秋元司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋元 司
あきもと つかさ
あきもと司.png
生年月日 (1971-10-23) 1971年10月23日(48歳)
出生地 日本の旗 東京都足立区[1][2]
出身校 大東文化大学経済学部
前職 小林興起衆議院議員秘書
現職 衆議院議員
所属政党自由民主党二階派)→)
無所属
配偶者
公式サイト あきもと司オフィシャルサイト

選挙区比例東京ブロック→)
東京15区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月21日[3] - 現職

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2004年7月 - 2010年7月
テンプレートを表示

秋元 司(あきもと つかさ、1971年〈昭和46年〉10月23日 - )は、日本政治家衆議院議員(3期)。

国土交通副大臣兼内閣府副大臣兼復興副大臣第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)、防衛大臣政務官第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、衆議院内閣委員長参議院議員(1期)、自民党内閣部会長等を歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都足立区に生まれる[1][2]。秋元家は江戸時代より昭和中期まで現在の江東区毛利にて[4]代々続いた宮大工の家系。父は不二家に勤務するサラリーマン転勤族だった[5]。また、本人のツイッターでは「熊本は親父の地元です。たまたま家内の祖父も熊本だったらしい。」とも語っている[6]

鹿児島市立吉野東小学校鹿児島市立吉野東中学校卒業。1990年3月に鹿児島県立武岡台高等学校を卒業[7]

1992年4月に大東文化大学経済学部へ入学。学業のかたわら、建設土木関係の人材請負業を起業する。当時、秋元は練馬区に住んでいたが、取引先の社長が旧東京5区(豊島区、練馬区)の小林興起衆議院議員の支援者だった関係から[5]1993年4月に小林の事務所へ学生秘書として入所する[2]。なお同年7月の第40回衆議院議員総選挙で小林は落選。

1996年3月、大東文化大学経済学部を卒業[2][7]。2000年、第41回衆議院議員総選挙で東京10区で返り咲いた小林の公設第一秘書となる。小林の秘書としてパチンコ業界との関係を培う。当時の同僚は「議員から献金集めを期待されていた。パーティー券販売や人脈作りにたけていて、事務所の中で実質的な稼ぎ頭だった」と回顧する[8]

国政へ[編集]

2004年7月、第20回参議院議員通常選挙に自民党公認で比例区から立候補し、自民党の全国比例候補中得票数第2位の305,613票で初当選する[7]

2005年小泉純一郎内閣において郵政民営化法案の参議院本会議採決で反対票を投じ、党より党役職停止1年(執行猶予2年)の処分を受けた[9]

2007年8月、第1次安倍内閣防衛大臣政務官に任命される。同年9月、福田康夫内閣で防衛大臣政務官に再任[7]

2008年9月、自民党議院運営委員会理事および国会対策副委員長に就任。

2009年6月より兼ねて、大東文化学園理事を務める[10][11]

2010年7月の第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で比例区から立候補し87,948票獲得するが落選。

2011年4月より東京福祉大学客員教授[10][11]、理事を兼任[12]

2012年2月、衆議院東京15区江東区)の自民党支部長に任命される。同年12月、衆議院から国政に再挑戦、74,159票を得るが、88,222票を得たみんなの党柿沢未途に敗れる。しかし比例東京ブロックで復活当選し、国政に復帰した[13]

2013年2月、日本・台湾経済文化交流を促進する若手議員の会事務局長に就任。同年3月、サービス産業振興議員連盟事務局長に就任。

2014年12月、第47回衆議院議員総選挙で東京15区から立候補、維新の党の柿沢との票差を前回より縮めたものの、2793票差(惜敗率96.8%)で敗れ、比例復活で2選[14]

2015年10月23日、自民党国土交通部会長に就任[15]

2016年9月、衆議院内閣委員長に就任[16]。同年12月2日、「統合型リゾート整備推進法案」(カジノ法)の採決を強行して可決させた[17]

2017年8月、第3次安倍第3次改造内閣国土交通副大臣観光立国の推進、航空行政道路港湾など担当[18])兼内閣府副大臣IR担当[19])兼復興副大臣地震津波災害からの復興に関する事項の担当[20])に任命される。

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙で東京15区から立候補、民進党から離党し希望の党に移った柿沢に3万票もの差をつけ小選挙区から3選[21]

弁護士法違反容疑、IRをめぐる収賄容疑[編集]

