秋元司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
秋元 司
あきもと つかさ
あきもと司.png
生年月日 1971年10月23日(44歳)
出生地 東京都江東区
出身校 大東文化大学経済学部
前職 国会議員秘書
所属政党 自由民主党二階派
公式サイト あきもと司オフィシャルサイト

選挙区 比例東京ブロック東京15区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月21日[1] - 現職

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2004年7月 - 2010年7月
テンプレートを表示

秋元 司(あきもと つかさ、1971年10月23日 - )は、日本政治家東京福祉大学客員教授自由民主党所属の衆議院議員(2期)。

防衛大臣政務官第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、参議院議員(1期)、自民党内閣部会長、内閣委員会理事等を歴任。

来歴[編集]

東京都生まれ。1992年4月、大東文化大学経済学部に入学。 1996年3月、同大学経済学部を卒業[2]

2004年7月、第20回参議院議員通常選挙に自民党公認で比例区から出馬。全国小売酒販政治連盟などの支持を受け[要出典]、自民党公認候補の中では竹中平蔵に次ぐ得票数第2位で初当選する。自民党内では志帥会に所属[要出典]

2005年小泉純一郎内閣において郵政民営化法案の参議院本会議採決で反対票を投じ、党より党役職停止1年(執行猶予2年)の処分を受けた[3]

2007年8月、第1次安倍内閣防衛大臣政務官に任命される。同年9月、福田康夫内閣防衛大臣政務官に再任。

2008年9月、自民党議院運営委員会理事および国会対策副委員長に就任。他に経済産業部会副部会長・国防部会副部会長・青年局長代理・宇宙開発特別委員会事務局次長・マルチメディア局次長などを歴任[要出典]

2010年7月の第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で比例区から出馬し87,948票獲得するが落選。

2012年2月、衆議院東京15区の自民党支部長に任命される。同年12月、衆議院から国政に再挑戦、74,159票を得るが、88,222票を得たみんなの党柿沢未途に敗れる。しかし比例東京ブロック復活当選し、国政に復帰した[4]

2013年2月、日本・台湾経済文化交流を促進する若手議員の会事務局長に就任。同年3月、サービス産業振興議員連盟事務局長に就任。同年5月、ダンス文化推進議員連盟事務局長に就任[要出典]

2014年12月、第47回衆議院議員総選挙で東京15区から出馬、維新の党の柿沢との票差を前回より縮めたものの、2793票差(惜敗率96.8%)で敗れ、比例復活で再選[5]

2015年10月23日、自民党国土交通部会長に就任[6]

主張[編集]

不祥事[編集]

公職選挙法違反疑惑[編集]

2004年7月12日、公職選挙法違反(文書図画の頒布)の疑いで秋元の選挙事務所などが警視庁家宅捜索を受けた[13]

バイク接触事故[編集]

2007年11月16日、東京都豊島区で乗用車を運転中、バイクと接触事故を起こした。バイクを運転していた専門学校生の少年が両ひざに1週間のけがを負った[14]

人物[編集]

  • 双子の男児の父親[15]
  • 2014年の衆議院選挙の際、秋元の車が壊され、応援ビラ200枚がなくなった、と報じられた[16]

党役職[編集]

  • 自由民主党国会対策委員会副委員長
  • 自由民主党総務会副会長
  • 自由民主党経済産業部会部会長代理
  • 自由民主党国防部会副部会長
  • 自由民主党商工・中小企業関係団体委員会委員長
  • 自由民主党キャリア教育推進特命委員会幹事
  • 自由民主党青年局次長
  • 自由民主党ネットメディア局次長
  • 東京都支部連合会幹事長代理
  • 江東総支部副支部長
  • 自民党内閣部会長
  • 自民党国土交通部会長

所属団体[編集]

議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
大前繁雄北川イッセイ
日本の旗 防衛大臣政務官
寺田稔と共同

2007年 - 2008年
次代:
武田良太岸信夫