政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 国会議員資産公開法
法令番号 平成4年12月16日法律第100号
効力 現行法
主な内容 国会議員の資産等の公開について
関連法令 政治資金規正法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律(せいじりんりのかくりつのためのこっかいぎいんのしさんとうのこうかいとうにかんするほうりつ、平成4年12月16日法律第100号)は、国会議員資産の状況等を国民の不断の監視と批判の下におくため、国会議員の資産等を公開する措置を講ずること等により、政治倫理の確立を期し、もって民主政治の健全な発達に資することを目的として1992年に制定された日本法律である。

構成[編集]

  • 第一条(目的)
  • 第二条(資産等報告書等の提出)
  • 第三条(所得等報告書の提出)
  • 第四条(関連会社等報告書の提出)
  • 第五条(資産等報告書等の保存及び閲覧)
  • 第六条(細則)
  • 第七条(地方公共団体における資産等の公開)

資産[編集]

第2条では公開すべき資産が規定されている。

問題点[編集]

  • 国会議員資産公開法では、第2条第5項において保有する有価証券について、国会への報告義務が定められているが、株券の場合は株式の銘柄及び株数のみを報告するため、現実に国会議員が保有している資産の実勢価格と公開された資産価格とは著しく乖離している可能性がある。
  • 両院議長協議により定められた国会議員の資産等の公開に関する規程1条により公開すべき株式は上場企業と資本金1億以上のものとされ、非上場企業等による間接所有は対象外となっている。

国会議員資産公開法に基づく議員資産ランキング[編集]

国会議員資産公開法に基づく
議員資産ランキング
公開時 議員 総資産額
1 1993年12月 笹川堯 40億9879万円
2 1993年12月 糸山英太郎 40億5407万円
3 2015年5月 鳩山邦夫 30億6520万円
4 1997年3月 中村正三郎 26億2251万円
5 1993年12月 鳩山由紀夫 23億7208万円
6 1999年1月 河本英典 23億0901万円
7 2014年1月 渡辺美樹 17億0580万円
8 1997年9月 加藤卓二 16億7557万円
9 2000年12月 河野洋平 15億3329万円
10 1993年12月 塩川正十郎 14億2833万円

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 国会議員の資産等報告書の閲覧案内
衆議院ホームページ
参議院ホームページ