2019年から様々な事件で秋元の名が取り沙汰されるようになった。まず同年2月、東レの巨額不正取引事件が発覚するが、この事件にからみ秋元は2018年8月9日、ヤミ金業者の代理として東レの日覺昭廣社長に1億2000万円の支払いを求める電話をかけていた。この件で弁護士法違反の疑いがあることが週刊文春2019年4月25日号で報じられた[22]

同年7月23日、内閣府が事業委託した公益財団法人「児童育成協会」に虚偽の工事請負契約書を提出するなどして、助成金2件計約2億円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は福岡市の経営コンサルタント会社社長を詐欺の疑いで逮捕した[23]。会社社長が秋元の古くからの支援者で2004年から2006年にかけて献金を行っていたこと[24]、逮捕当時、秋元が保育事業を所管する内閣府の副大臣であったことから、ただちに秋元の名が浮上した。同年8月、記者会見で問われた際は「5、6年会っていない。彼の事業に個別に加担したことは一切ない」と関係を否定した。しかし会社社長が秋元と親交があると周囲に語り、政治資金パーティー券の購入を関連業者らに勧めていたことから、東京地検特捜部による秋元の周辺調査が開始された[25]

身辺調査を進めるなかで、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を目指していた中国の企業関係者が多額の現金を海外から不正に持ち込んだとされる外為法違反事件が発覚。12月7日、東京地検特捜部は秋元の元政策秘書と元私設秘書の自宅から資料を押収した[25]。12月19日には秋元の事務所などを家宅捜索した[26][27]

12月25日早朝、全国紙の記者の携帯電話に電話をかけ「はした金はもらわねえよ。あり得ねえよ。ほんとばかたれ」「1億、2億なら別だが俺は正面から堂々ともらうんだから」「地検ははしゃぎすぎだ。こんなことで身柄拘束しやがって。徹底して戦ってくるわ」と身の潔白について自信の程を見せた[28]。午前10時に自身のフェイスブックとツイッターに「私は、不正には一切関与しておりません。そのことは、引き続き主張してまいります」と書き込んだあと[29]、自民党に離党届を提出。同日、収賄容疑で逮捕された。同日夜に接見した弁護士によると逮捕後も容疑を否認している[30]。現職の国会議員の逮捕は2010年の陸山会事件における石川知裕(収賄による逮捕に限れば2002年鈴木宗男事件における鈴木宗男)以来とされる[31][32]。離党届は同日昼過ぎまでに受理された[33]

2020年1月14日、講演料や中国の本社訪問の旅費などの名目で計3百数十万円の賄賂を受け取った疑いがあるとして再逮捕された。賄賂総額は計約726万円相当となった[34]

主張・活動[編集]

国土交通[編集]

  • 2011年3月、東日本大震災時に被災地支援活動を行い、活動の経験に基づいたレポートを作成。秋元がこのレポートを用いて行った自民党本部への緊急提言が復興支援法の基礎に反映された[35]
  • 首都高「晴海-豊洲」間を開通し、五輪選手村へのアクセスを確保する[36]
  • パーキングエリアのスマートインターチェンジ設置計画を進め、地域の理解を重んじながら、高速道路のスマートICを進めていく方向を示した[37]

観光[編集]

  • IR(統合型リゾート)を担当[38]。世界の富裕層を集める「KIWAMIプロジェクト研究会」を立ち上げ、「観光先進国」の実現を目指す[39]
  • カジノの解禁に賛成[40]
  • 観光について、「日本政府は、20年の東京オリンピック・パラリンピックまでに年間の訪日外国人観光客4000万人を目指し、その10年後の30年には6000万人を目指していく」と語り、30年時点でインバウンドがもたらす経済効果を15兆円とする構えをみせた[41]
  • 外国人労働者の受け入れを進めるべきかについては、どちらかといえば賛成[42]

パチンコ[編集]

経済[編集]

外交防衛[編集]

その他[編集]

不祥事[編集]

