小林鷹之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小林 鷹之
こばやし たかゆき
生年月日 (1974-11-29) 1974年11月29日(43歳)
出生地 日本の旗 千葉県市川市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員財務省
所属政党 自由民主党二階派
公式サイト 小林鷹之オフィシャルサイト

選挙区 千葉2区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

小林 鷹之(こばやし たかゆき、1974年11月29日 - )は、日本政治家、元大蔵官僚財務官僚自由民主党所属の衆議院議員(3期)。二階派所属。日本会議国会議員懇談会会員。元防衛大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)。

来歴[編集]

千葉県市川市千葉3区)生まれ[1]浦安市立美浜南小学校千葉5区)から中学受験をし東京都私立開成中学校・高等学校を経て、1年間の浪人を経て[2]東京大学教養学部文科Ⅰ類に入学。4年生時に1年留年[2]1999年法学部を卒業。東大在学中は、ボート部に所属し、4年時には主将を務めた[3]

1999年、24歳で大蔵省入省[3]理財局資金第一課に係員として配属[3]。小林は1浪、大学で1留していたため、高校での後輩が同省で先輩となっていた[2]2001年ハーバード大学ケネディ行政大学院に留学し、公共政策学修士を取得[3]2005年、理財局総務課課長補佐[3]2007年から2010年まで、在アメリカ合衆国日本国大使館において、二等書記官、一等書記官を勤める[3]。2010年4月、退官[3]

2006年11月、小林が31歳の時、12年半交際していた女性と結婚[2][3]

2010年6月、自由民主党千葉県第二選挙区支部長に就任[4]2012年12月、第46回衆議院議員総選挙で千葉2区から自由民主党公認・公明党推薦で立候補し、初当選した。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では維新の党の新人、日本共産党の元県議らを破り再選[5]

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、防衛大臣政務官に就任[6]

2017年7月6日、九州北部豪雨に自衛隊が出動していたが、午前11時50分に稲田大臣が防衛省を離れ、午後0時半過ぎに小林が登庁するまでの約40分間、防衛省に政務三役全員がいない状態となった[7]

2017年8月3日、第3次安倍第2次改造内閣で防衛大臣政務官を解任、無役に。

2017年第48回衆議院議員総選挙で3選。

政策[編集]

消費税増税
  • 「消費税10%に増税」に賛成[8]
  • 「長期的に消費税率を10%よりも高くする」ことに賛成[8]
  • 「消費増税の先送り」に反対[8]
格差、教育無償化
  • 「社会的格差が多少あっても経済競争力の向上を優先」という考え方にどちからといえば近いと回答[8]
  • 「幼稚園・保育所から大学まで教育を無償化すべきだ」に反対[8]。なお所属政党である自民党の安倍晋三総裁麻生太郎副総理二階俊博幹事長らは「どちらかと言えば賛成」と回答[9]、所属政党である自民党は2017年衆院総選挙における党の公約において、幼児教育無償化を一気に加速化し、所得の低い家庭の子供への高等教育(大学教育等)無償化を図り、必要な生活費をまかなう給付型奨学金や授業料減免措置を大幅に増やすと記載[10][11]
増税分の税収の使いみち
  • 「増える税収の使いみち」に関し下記AとBどちらに考えが近いかという設問に対しAに近いと回答(「どちらとも言えない」「どちらかといえばA/B」「A/Bに近い」の5段階の選択肢からの回答)[8]
    • A「財政健全化を中心に、一部を社会保障に」
    • 「幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減に」
原子力政策
  • 「原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所は運転を再開すべきだ」に賛成[8]
  • 「将来も原子力発電は電力源のひとつとして保つべきだ」との考え方に近いと回答[8]
安全保障政策
  • 「非核三原則を堅持すべきだ」にどちらとも言えないと回答[8]。なお自民党の安倍晋三総裁、麻生太郎副総理、菅義偉官房長官らは「賛成」と回答[9]
  • 「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」に、どちらかといえば賛成[8]
憲法改正
皇室
夫婦別姓・結婚後の通名使用
  • 「夫婦が望む場合に、結婚後も夫婦がそれぞれ結婚前の名字を称することを、法律で認めること」に反対と回答[8](いわゆる夫婦別姓結婚後に職場で女性等が旧姓を使い続けること等に関する質問[9])。
同性婚・LGBT
  • 同性婚を法律で認めること」に反対[8]。なお、この設問には「賛成/反対」のほか「どちらかと言えば賛成/反対」「どちらとも言えない」の計5つの選択肢が用意されていた。その中で小林は、全国の自民党所属前議員の中でも数少ない、この設問に「反対」と回答した2017年衆院総選挙への立候補者であり[9]、かつ、千葉県内の自民党候補を含めた全立候補者の中で、「反対」と回答した者は小林鷹之のみである[8]。また、千葉2区では小林意外の候補者は全員「賛成」または「どちらかと言えば賛成」と回答した[8]

所属議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小林鷹之:千葉2区
  2. ^ a b c d 小林 鷹之 会いに行ける国会議員 みわちゃんねる 突撃永田町!!”. 2017年10月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 自由民主党千葉県第二選挙区支部長(八千代市・習志野市・花見川区)小林鷹之オフィシャルサイト
  4. ^ 2010年07月のブログ|小林鷹之 オフィシャルブログ
  5. ^ 千葉 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  6. ^ 副大臣 20人交代 閣議決定 毎日新聞 2016年8月5日
  7. ^ 稲田防衛相、豪雨対応中に一時不在 「政務」理由に”. 朝日新聞. 2018年7月9日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)小林鷹之”. 朝日新聞デジタル (Oct 13,2017). Oct18, 2017閲覧。
  9. ^ a b c d 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)”. 朝日新聞デジタル (Oct 13,2017). Oct18, 2017閲覧。
  10. ^ 自民党 衆議院選挙公約 2017”. 自由民主党. Oct18, 2017閲覧。
  11. ^ 自民党 衆議院選挙公約 2017 (PDF)”. 自由民主党. Oct18, 2017閲覧。
  12. ^ a b c “2012衆院選 千葉2区 小林鷹之”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A12002002002 2014年4月3日閲覧。 
  13. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「rinen」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  14. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

関連リンク[編集]

自主憲法論
日本会議
日本会議国会議員懇談会
神道政治連盟国会議員懇談会
二階派
魔の2回生
族議員
大蔵省
財務省


外部リンク[編集]