浜田恵造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
浜田 恵造
はまだ けいぞう
生年月日 (1952-01-10) 1952年1月10日(65歳)
出生地 香川県観音寺市観音寺町
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員大蔵省財務省
所属政党 無所属
公式サイト 香川県知事 浜田恵造 オフィシャルWEBサイト

香川県の旗 民選第6代 香川県知事
当選回数 2回
在任期間 2010年9月5日 - 現職
テンプレートを表示

浜田 恵造(はまだ けいぞう、1952年1月10日 - )は、日本大蔵財務官僚政治家香川県知事(2期)。

来歴・人物[編集]

香川県観音寺市観音寺町出身。香川県立観音寺第一高等学校東京大学法学部卒業。

1975年(昭和50年)大蔵省(現:財務省)入省。1986年(昭和61年)同省主計局主査(農水担当)、1987年(昭和62年)主計局主査(地方財政担当)を務める。1990年(平成2年)山形県総務部長を経て、1996年(平成8年)大蔵省理財局国債課長に昇進。

2002年 (平成14年)東海財務局長、2003年(平成15年)内閣府地方分権改革推進会議事務局次長、2007年(平成19年)東京税関長、2008年(平成20年) 日本高速道路保有・債務返済機構理事を歴任。

2010年(平成22年)8月に香川県知事選挙香川県議会自民社民民主公明各会派及び連合香川の支援を受けて無所属で出馬し、初当選を果たした。選挙戦においては「県への観光客数を1000万人台に」「高松自動車道の4車線化と国道11号の拡幅」「教育の資質向上と教員の業務のあり方の検討」等を公約に掲げていた。

2014年(平成26年)8月31日投開票の香川県知事選挙では、新顔の共産党候補に大差をつけ再選を果たし、2期目に入った[1]。自民・社民・民主・公明の事実上の4党相乗りで推薦を受け、前回同様に連合香川など約400の団体・企業の支援も受けた[2]

出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]