千葉県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗千葉県第3区
衆議院小選挙区 千葉県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 千葉市緑区市原市
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 松野博一
有権者数 33万7311人
1.458 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

千葉県第3区(ちばけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2002年平成14年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2002年に千葉市若葉区は9区へ移行。

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

本選挙区の設置以来、6度の選挙では岡島正之岡島一正親子と松野博一が交互に当選する構図が続いていたが、2012年の総選挙以降は松野が当選を続けている。なお2003年2009年は松野、2017年は一正がそれぞれ比例で復活当選している。2017年に一正は比例復活で5年ぶりに国政復帰したものの、松野は自民党政権復帰後、文部科学大臣岸田文雄のもと政調会長代行を務め、その岸田内閣官房長官に任命され要職を歴任。第49回総選挙において松野は現職の官房長官で選挙区に入る時間が限られているにもかかわらず官房長官就任の知名度からか第44回郵政解散に迫る得票数で当選した。対する一正は立憲民主党が比例で苦戦したため比例復活もならず、議席を失った。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 岡島正之 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 松野博一 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 岡島一正 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 松野博一 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 岡島一正 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 松野博一 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 千葉県第3区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:33万6241人 最終投票率:52.36%(前回比:増加3.76%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松野博一59自由民主党106,500票
61.87%
――公明党推薦
岡島一正63立憲民主党65,627票
38.13%
61.62%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 千葉県第3区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:33万6797人 最終投票率:48.60%(前回比:減少1.71%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松野博一55自由民主党85,461票
53.27%
――公明党推薦
比当岡島一正59立憲民主党52,018票
32.42%
60.87%日本共産党支持
櫛渕万里50希望の党22,962票
14.31%
26.87%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 千葉県第3区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:32万7236人 最終投票率:50.31%(前回比:減少7.45%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松野博一52自由民主党85,277票
53.37%
――公明党推薦
岡島一正57生活の党30,238票
18.92%
35.46%
青山明日香32民主党29,656票
18.56%
34.78%
椛沢洋平35日本共産党14,611票
9.14%
17.13%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 千葉県第3区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:32万5289人 最終投票率:57.76%(前回比:減少6.81%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松野博一50自由民主党80,710票
44.24%
――公明党推薦
岡島一正55日本未来の党31,161票
17.08%
38.61%新党大地推薦
小林隆49日本維新の会30,565票
16.75%
37.87%みんなの党推薦
青山明日香30民主党28,979票
15.88%
35.91%国民新党推薦
石川正67日本共産党9,298票
5.10%
11.52%
井上由紀子62無所属1,723票
0.94%
2.13%×
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 千葉県第3区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:32万113人 最終投票率:64.57%(前回比:減少2.29%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岡島一正51民主党112,035票
55.46%
――
比当松野博一46自由民主党85,777票
42.46%
76.56%
古川裕三27幸福実現党4,210票
2.08%
3.76%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 千葉県第3区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:31万927人 最終投票率:66.86%(前回比:増加6.93%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松野博一42自由民主党108,937票
53.24%
――
岡島一正47民主党85,707票
41.89%
78.68%
金野光政57日本共産党9,957票
4.87%
9.14%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 千葉県第3区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:30万5727人 最終投票率:59.93%(前回比:減少0.61%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岡島一正46民主党85,610票
47.81%
――
比当松野博一41自由民主党84,693票
47.30%
98.93%
金野光政55日本共産党8,768票
4.90%
10.24%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 千葉県第3区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日
当日有権者数:41万4880人 最終投票率:60.54% (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松野博一37自由民主党95,311票
39.01%
――
岡島正之69保守党64,182票
26.27%
67.34%
竹内圭司32民主党53,862票
22.04%
56.51%
黒須康代39日本共産党27,248票
11.15%
28.59%
藤野正剛37自由連合3,725票
1.52%
3.91%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 千葉県第3区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岡島正之65新進党84,846票
39.90%
――
松野博一34自由民主党73,254票
34.45%
86.34%
千葉通子58日本共産党30,691票
14.43%
36.17%
竹内圭司29民主党22,068票
10.38%
26.01%
東三元43自由連合1,765票
0.83%
2.08%

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]