小林鷹之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林 鷹之
こばやし たかゆき
生年月日 (1974-11-29) 1974年11月29日(42歳)
出生地 日本の旗 千葉県市川市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員財務省
所属政党 自由民主党二階派
公式サイト 小林鷹之オフィシャルサイト

選挙区 千葉2区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

小林 鷹之(こばやし たかゆき、1974年11月29日 - )は、日本政治家、元大蔵財務官僚自由民主党所属の衆議院議員(3期)。元防衛大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)。

来歴[編集]

千葉県市川市生まれ[1]浦安市立美浜南小学校開成中学校・高等学校を経て、1年間の浪人を経て[2]東京大学教養学部文科Ⅰ類に入学、4年生時に1年留年[2]1999年法学部を卒業。東大在学中は、ボート部に所属し、4年時には主将を務めた[3]

1999年、24歳で大蔵省入省[3]理財局資金第一課に係員として配属[3]2001年ハーバード大学ケネディ行政大学院に留学し、公共政策学修士を取得[3]2005年、理財局総務課課長補佐[3]2007年から2010年まで、在アメリカ合衆国日本国大使館において、二等書記官、一等書記官を勤める[3]。2010年4月、退官[3]

2006年11月、小林が31歳の時、12年半付き合っていた女性と結婚[2][3]

2010年6月、自由民主党千葉県第二選挙区支部長に就任[4]2012年12月、第46回衆議院議員総選挙で千葉2区から自由民主党公認・公明党推薦で立候補し、初当選した。2014年12月、第47回衆議院議員総選挙で千葉2区から再選。

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、防衛大臣政務官に就任[5]

2017年第48回衆議院議員総選挙で3選。

政策[編集]

  • 「消費税10%に増税」に賛成[6]
  • 「長期的に消費税率を10%よりも高くする」ことに賛成[6]
  • 「消費増税の先送り」に反対[6]
  • 「社会的格差が多少あっても経済競争力の向上を優先」という考え方にどちからといえば近いと回答[6]
  • 「幼稚園・保育所から大学まで教育を無償化すべきだ」に反対[6]
  • 「増える税収の使いみち」に関し下記どちらに考えが近いかという設問に対しAに近いと回答(「どちらとも言えない」「どちらかといえばA/B」を含め5段階の選択肢からの回答)[6]
    • 「財政健全化を中心に、一部を社会保障に」
    • B「幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減に」


  • 「原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所は運転を再開すべきだ」に賛成[6]
  • 「将来も原子力発電は電力源のひとつとして保つべきだ」との考え方に近いと回答[6]
  • 「電力業界に競争原理を導入し、再生可能エネルギーの技術革新を促す環境をつくり、原発依存度を可能な限り速やかに低減。」と本人公式サイトに記載[7]
  • 「非核三原則を堅持すべきだ」にどちらとも言えないと回答[6]
  • 「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」に、どちらかといえば賛成[6]
  • 憲法改正賛成[8]
  • 自主憲法の制定を目指し、まずは憲法改正発議要件の緩和に取り組みます。」と本人公式サイトに記載[7]
  • 集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成[8]
  • 女性宮家の創設に反対[8]
  • 「夫婦が望む場合に、結婚後も夫婦がそれぞれ結婚前の名字を称することを、法律で認めること」に反対と回答[6](いわゆる夫婦別姓等に関する質問[9])。
  • 同性婚を法律で認めること」に反対[6]

所属議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]