林幹雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 幹雄
はやし もとお
Motoo Hayashi.jpg
生年月日 (1947-01-03) 1947年1月3日(72歳)
出生地 日本の旗 日本 千葉県香取郡東庄町
出身校 日本大学芸術学部文芸学科卒業
前職 小松川鋼機従業員
所属政党 自由民主党二階派
称号 芸術学士(日本大学・1970年
親族 父・林大幹(元環境庁長官
公式サイト 千葉県第10区選挙区支部 衆議院議員 林もとお

内閣 第3次安倍第1次改造内閣
在任期間 2015年10月7日 - 2016年8月3日

内閣 麻生内閣
在任期間 2009年7月2日 - 2009年9月16日

内閣 福田康夫改造内閣
在任期間 2008年8月2日 - 2008年9月24日

選挙区旧千葉2区→)
千葉10区→)
比例南関東ブロック→)
千葉10区
当選回数 9回
在任期間 1993年7月18日 - 現職

当選回数 3回
在任期間 1983年 - 1993年
テンプレートを表示

林 幹雄(はやし もとお、1947年1月3日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(9期)、自民党幹事長代理兼自民党選対委員長代理。父は環境庁長官衆議院議員を務めた林大幹

The Minister of State (Independent Charge) for Power, Coal and New and Renewable Energy, Shri Piyush Goyal with the Minister of Economy, Trade and Industry (METI), Japan, Mr. Motoo Hayashi during a breakfast meeting.jpg

国土交通副大臣第1次小泉第2次改造内閣第2次小泉内閣)、衆議院国土交通委員長国家公安委員会委員長(第7880代)兼沖縄及び北方対策担当大臣防災担当大臣福田康夫改造内閣麻生内閣)、衆議院議院運営委員長(第77代)、自民党筆頭副幹事長経済産業大臣第21代)兼原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当大臣を歴任した。

来歴[編集]

千葉県香取郡東庄町生まれ。千葉県立佐原高等学校日本大学芸術学部文芸学科卒業。大学卒業後は小松川鋼機の従業員を経て父・林大幹の秘書を務める[1]1983年千葉県議会議員選挙に出馬し、初当選した。県議は1993年まで3期10年務める[1]1993年第40回衆議院議員総選挙旧千葉2区(定数4)から自由民主党公認で出馬し、得票数3位で当選した。以後、8期連続当選。

2003年第1次小泉第2次改造内閣国土交通副大臣に任命され、第2次小泉内閣まで務める。2008年福田康夫改造内閣国家公安委員会委員長内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策防災)に任命され初入閣したが、福田康夫首相は内閣改造の約1ヶ月後に退陣を表明したため、わずか54日で閣僚を退任した。2009年麻生内閣で前年同様、国家公安委員会委員長内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策防災)に任命されるが、自民党は同年の第45回衆議院議員総選挙で大敗し、麻生内閣は退陣。わずか2ヶ月程度で、再び閣僚を退任した。総選挙では現職の閣僚ながら千葉10区民主党新人の谷田川元に敗れ、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活した。

2011年、同じ近未来政治研究会に所属していた甘利明が立ち上げたさいこう日本に参加[2]2012年第46回衆議院議員総選挙では千葉10区で民主党の谷田川を破り、7選。選挙後、結成以来所属していた近未来政治研究会での石原伸晃の会長就任を受けて退会し、志帥会へ移籍。二階俊博会長の下で、志帥会副会長を務める[3]2013年1月、自民党治安テロ対策調査会長に就任。

2014年第47回衆議院議員総選挙では千葉10区で再び民主党の谷田川を破り、8選。2015年10月7日第3次安倍第1次改造内閣経済産業大臣産業競争力担当大臣、原子力経済被害担当大臣、内閣府特命担当大臣原子力損害賠償・廃炉等支援機構)に任命された。2016年8月3日、大臣を退任し、自民党幹事長代理に就任[4]。2017年8月3日、選挙対策委員長代理を兼務する[5]。同年の第48回衆議院議員総選挙は谷田川が希望の党公認となったがそれを退け、9選。

政策・主張[編集]

批判[編集]