  • 2004年7月12日、公職選挙法違反(文書図画の頒布)の疑いで秋元の選挙事務所などが警視庁家宅捜索を受けた[54]
  • 2007年11月16日、東京都豊島区乗用車を運転中、バイク接触事故を起こした。バイクを運転していた専門学校生の少年が両ひざに1週間のけがを負った[55]
  • 3年間で計1400人もの外国人留学生が「所在不明」となっている東京福祉大学の創設者から50万円の献金を受けていた(2014年)。また、同大学の客員教授と学校法人の理事を兼任していた(2017年副大臣就任を期に退任。『しんぶん赤旗』2019年4月1日)。さらに理事報酬などとして総額300万円超の報酬を受けたことで国会で追及されたり、国が進める企業主導型保育事業をめぐり4億8千万の助成金詐取の疑いで逮捕された男性との関係などが問題視された(『AERA dot.』2019.12.9)。
  • 2019年12月25日、統合型リゾート施設への日本参入を目指していた中国企業に便宜を図る見返りに現金数百万円を受け取ったとして、収賄容疑で東京地方検察庁特別捜査部に逮捕された‪[56]

人物[編集]

  • 秋元は自身について『月刊公論』(2019年6月号)の対談で「私は2世議員でもお坊ちゃんでもタレントでもましてやエリートでもない。掲げる理念と行動力のみが全てですから」と述べている[57]。住所は東京都江東区南砂[58]、地元事務所は東京都江東区東陽5丁目にある[59][60]
  • 2014年の衆議院選挙の際、秋元の車が壊され、応援ビラ200枚がなくなった、と報じられた[61]
  • やくざを主人公とするオリジナルビデオシリーズ『日本統一』の33作目(2019年4月発売)にマル暴刑事役として出演した[62]

家族・親族[編集]

秋元家
  • 妻と二男(双子)がいる[63]。ある代議士の秘書を務めていた妻は秋元とはいわゆる「職場結婚」だった[57]

党役職[編集]

  • 自由民主党国会対策委員会副委員長
  • 自由民主党総務会副会長
  • 自由民主党経済産業部会部会長代理
  • 自由民主党国防部会副部会長
  • 自由民主党商工・中小企業関係団体委員会委員長
  • 自由民主党キャリア教育推進特命委員会幹事
  • 自由民主党青年局次長
  • 自由民主党ネットメディア局次長
  • 東京都支部連合会幹事長代理
  • 江東総支部副支部長
  • 自民党内閣部会長
  • 自民党国土交通部会長

