浜田聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜田 聡
はまだ さとし
生年月日 (1977-05-11) 1977年5月11日(42歳)
出生地 日本の旗 京都府京都市
出身校 東京大学教育学部
京都大学医学部
前職 放射線科専門医
不動産賃貸業者
所属政党 NHKから国民を守る党
配偶者[1]
公式サイト 浜田聡のブログ

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2019年10月23日 - 予定
テンプレートを表示

浜田 聡(はまだ さとし、1977年5月11日 - )は、日本政治家医師不動産経営者NHKから国民を守る党所属の参議院議員(1期、10月23日より任期開始の予定[2])。

来歴[編集]

京都府京都市出身、岡山県倉敷市在住[1]

洛南高校東京大学教育学部卒業、大学院教育学研究科修士課程修了後、京都大学医学部へ再入学し卒業[1]放射線科専門医として、十和田市立中央病院で初期研修医として勤務後、倉敷中央病院川崎医科大学総合医療センターに勤務[3]。その後川崎医科大学附属病院玉島協同病院などに非常勤で勤める。

2016年東京都知事選挙NHKから国民を守る党公認で出馬した立花孝志の政見放送を見たことがきっかけで党の活動に興味を持ち、2018年元旦に立花にメールで第19回統一地方選挙への出馬の意向を伝えた[4]

2019年4月7日投開票の岡山県議会議員選挙にNHKから国民を守る党公認で倉敷市都窪郡選挙区から立候補したが落選。

同年7月21日に行われた第25回参議院議員通常選挙に党公認で比例区から立候補したが次点で落選した[5]。 落選後、党首の立花孝志の私設秘書となる。

その後、8月25日投開票の埼玉県知事選挙、9月29日投開票の東大阪市長選挙に党公認で立候補したがいずれも落選している[1]

10月10日、立花が参議院埼玉県選挙区補欠選挙に立候補を届け出て参議院議員を自動失職したため、次点の浜田が繰り上げ当選する予定[6]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]