風間直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
風間 直樹
かざま なおき
生年月日 (1966-10-22) 1966年10月22日(51歳)
出生地 日本の旗 新潟県新井市(現:妙高市
出身校 慶應義塾大学法学部政治学科
前職 新潟県議会議員
所属政党 自由民主党→)
無所属→)
民主党→)
民進党→)
立憲民主党
称号 法学士
公式サイト 参議院議員 風間直樹 オフィシャルホームページ

選挙区 比例区→)
新潟県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年7月29日 - 現職

選挙区 上越市選挙区
当選回数 1回
在任期間 1999年4月 - 2003年4月
テンプレートを表示

風間 直樹(かざま なおき、1966年10月22日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の参議院議員(2期)。元外務大臣政務官野田第3次改造内閣)、新潟県議会議員(1期)を務めた。

来歴[編集]

新潟県新井市(現:妙高市)生まれ。新井市立新井小学校(現・妙高市立新井小学校)、上越教育大学付属中学校新潟県立高田高等学校卒業。1990年慶應義塾大学法学部政治学科卒業[1]。同年4月、三井物産株式会社に入社。大前研一事務所にも勤める。1992年平成維新の会事務局次長に就任(事務局での同僚に長妻昭がいた)。

1999年4月、新潟県議会議員選挙に上越市選挙区から自由民主党公認で出馬し、初当選した。県議時代は、地元選出の元自治大臣白川勝彦の系列であった。2003年第43回衆議院議員総選挙新潟6区から無所属で出馬するも落選。当初は自民党公認での出馬を模索していたが、高鳥修一が公認を得たため、風間は無所属での出馬を余儀なくされた。結局、高鳥・風間のいずれも民主党前職の筒井信隆に敗れた。

2007年第21回参議院議員通常選挙に、民主党公認で比例区から出馬し当選。2012年10月、野田第3次改造内閣外務大臣政務官に任命される。

2013年1月、同年7月の第23回参議院議員通常選挙では、比例区から新潟県選挙区に鞍替えして出馬する意向を表明した[2]。同選挙では、前年に民主党を離党し生活の党公認で出馬した現職の森裕子を破り、塚田一郎に次ぐ得票数2位で再選。

2015年民主党代表選挙では長妻昭の推薦人に名を連ねる[3]が、岡田克也が当選した[4]

2017年12月20日、新潟日報の取材に対し、民進党を離党して立憲民主党に入党する意向を表明した[5][6]。12月21日、民進党に離党届を提出するとともに立憲民主党に入党届を提出し[7][8]、理由について「衆議院選挙後の党運営の中で、政策部門の責任者の一端となり、さまざまな議論をしたが、来年から憲法改正の論議が活発になる中で、(憲法観が近い)立憲民主党が自分にとって最もふさわしいと考えた」と説明した[9][10][11]。12月25日、民進党は離党届を受理し[12][13]、12月26日、立憲民主党は風間の入党を承認した[14][15][16]

政策・主張[編集]

支援団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール参議院議員 風間直樹 オフィシャルホームページ
  2. ^ “2013参院選・新潟:/中 民主・風間直樹氏、党勢回復へ組織固め/維新・米山隆一氏、無党派頼み風吹かず /新潟”. 毎日新聞. (2013年6月21日). http://mainichi.jp/area/niigata/news/20130621ddlk15010073000c.html 2013年6月29日閲覧。 
  3. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年1月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 2015年1月18日閲覧。 
  4. ^ “<民主代表選>新代表に岡田氏 挙党態勢を重視”. 毎日新聞. (2015年1月18日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150118-00000030-mai-pol 2015年1月18日閲覧。 
  5. ^ “風間氏が立憲民主へ 21日に民進に離党届”. 新潟日報. (2017年12月21日). https://www.47news.jp/988980.html 
  6. ^ “民進・風間直樹参院議員がきょう離党届提出 立憲民主党入りの意向”. 産経新聞. (2017年12月21日). http://www.sankei.com/politics/news/171221/plt1712210014-n1.html 
  7. ^ “民進、離党の動き止まらず=風間参院議員、立憲入党へ”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年12月21日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000073-jij-pol 
  8. ^ “民進・風間直樹参院議員が離党届提出→立憲民主党へ入党届 有田芳生参院議員も”. 産経新聞. (2017年12月21日). http://www.sankei.com/politics/news/171221/plt1712210016-n1.html 
  9. ^ “民進・風間氏が離党届提出 立民入党へ”. 日本経済新聞. (2017年12月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24920670R21C17A2PP8000/ 
  10. ^ “民進 風間 有田両参院議員が離党 立民に入党へ”. NHK. (2017年12月21日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171221/k10011267051000.html 
  11. ^ “民進、離党ドミノ加速も 風間、有田氏が立民入りへ”. 共同通信. (2017年12月21日). https://this.kiji.is/316515358896866401 
  12. ^ “民進、参院議員3氏の離党届を受理”. 日本経済新聞. (2017年12月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25047450V21C17A2PP8000/ 
  13. ^ “民進党:3氏の離党届受理 小川氏は慰留へ”. 毎日新聞. (2017年12月25日). https://mainichi.jp/articles/20171226/k00/00m/010/071000c 
  14. ^ “立民 4人入党を承認 民進上回り野党第1党に”. NHK. (2017年12月26日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171226/k10011272291000.html 
  15. ^ “蓮舫氏、立民へ入党届 山尾氏ら4人は決定”. 共同通信. (2017年12月26日). https://this.kiji.is/318319999968674913 
  16. ^ “蓮舫氏、立民に入党届…山尾氏ら4人入党認める”. 読売新聞. (2017年12月26日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00050096-yom-pol 
  17. ^ 原発抱える注目選挙区新潟で再稼働が突如争点に | 原発・放射能情報 | BWW
  18. ^ a b 時事通信 2013年3月15日
  19. ^ 民主、風間氏を厳重注意に 日銀総裁人事で反対票 日本経済新聞 2013年3月18日
  20. ^ 「殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」(清水潔 新潮社)
  21. ^ 平成19年10月31日災害対策特別委員会議事録
  22. ^ ’13参院選:2議席巡る攻防 公示まで2カ月、7人立候補準備 /新潟 毎日新聞 2013年05月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
林久美子
日本の旗 参議院沖縄及び北方問題
に関する特別委員長

2014年 - 2016年
次代:
江崎孝
公職
先代:
加藤敏幸
浜田和幸
中野譲
日本の旗 外務大臣政務官
浜田和幸村越祐民と共同

2012年
次代:
阿部俊子
城内実
若林健太