所属団体[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 宇宙基本法と日本の宇宙開発 (PDF)”. UNISEC. 2019年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  2. ^ a b c d プロフィール”. あきもと司オフィシャルサイト. 2010年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  3. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  4. ^ 秋元 司さんのプロフィールページ”. アメーバブログ. 2019年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月26日閲覧。
  5. ^ a b 自民党 あきもと 司 衆議院議員(第61回) みわちゃんねる突撃永田町!! 2013年02月06日放送
  6. ^ akimoto_tsukasaの2010年4月15日2:17のツイート- Twitter
  7. ^ a b c d 防衛大臣政務官”. 首相官邸. 2013年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  8. ^ “【癒着 IR汚職】(上)秋元容疑者、スペイン・イビサ島視察 「金主」と豪遊”. 産経新聞. (2020年1月14日). https://www.sankei.com/affairs/news/200114/afr2001140024-n2.html 2020年1月15日閲覧。 
  9. ^ 「自民党 議員ら50人の処分決定」、ライブドア・ニュース、2015年10月28日。
  10. ^ a b 国会議員情報”. 時事ドットコム. 2019年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  11. ^ a b 自民議員関連先に特捜部が家宅捜索報道の謎 渦中の秋元司氏が会見「私は把握していない」 (1/3)”. AERA dot. (アエラドット) (2019年12月9日). 2019年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  12. ^ 大学案内 役員・顧問の方々”. 東京福祉大学. 2017年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  13. ^ 東京 小選挙区 : 開票結果 : 総選挙2012 : 衆院選
  14. ^ 開票結果・速報(小選挙区・東京) : 衆院選2014(衆議院選挙)
  15. ^ 自民党国土交通部会長 秋元司産経新聞、2015年10月23日閲覧
  16. ^ 国家基本政策に棚橋氏=衆院委員長など内定-自民
  17. ^ “委員長時に「カジノ法」採決強行 秋元衆院議員とIR”. 朝日新聞. (2019年12月25日). https://www.asahi.com/articles/ASMDT347HMDTUTIL00G.html 2019年12月25日閲覧。 
  18. ^ 国土交通省 秋元副大臣会見要旨 2017年8月10日
  19. ^ 第195回国会 内閣委員会 第1号
  20. ^ 第196回国会 東日本大震災復興特別委員会 第3号
  21. ^ 東京-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  22. ^ “弁護士法違反の疑い 秋元環境副大臣が東レ社長に「1.2億円借金取立て」”. 週刊文春. (2019年4月25日). https://bunshun.jp/articles/-/11528 2019年12月25日閲覧。 
  23. ^ “保育事業の助成金2億円詐取容疑 コンサル社長再逮捕”. 朝日新聞. (2019年7月23日). https://www.asahi.com/articles/ASM7R3QKBM7RUTIL00T.html 2019年12月25日閲覧。 
  24. ^ “詐欺容疑者あっせんでパー券 秋元内閣府副大臣 安倍政権肝いり 企業主導型保育巡り”. しんぶん赤旗. (2019年8月8日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-08-08/2019080815_01_1.html 2019年12月25日閲覧。 
  25. ^ a b 山田雄之、山下葉月 (2019年12月10日). “秋元議員の元秘書宅捜索 東京地検 外為法違反の疑い”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201912/CK2019121002000120.html 2019年12月25日閲覧。 
  26. ^ “秋元議員の事務所を捜索 外為法違反事件巡り東京地検”. 日本経済新聞. (2019年12月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53536280Z11C19A2CE0000/ 2019年12月22日閲覧。 
  27. ^ “秋元司衆院議員の事務所など捜索 東京地検、IR巡る外為法違反事件”. 毎日新聞. (2019年12月19日). https://mainichi.jp/articles/20191219/k00/00m/040/036000c 2019年12月22日閲覧。 
  28. ^ “IR参入汚職/上 秋元議員、IRで「台頭」 一言が業者左右 採決強行で政治力”. 毎日新聞. (2019年12月26日). https://mainichi.jp/articles/20191226/ddm/041/010/047000c 2019年12月26日閲覧。 
  29. ^ “自民・秋元司議員を逮捕、IRめぐる収賄容疑 特捜部”. 朝日新聞. (2019年12月25日). https://www.asahi.com/articles/ASMDT2H74MDTUTIL004.html 2019年12月25日閲覧。 
  30. ^ “自民党の秋元司衆院議員を逮捕 IRをめぐる収賄の疑い”. NHK NEWSWEB. NHK. (2019年12月25日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191225/k10012227621000.html 2019年12月25日閲覧。 
  31. ^ “10年ぶりの現職国会議員逮捕 収賄罪は鈴木宗男氏以来”. 朝日新聞. (2019年12月25日). https://www.asahi.com/articles/ASMDT3HRWMDTUTIL00P.html 2019年12月25日閲覧。 
  32. ^ “国会議員の収賄逮捕は17年ぶり 東京地検特捜部”. 産経新聞. (2019年12月25日). https://www.sankei.com/affairs/news/191225/afr1912250024-n1.html 2019年12月25日閲覧。 
  33. ^ “秋元議員、自民を離党”. 時事通信. (2019年12月25日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122500466&g=pol 
  34. ^ “秋元司議員、別の収賄容疑で再逮捕…賄賂総額は726万円相当に”. 読売新聞. (2020年1月14日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20200114-OYT1T50130/ 2020年1月15日閲覧。 
  35. ^ 自由民主 平成24年4月20日号
  36. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年3月10日). “首都高・晴海-豊洲が開通 五輪選手村へのアクセス” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月2日閲覧。
  37. ^ 横須賀PA スマートIC早期整備へ 西地区の利便性向上に一役 | 横須賀” (日本語). タウンニュース (2018年6月22日). 2019年11月2日閲覧。
  38. ^ 編集部 (2017年8月8日). “【人事】国土交通省副大臣・政務官 秋元司氏はIRも担当へ” (日本語). TRAICY(トライシー). 2019年11月2日閲覧。
  39. ^ 「日本再発見」日本経済のカギを握るのは、外国の資産30億円「超富裕層」たち!?” (日本語). Newsweek日本版 (2018年7月2日). 2019年11月2日閲覧。
  40. ^ a b 毎日新聞,2017衆院選,選挙,総選挙,自民,東京15区,秋元 司” (日本語). 毎日新聞. 2019年11月2日閲覧。
  41. ^ SDGsを踏まえた成長が求められる” (日本語). 企業家倶楽部. 2019年11月2日閲覧。
  42. ^ Company, The Asahi Shimbun. “朝日・東大谷口研究室共同調査:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年11月2日閲覧。
  43. ^ 理事・会員リスト”. パチンコチェーンストア協会 (2019年4月1日). 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  44. ^ https://news.livedoor.com/article/detail/17592136/
  45. ^ 【調査報道】パチンコ業界、対政界戦略で大きな決断/中台正明”. P-WORLD 株式会社ピーワールド (2019年5月9日). 2019年12月26日閲覧。
  46. ^ パチンコ業界紙に踊った「『おだち』を国政に」。その意味と背景”. ハーバー・ビジネス・オンライン (2019年6月1日). 2019年12月26日閲覧。
  47. ^ NETIB-NEWS”. データ・マックス (2019年7月11日). 2019年12月26日閲覧。
  48. ^ a b c d e f 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  49. ^ 国会会議録検索システム
  50. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  51. ^ 参議院会議録情報 第174回国会 決算委員会 第9号
  52. ^ 有田芳生の『酔醒漫録』 2010年5月24日
  53. ^ 秋元司ブログ 2012年11月19日
  54. ^ 朝日新聞 公選法違反の疑いで比例区当選の自民・秋元氏陣営を捜索
  55. ^ 毎日新聞、2007年11月17日
  56. ^ 秋元司議員、収賄容疑で逮捕 IRめぐり現金受東京地検特捜部 産経新聞 2019年12月25日配信 2019年12月25日閲覧
  57. ^ a b 週刊新潮 2020年1月2・9日号掲載”. デイリー新潮. 2020年1月13日閲覧。
  58. ^ 秋元議員逮捕 政権推進 IRに影 地元の江東、驚きと落胆:社会(TOKYO Web)”. 東京新聞 (2019年12月25日). 2019年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月26日閲覧。
  59. ^ 自由民主党東京都第十五選挙区支部 政治資金収支報告書(平成29年分定期公表)、(3) 政治活動費の内訳 (PDF)”. 東京都選挙管理委員会 (2018年11月21日). 2019年12月2日閲覧。
  60. ^ 自由民主党東京都支部連合会 政治資金収支報告書(平成30年分定期公表) (PDF)”. 東京都選挙管理委員会 (2019年11月20日). 2019年12月2日閲覧。
  61. ^ 時事通信 2014年12月8日
  62. ^ “東京地検特捜部が狙う「秋元司代議士」、任侠ものVシネマに“マル暴刑事”で出演”. デイリー新潮. (2019年12月24日). https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12241102/ 2019年12月25日閲覧。 
  63. ^ 自由民主 東京都版 page1”. TOKYO自民党. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月26日閲覧。
  64. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  65. ^ a b c d 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  66. ^ 秋元司衆議院議員インタビュー « 台湾新聞 BLOG
  67. ^ 「サービス産業振興に関する提言」
  68. ^ いよいよ4月に「ダンス議連」設立総会。超党派で呼びかけ。

