涛 弘表記
  • 『レーニンの再検証 - 変革者としての真実』(大月書店、2010年8月)*聽涛 弘表記
  • 『マルクス主義と福祉国家』(大月書店、2012年4月)*聽涛 弘表記
  • 『マルクスならいまの世界をどう論じるか』(かもがわ出版2016年1月聽濤 弘表記

共著・訳書[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『マルクス主義と福祉国家』著者紹介 紀伊國屋書店
  2. ^ 共産党国会議員の親が国会議員経験者だった例としては、米原昶衆議院議員の父親が米原章三貴族院議員だった例がある。

関連項目[編集]