  • 2016年3月15日、衆議院予算委員会での質疑において、原子力政策に関する野党議員の質問に明確に答えられず、何度も立ち往生し、批判を受けた。林は「事前通告のない専門的な質問が多かった」のが原因などとしたが、勉強不足であることも認めた[9]

政治資金[編集]

人物[編集]

  • 2014年の第186回国会において、大臣、副大臣、政務官、補佐官、議長、副議長、委員長のいずれの要職にもついていなかったのみならず、質問、議員立法、質問主意書提出のいずれもなかったことが指摘された[14][15]
  • 現在の自民党幹事長である二階俊博の側近としても知られ、二階の訪中の際には必ずと言っていいほど随行している。[16]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b profile - 千葉県第10区選挙区支部 衆議院議員 林もとお
  2. ^ “甘利氏の「さいこう」発会式 自民党議員19人が参加”. 産経新聞. (2011年6月23日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/513880/ 2011年7月31日閲覧。 
  3. ^ 志帥会主催「国土強靱化」講演&パーティに支持者3000人
  4. ^ 自民、幹事長代行に下村氏 日本経済新聞 2016年8月3日
  5. ^ 幹事長代理に金田前法相=自民時事ドットコムニュース
  6. ^ a b c d e f “2012衆院選 千葉10区 林 幹雄”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A12010001001 2014年12月19日閲覧。 
  7. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  8. ^ 第154回国会 請願2128号
  9. ^ 石破氏、法案説明ミス「深くおわび」 日本経済新聞 2016年3月16日
  10. ^ 社団法人全日本トラック協会への補助金のあり方に関する質問主意書、平成二十年一月二十五日提出、質問第三〇号
  11. ^ 衆議院議員鈴木宗男君提出社団法人全日本トラック協会への補助金のあり方に関する質問に対する答弁書、平成二十年二月五日受領、答弁第三〇号
  12. ^ “「西松の金」小沢氏に突出/資金管理団体などへ3100万”. しんぶん赤旗. (2009年3月4日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-03-04/2009030401_02_0.html 2015年10月10日閲覧。 
  13. ^ 国家公安委員長に狙いを定めた
  14. ^ 「国会議員三ツ星データブック」、186国会版 国会議員三ツ星データブック、特定非営利法人「万年野党」著。ISBN-13: 978-4905239239
  15. ^ 国会質問も議員立法も質問主意書もない「オールゼロ議員」、64人全氏名を公開! BLOGOS 2014年10月15日
  16. ^ 日本放送協会. ““特別秘書”は、こっそりカレー | 永田町・霞が関のサラめし” (日本語). NHK政治マガジン. 2019年7月16日閲覧。
  17. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  18. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
宮澤洋一
日本の旗 経済産業大臣
第21代:2015年 - 2016年
次代:
世耕弘成
先代:
宮澤洋一
日本の旗 内閣府特命担当大臣
原子力損害賠償・廃炉等支援機構

第5代:2015年 - 2016年
次代:
世耕弘成
先代:
泉信也
佐藤勉
日本の旗 国家公安委員会委員長
第78代:2008年
第80代:2009年
次代:
佐藤勉
中井洽
先代:
岸田文雄
佐藤勉
日本の旗 内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策
第11代:2008年
第13代:2009年
次代:
佐藤勉
前原誠司
先代:
泉信也
佐藤勉
日本の旗 内閣府特命担当大臣防災
第12代:2008年
第14代:2009年
次代:
佐藤勉
前原誠司
先代:
中馬弘毅吉村剛太郎
日本の旗 国土交通副大臣
佐藤泰三と共同
2003年 - 2004年
次代:
蓮実進岩井国臣
議会
先代:
逢沢一郎
日本の旗 衆議院議院運営委員長
第77代:2014年 - 2015年
次代:
河村建夫
先代:
橘康太郎
日本の旗 衆議院国土交通委員長
2005年 - 2006年
次代:
塩谷立
党職
先代:
茂木敏充
原田義昭
自由民主党筆頭副幹事長
2007年 - 2008年
2009年 - 2010年
次代:
原田義昭
遠藤利明