外部リンク[編集]

公職
先代:
渡嘉敷奈緒美
伊藤忠彦
日本の旗 環境副大臣
城内実と共同
2018年 -2019年
次代:
佐藤ゆかり
石原宏高
先代:
田中良生
末松信介
日本の旗 国土交通副大臣
牧野京夫と共同
2017年 - 2018年
次代:
大塚高司
塚田一郎
先代:
橘慶一郎
長沢広明
末松信介
日本の旗 復興副大臣
長沢広明
土井亨と共同

2017年 - 2018年
次代:
橘慶一郎
浜田昌良
塚田一郎
先代:
石原宏高
松本洋平
赤間二郎
盛山正仁
高木陽介
末松信介
若宮健嗣
日本の旗 内閣府副大臣
越智隆雄
福田峰之
松本文明
坂井学
葉梨康弘
水落敏栄
武藤容治
伊藤忠彦
山本朋広と共同
左藤章
田中良生
中根一幸
佐藤ゆかり
浮島智子
磯崎仁彦
塚田一郎
原田憲治と共同

2017年 - 2019年
次代:
大塚拓
平将明
宮下一郎
寺田稔
亀岡偉民
松本洋平
御法川信英
石原宏高
山本朋広
先代:
大前繁雄
北川イッセイ
日本の旗 防衛大臣政務官
寺田稔と共同
2007年 - 2008年
次代:
武田良太
岸信夫
議会
先代:
西村康稔
日本の旗 衆議院内閣委員長
2016年 - 2017年
次代:
山際大志郎